ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年06月08日 11時14分 公開

iPhoneからノッチが消える? Appleはディスプレイ埋め込み型カメラをテスト中か

フロントカメラをディスプレイの下に埋め込むことでノッチがなくなるかもしれない。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 MACお宝鑑定団はAlibaba Sourcesから、iPhone 2021/5.5 inchとされる、新しい3Dプリントモックを入手した。

photo iPhone 2021/5.5 inch

 筐体サイズは、以前入手して紹介したiPhone 2020/5.4 inchと同じだ。

 開発途中のiPhoneの1つと考えられ、最終的な仕様モデルではない可能性が高い。

 TrueDepthカメラ用のセンサーハウジング(ノッチ)はなく、上部中央にFaceTimeカメラ位置を示すマーカーが打たれている。

photo iPhone 2021/5.5 inch

 Samsungは、2018年10月に開催した「2018 Samsung OLED Forum」において、UPS(Under Panel Sensor)技術について説明しており、2019年6月にOPPOも「MWC上海2019」において、USC(Under Screen Camera)技術を発表している。

 Appleも画面下カメラをテストしている可能性がある。

photo iPhone 2021/5.5 inch

 iPhone 2021/5.5 inchはiPhone 2020/5.4 inchよりも極薄ベゼル仕様となり、5.5 inch/14cmを実現している可能性がある。

 極薄ベゼルを実現するために、OLED仕様のSuper Retina XDRディスプレイより進化した技術が採用されているのかもしれない。

 iPhone 2021/5.5 inchの背面カメラ部分には十字に5つの点が配置されている。

photo iPhone 2021/5.5 inch

 さまざまなカメラモジュールをテストするためのモジュール接合部のようだ。

 最終的なカメラ仕様が固まるまで、こうした接合モジュールを使用してのテストが行われている可能性がある。

 iPhone 2021/5.5 inchの底面コネクタは、LightningコネクタではなくUSB-Cコネクタになっているようだ。

photo iPhone 2021/5.5 inch

 開発機であるため、汎用性が高いUSB-Cコネクタを採用していると考えられるが、最終的にUSB-Cコネクタに変わる可能性があるかもしれない。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.