ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年02月06日 08時26分 公開

進むApple Watchスタンドアロン化 watchOS 6.2以降からwatchOSアプリ内課金が利用可能に

iPhoneでの操作を必要としない、Apple Watchのスタンドアロン化が進んでいる。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは2月5日(米国時間)、watchOS 6.2以降から、watchOSアプリ内課金を直接提供できるようになると発表した。なお、現在のwatchOS最新版は6.1.2。

photo watchOSアプリ内課金

 ユーザーは手首からプレミアムコンテンツ、デジタル商品、サブスクリプションなどにアクセスできるようになる。

 デベロッパーは、Xcode 11.4ベータ版をダウンロードしてStoreKit APIを実装し、watchOS 6.2のベータ版用にビルドすることでテスト可能になる。

photo watchOS 6.1.2のApp Store画面

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.