ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年03月11日 20時45分 公開

ホッチキス替え芯(1万円)──マスク高額転売禁止をすり抜ける悪質“替え玉出品”が続出

マスクの替え玉出品とみられる商品の質問欄では、価格や数量などの交渉が行われている。

[山口恵祐,ITmedia]

 「ホッチキス替え芯」(1万円)──ネットオークションで、マスクの高額転売禁止ルールを回避するための“替え玉出品”が続出している。3月11日、マスクの替え玉出品とみられる商品の質問欄では、価格や数量などの交渉が行われており、出品者が書き込んだコメントによると「(マスクの)在庫がかなりある」という。

photo 出品されていた「ホッチキス替え芯」(1万円)

 ヤフーが運営するネットオークションサイト「ヤフオク!」で、商品名や商品画像に「ホッチキス替え芯」と記載していながら、即決価格が1万円という異様な商品が出品されていた。通常のステープラ(ホチキス)替え芯は単品で実売60円程度だ。

 落札者から出品者への質問欄には、「1000枚ですか?」「すぐ使えますか?」「1万円で50枚入り何個ですか?」「介護施設を運営しています。大量に欲しいのですが、手渡しは可能ですか?」「高齢者グループホームで備蓄しているマスクが底をつきそうです。今すぐ必要です」といった質問が相次いでいた。

photo 出品の質問欄にはマスクの関する交渉も(クリックで拡大)

 出品者は質問に対し、「在庫がかなりあるので、最低(購入)数量を上げたいです」「相談乗ります。手渡し可能です」「ピンクでレギュラーサイズです。1枚100円でしたら可能です」などと回答。「赤ペン100円を落札してください」と、別の替え玉出品商品への誘導も行っていた。

 出品者の評価一覧から過去の取引を見ると、複数回に渡って2000枚以上のマスクをおよそ25万円で出品しており、実際に落札されるなど、明らかなマスクの高額転売行為が記録されていた。

photo 「ホッチキス替え芯」出品者の評価一覧には、過去にマスクを高額転売していた履歴が残っていた

 問題の出品について、ヤフーはITmedia NEWSの取材に対し「出品内容と落札者への引き渡し内容が異なるのはガイドライン違反」と回答。自社のパトロールやユーザーからの違反報告に対応していくとしている。実際に替え玉出品は同日午後7時時点で削除されている。

マスクの高額転売、15日から罰則化

 政府は10日、購入価格を上回る価格でマスクを転売したり、マスクは通常価格に見せかけておきながら高額な送料を設定したりする販売行為を禁止する法令改正を閣議決定した。15日から施行する。違反すると「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」が科せられる。

 ヤフーは11日、同日からヤフオク!でマスクのオークション出品を全面的に禁止すると発表。メルカリ社が運営するフリマアプリ「メルカリ」も、13日から同様にマスクの出品を禁止する。

 マスク高額転売の違法化を目前にして、高額転売者の“最後の抵抗”に各社は目を光らせる必要がありそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.