ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年01月11日 11時39分 公開

「ドコモ・アバターポータル」開発 外部XRサービスと連携、共通アバターを作成・管理

NTTドコモは、ユーザーが作成したアバターを複数のサービスで共通利用できる基盤「ドコモ・アバターポータル」を開発した。dアカウントにひも付けて3Dアバターを作成でき、連携先の外部XRサービスで共通のアバターを利用できる。

[ITmedia]

 NTTドコモは1月11日、ユーザーが作成したアバターを複数のサービスで共通利用できる基盤「ドコモ・アバターポータル」を開発したと発表した。ユーザーのdアカウントにひも付けて3Dアバターを作成でき、連携先の外部XRサービスで共通のアバターを利用できる。

画像

 顔写真1枚からリアルな3Dアバターを生成でき、身長や体型、髪型や服装も選べる。アニメ風のキャラクターなどプリセットのアバターを選ぶこともできる。

画像 アバター生成イメージ
画像 プリセットアバター

 「OpenID Connect」(Googleなどの認証サーバを使ってサードパーティーアプリでユーザー認証できる仕組み)に対応しており、連携先のアカウントを柔軟に追加できる。

 今後、外部のXRサービスと連携し、技術検証を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.