キーワードを探す
検索

「機械学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

プラットフォームでの偽造品販売防止に取り組むAmazon.comが、米連邦政府の知財保護対策組織IPRセンターと協力し、偽造品の米国への侵入を防ぐ共同事業「Operation Fulfilled Action」を立ち上げた。

()

自動車業界のみならず、建設、不動産、医療といったあらゆる業界や政府、自治体まで巻き込んで、拡大の一途をたどるモビリティサービス市場。モビリティサービスの実現には、自動運転技術、セキュリティ/セーフティ技術、コネクティビティ技術が欠かせない。これらを網羅し、あらゆるサービスプロバイダーからのニーズに応える柔軟なトータルソリューションを提供しているのが、NXP Semiconductorsだ。

()

Appleが、M1チップ搭載Macの発売に合わせ、Googleの機械学習プラットフォーム「TensorFlow」のmacOS版フォークをアップデートし、GPUに対応させた。ベンチマークでは、M1搭載MacBook Pro上の新バージョンは、Intel搭載MacBook Pro上の旧バージョンより7倍高速という結果だった。

()

「全ての企業でデジタルトランスフォーメーション(DX)が必須、それにはクラウドシフトが最適解」――。だが、企業にはオンプレミスでデータ分析や機械学習を行うニーズが厳然として存在する。とはいえ、ビジネスのスピードに対応するアジリティが必要なことは、クラウドだろうとオンプレミスだろうと違いはない。それを実現するためのキモとなる管理の自動化について、アイティメディア @IT編集部の三木泉が、デル・テクノロジーズの岡野家和氏および相場宏二氏に聞いた。

()

グーグルは11月17日、国内の新型コロナウイルス感染の予測を公開した。都道府県別で、日別の陽性者数、死亡者数を予測している。予測では、感染者数、死亡者数は増加を続け、今後28日間での死亡者数は512人、陽性者数は5万3321名と予測している。

()

京都大学のiPS細胞研究所は、AIを活用した創薬に向けて熱拡散方程式を応用した新たなアルゴリズムを開発した。ALS患者のiPS細胞を使って化合物の学習やスクリーニングを実施したところ、既存薬よりも高い効果を示す化合物を同定できた。

()

Googleは複雑なドキュメントから構造化データを抽出する際に役立つ統合型ドキュメント処理コンソール「Document AI」プラットフォームを発表した。RPA(Robotic Process Automation)と同様の処理が可能であり、幾つかの定型的な書式については処理手順があらかじめ定義されていて、結果をすぐに確認できる。

()

ザイリンクスは、医療機器分野における同社製品の採用状況について説明した。画像診断機器におけるAIの採用が広がるとともに、従来スタンドアロンで用いられてきた医療機器がIoTとして通信接続されるようになることで、ArmのアプリケーションプロセッサとFPGAのファブリックを併せ持つ同社製品の採用が拡大しているという。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る