ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年07月03日 11時50分 公開

台湾の天才IT大臣、日本のオンラインイベントで新型コロナ対策語る 14日開催

台湾のIT担当大臣で、新型コロナウイルス対策に手腕を発揮した唐鳳(オードリー・タン)氏が、トレジャーデータが主催するオンラインイベント「PLAZMA12」に7月14日に登壇する。

[ITmedia]

 台湾のIT担当大臣で、新型コロナウイルス対策に手腕を発揮した唐鳳(オードリー・タン)氏が、トレジャーデータが主催する無料オンラインイベント「PLAZMA 12」に7月14日に登壇する。

 コード・フォー・ジャパンの関治之代表理事などとともに、「データと社会の本来あるべき関係性」をテーマに55分間議論する。

画像 PLAZMA12公式サイトより

 PLAZMAは、トレジャーデータが定期的に開催している、データやテクノロジーについて学べるイベントだ。PLAZMA 12は、「DATA SAVES THE WORLD"?"」をテーマに、7月14〜16日に完全オンラインで無料開催する。

 タン氏は初日の討論企画に登壇し、ITやデータを活用した台湾の新型コロナウイルス対策について語る。また、東京都の「新型コロナウイルス感染症対策サイト」を主導したコード・フォー・ジャパンの関氏とともに、データとテクノロジーが市民生活に浸透する「NEW NORMAL」について考える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.