ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年02月21日 19時05分 公開

東京都・東大・NTT東、ローカル5Gで協定 技術を検証、中小企業での活用促す

東京都と東京大学、NTT東日本が「ローカル5G」について協定を結んだ。通信技術の研究・検証や、応用できる分野の検討の他、中小企業による活用を後押しする。

[ITmedia]

 東京都と東京大学、NTT東日本は2月21日、5Gの電波を限られた地域で使う「ローカル5G」について、協定を結んだと発表した。通信技術の研究・検証や、応用できる分野の検討の他、中小企業による活用を後押しする。

photo

 東大が基礎的な技術研究、NTT東が通信インフラの技術検証や、自治体・企業などと連携したユースケースの検討を行う。東京都はローカル5Gを使える実験環境を用意し、中小企業が開発した5G関連製品の性能評価や、試作品の検証などを担う。

 ローカル5Gは、企業や自治体が建物内や敷地内にネットワークを構築して使う。携帯キャリアが全国で提供する5Gサービスとは別に、地域の企業などが柔軟にネットワークを構築できるようにし、5Gを早期に普及させる狙いがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.