ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年05月12日 11時59分 公開

ソニーとANA傘下のavatarin、遠隔操作ロボット開発で協力

ソニーAIとANA傘下のavatarin(アバターイン)は5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協力すると発表。技術開発と社会実装を進めていく。

[ITmedia]

 ソニーグループのソニーAIと、ANAホールディングス子会社のavatarin(アバターイン)は5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発で協業すると発表した。

 オフィスや店舗、家庭などでの利用を想定。安全性やコスト面から自律型ロボットの導入が難しい場合や、人が物理的な作業を行うことが難しい場面などでの活躍が期待されるという。「どのような領域で開発を進めるかは未定」(ソニー広報)

 ソニーAIのAI技術やロボティクス技術、ソニーグループが持つセンシングやアクチュエータデバイス技術、avatarinが持つ遠隔操作ロボットに関する技術やノウハウなどを組み合わせ、ロボットの開発と社会実装を進める。

遠隔操作ロボットのイメージ

 ソニーAIは、AIの研究開発を加速し、ソニーグループの事業領域における変革や新たな事業分野の創出などを目的に4月1日に設立。ANAホールディングス発のスタートアップであるavatarinも4月1日に設立された。遠隔地から操作可能な液晶ディスプレイ付きアバターロボット「newme」を開発している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.