ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年12月15日 13時09分 公開

家でも集中できるアプリ「集中」 コロナ禍でユーザー急増 三日坊主防止「継続する技術」も

作業への集中を助けるアプリ「集中」と、三日坊主を克服するアプリ「継続する技術」のダウンロード数がコロナ禍で急増していると、アプリ開発ベンチャーのbondaviが発表した。

[ITmedia]

 作業への集中を助けるアプリ「集中」と、三日坊主を克服するアプリ「継続する技術」のダウンロード数がコロナ禍で急増していると、アプリ開発ベンチャーのbondaviが発表した。

 コロナ禍で在宅ワーカーが増えたり、筋トレなどに継続的に取り組む人が増えたことなどで、ニーズが増加。検索上位に掲載されるなどして「広告宣伝一切なし」でユーザーを増やしているという。

画像 集中
画像
画像

 集中は、仕事や勉強の制限時間をタイマーで設定し、制限時間が来ると通知。時間が終了すると、どれぐらい集中できたか感想を入力でき、1日や1週間の集中度をグラフで確認することもできる。

 休憩の時間は「春の夢の如く休む(1分)」「どん兵衛ができる程度に休む(5分)」「小学校の休み時間ぐらい休む(10分)」から選べるほか、自由に設定できる。

 「疲れる前に休憩するというルーティンを繰り返すことで、集中力を高め、継続させるアプリ」としている。アプリに表示されるイラストは茶目っ気があり、見るだけでも癒やされる。

 これまでに86万以上ダウンロードされており、緊急事態宣言が発令されていた4・5月のダウンロード数を直前の2カ月と比べると、23%増加。勉強に利用する学生や、テレワークの社会人から好評という。

画像 継続する技術
画像

 「継続する技術」は、達成できる目標を定め、1日1回ワンタップという簡単な操作で目標を継続させるアプリ。外出自粛で筋トレやダイエットの目標を立てる人が増えたり、テレワークに「集中」を活用し、そこから「継続する技術」に興味を持つ人が増えた――などの要因で注目され、4・5月のダウンロード数は直前の2カ月より51%伸びたという。累計ダウンロードは73万以上。

 それぞれ、アプリ内に広告が表示されないのも特徴。「集中力を高めるアプリや三日坊主を克服するアプリには、人の目や意識を奪う広告がない方が、人の役に立てると思う」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.