キーワードを探す
検索

「人事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

コロナ禍以降、新卒採用をオンラインで実施している企業。今年度は例年よりも内定辞退が多く、「対面に戻した企業の方が人気で、差が出てしまったのではないか」と悩んでいる。内定辞退を少なくとどめるにはどうするべきか? また、来年度以降の採用は対面式に戻すべきなのか? 人事コンサルタントが回答する。

()

竹中工務店は、建設生産プロセスの営業から維持保全までに加え、人事や経理なども含む、全データを一元的にクラウドへ集約する「建設デジタルプラットフォーム」の運用を開始した。建設デジタルプラットフォームにより、建物及び業務プロセスのデジタルツイン構築を目指し、建設業界のデジタル変革を牽引していくとしている。

()

企業と採用候補者の双方にとって「理想的な面接」とはどのようなものだろうか? 「あの会社サイテー」と思われるような面接はどうしたらなくせるか? ユニリーバ・ジャパン人事総務本部長の島田由香氏と、面接における候補者体験のアップデートを目指すシステム「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談。これからの面接のあるべき姿について意見を交わした。

()

ユニリーバ・ジャパンは、2020年春より、採用時の履歴書から顔写真・性別・ファーストネームの欄を削除した。この施策は、どのようにして生まれ、導入されたのか。また、導入をリードした島田由香氏が考える、「人事のあるべき姿」とは何か。

()

2021年10月、最低値賃金が全国平均で28円アップして話題になった。政府はさらに引き上げていく方針を示している。反発する経営団体もあるが、日本の最低賃金はどこまで上がるだろうか? また、最低賃金を上げるのは何のためか? 人事コンサルタントが解説する。

()

【ワシントン=塩原永久】バイデン米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)次期議長人事で現職のパウエル氏の再任を決めた背景には、大規模な金融緩和で新型コロナウイルス危機からの景気回復を主導した手腕への期待感がある。インフレ急伸で来年にも事実上のゼロ金利政策の解除が見込まれる。バイデン氏は、危機対応からの金融政策の「正常化」を、安定した手腕のパウエル氏に託した。

()

ヨーロッパや米国北東部。中西部でのコロナ再拡大が嫌気され、冬場の感染急増が懸念されました。電気自動車を2025年にも発売すると伝わったアップルや、好決算を発表したエヌビディアが最高値を更新しました。米国の小売売上高やフィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を上回りました。

()

欧米系の企業はジョブに基づいた職務給を、日本企業は人を基準とした職能給を主に採用しているといわれている。しかし、人事コンサルタントの筆者は、日本の賃金制度は全く“職能”に基づいていないと考えている。日米の賃金制度の違いから、日本の賃金制度の本質について考える。

()

「テレワークが増え、社員の仕事ぶりが見えにくいので、HRテックを用いたジョブ型人事評価を取り入れたが、運用がうまくいかなかった」。筆者のもとに、企業経営者からこんな相談が寄せられました。失敗の真の理由は……?

()

人的資本の情報開示に関する国際標準ガイドライン「ISO 30414」への関心も高まり、人材の包括的なマネジメントが求められる今。だが、複数の子会社を持つ企業グループにおいてそれを実現するのは容易ではない。その理由と、解決策を探る。

()

成果主義で、実績を賞与に反映している企業。コロナ禍で、取り扱う商材によって業績の明暗がハッキリ分かれてしまい、「より苦労しているのに賞与が低いのは理不尽だ」と不満の声が──。このような場合、人事は評価制度を変更すべきなのだろうか?

()

 オンライン学習プラットフォーム「UMU」を展開するユームテクノロジージャパン(東京都港区)は、研修担当の人事111人を対象に「人事担当者のオンラインOJT」に関する意識調査を実施した。その結果、95.5%の人事担当者が新入社員へのオンラインOJTの難しさを実感していることが分かった。

()

ここ数年で急増した、HRソリューション。特に戦略人事を目的としたタレントマネジメントは注目度が高い。人事データを基に作成されたグラフや表組といったUIは、さも素晴らしい布陣図を描けそうではあるが、そこに至るまでには踏むべきステップが存在しており、“真”の統合システムが欠かせないという。その内容とは?

()
キーワードを探す
ページトップに戻る