ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年08月15日 20時12分 公開

神速? ポケモンGOに赤い「ゲノセクト」登場 伊藤園の自販機でサプライズも

ポケモンGOで、第5世代(ポケットモンスター ブラック・ホワイト)のイッシュ地方をテーマにしたイベントが始まりました。「クルミル」「モンメン」「エモンガ」が実装された他、「ダンゴロ」や「ゲノセクト」の色違いも登場。

[本田亜友子,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で8月15日、第5世代(ポケットモンスター ブラック・ホワイト)のイッシュ地方をテーマにしたイベント「イッシュウィーク」が始まりました。「クルミル」「モンメン」「エモンガ」が新たに実装された他、「ダンゴロ」や「ゲノセクト」の色違いも登場しています。

色違いのゲノセクトは赤。2013年には映画「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」で活躍しました

 ゲノセクトは3月に有料イベント(スペシャルリサーチ)で初めて登場しました。当時は「4月以降、EXレイドで入手可能」とアナウンスされていましたが、新型コロナウイルスの影響でEXレイド自体が休止に。5カ月を経てようやくレイドで挑戦できるようになりました。

 ゲノセクトは、むし・はがねタイプで、ほのおタイプが二重弱点。ほのおわざで統一した「レシラム」や「シャンデラ」「ファイヤー」「ブースター」などのポケモンで対策パーティを作って挑めば、2〜3人から討伐できるようです。前回の「謎の存在ウィーク」のレイドボス「デオキシス」同様、交換のできない「まぼろしのポケモン」なので、色違いが欲しければ自力でゲットするしかありません。イベントは21日まで。

 期間中は、初実装のクルミル、モンメン、エモンガをはじめ、イッシュ地方のポケモンたちがレイド、野生、7kmタマゴで多く出現します。自宅でおこうを使ったところ、1時間でダンゴロが5体、カブルモ4体、モンメン1体、クルミル1体とまずまずの成果。今回は新実装やレアポケモンも野生でそこそこ出現するので、アメを集める良い機会になりそうです。

クルミル(写真=左)とエモンガ(写真=右)

 イベント初日の午前中には、ポケストップになっている全国の伊藤園自動販売機でアイスルアーが有効になるサプライズがありました。私が気付いた時にはもう終わっていたのですが、外でのポケ活はこまめな水分補給を忘れずに、というメッセージのよう。イッシュウィークの期間中は気温の高い日が続きますので、熱くなりすぎないようにしたいと思います。

【訂正:2020年8月16日8時15分更新 ※ゲノセクトイベントの紹介に一部誤りがあったため修正しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.