ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年06月12日 12時40分 公開

AIで児童虐待を予測するシステム 自治体や相談所の早期対応を支援

AI開発のFRONTEOが、寄せられた相談を基に、AIが児童虐待の予兆を検知するシステムの提供を始めると発表した。早期に適切な相談対応を取れるよう支援する。

[谷井将人,ITmedia]

 言語処理AIの開発を手掛けるFRONTEO(東京都港区)は6月12日、自治体などに寄せられた相談を基に、AIが児童虐待の予兆を検知するシステムの提供を始めると発表した。早急な対応が必要な相談を優先表示して、早期に適切な対応を取れるよう支援する。

photo

 同社が開発した自然言語処理AI「KIBIT」を活用。自治体や児童相談所が受け付けた、虐待が疑われるとする相談や面談記録などの文章を解析し、虐待が起きる可能性が高い相談を優先的に表示する。

photo

 KIBITは過去に虐待と認められたケースや深刻な虐待に発展したケースの相談内容を教師データとして学習。解析する相談を教師データとの類似度の順に並び替えるという。評価軸を調整して各自治体や児童相談所の要望に合わせた設計にも対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.