ITmedia NEWS >
フレッシュサマリ
Special
» 2021年12月15日 10時00分 公開

Sky、使いやすさ×セキュリティにこだわった“オンプレミス型”名刺管理サービス 2022年1月リリース

[PR/ITmedia]
PR

 Skyが、2022年1月26日に新しい名刺管理サービス「SKYPCE」(スカイピース)の提供を始める。これまで、名刺の管理は個人に任せられてきた。これは会社として名刺を一元管理し、その情報を有効活用する仕組みがなかったことが大きな要因とも言える。

 SKYPCEは、Skyの社内で大切な顧客の名刺を「会社の情報資産」として管理・活用するために、より使いやすく、より安全な仕組みを求めるなかで生まれた。同社社長の方針として「自分たちが必要とするツールを開発し、まず自分たちがユーザーとなり、納得できたものを商品として提供する」という商品開発ポリシーを持っている。

photo 使いやすさにこだわったSKYPCEの管理画面(開発中の画面)

 最大の特長はオンプレミス環境で運用できること。既存の名刺管理サービスの多くがクラウドサービスとして提供されるなか、重要な顧客情報の基礎となる名刺データは、自組織の管理下に置いておきたいという声も聞こえてくる。オンプレミスで運用できるSKYPCEは、名刺管理サービスの新たな選択肢の一つとなるだろう。

 また、Webブラウザで利用するSKYPCEとSkyのIT資産運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」を連携できる機能もあり、使いやすさとともにPCの情報セキュリティ対策も強化可能だ。操作するPC上でも名刺データを保護する取り組みは今までになかったソリューションであり、この新サービスに注目したい。

ITmedia NEWS編集部の「ここがポイント」

ビジネスは人と人のつながりで成り立っています。日々の業務でやりとりする名刺には、ビジネスの可能性を広げる情報が詰まっているといっても過言ではありません。その情報を効率良く社内で共有をして活用することがビジネスの成功を左右する時代です。しかしセキュリティリスクを考えると、名刺情報をクラウドで管理するサービスの導入に踏み切れない企業も多いのではないでしょうか。オンプレミスで運用できるSKYPCEは、そうした不安を解消する期待のサービスです。多くの業務支援システムを開発するSkyが使いやすさにもこだわったというSKYPCEは注目のサービスになりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:Sky株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia NEWS編集部/掲載内容有効期限:2021年12月28日