ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年04月24日 19時15分 公開

カプセルホテル経営のファーストキャビンが破産申し立て 新型コロナ禍で客足減

帝国データバンクによると、カプセルホテル経営のファーストキャビンと関係会社4社が東京地裁に自己破産を申請。負債額は5社合計で約37億円。新型コロナウイルスの影響で客数が落ち込み、資金繰りが悪化したという。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、カプセルホテルを経営するファーストキャビン(東京都千代田区)とその関係会社4社が4月24日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。負債額は5社合計で約37億円。新型コロナウイルス感染拡大の影響で客数が落ち込み、資金繰りの悪化が顕著になったという。

 ファーストキャビンは2006年創業。高級感のあるカプセルホテルチェーン「FIRST CABIN」を運営し、19年末の時点で全国に約26店舗を展開していた。17年3月期には約15億7000万円の売上高があったという。

photo ファーストキャビンの公式サイト

 しかし近年は、店舗数を急激に拡大した一方で、民泊の普及によって市場での競争が激化。稼働率が計画に届かず、営業赤字を計上していた。それに加えて、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大によって、訪日外国人と国内旅行者の利用がさらに減少。稼働率が前年同期の10%程度にとどまり、資金繰りに苦しんでいたという。

 4月以降はホテルを休館し、スポンサーによる支援を検討したものの、再開のめどが立たなかったため自己破産申請に至ったとしている。

 ただし4月24日現在、ファーストキャビンの公式サイトに変化はない。空室状況の検索なども行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.