キーワードを探す
検索

「着こなし」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

近年は大量閉店や撤退が相次ぎ、苦境に立たされているアパレル業界の中で、過去最高益をたたき出し続け、“1人勝ち”を続けるユニクローー。「日本一ユニクロを買っているユニクロ研究家」を名乗る人気ファッションプロデューサーMBが、若者を中心に「おしゃれなもの」として定着したユニクロファッションの神髄を語る。

()

 黒い服には着やせ効果、アイメークを施した方が「デカ目」に見える−。こうしたファッションや美容の定説、耳にしたことがあるだろう。実は、見え方によって人間の脳がだまされる「錯視」の作用を応用したもの。印象論や主観で語られることが多かった“美しく欺く”効果を、科学的に証明する研究を大阪大の教授が進めている。(有年由貴子)

()

アパレル大手のワールドグループに属するスタイルフォース(東京都中央区)と整体サロン「カラダファクトリー」を運営するファクトリージャパングループ(東京都千代田区)は10月25日、両社間で福利厚生に関する提携を結んだと発表した。これに伴い、「従業員満足度」の向上に向けたイベントを開催した。

()

「売らない」戦略を取ることで売り上げの伸ばす企業が出てきている。FABRIC TOKYOでは店舗スタッフに売り上げノルマを課していないが、売り上げが毎年200%成長。丸井グループも同様の戦略を推し進める。小売りとECの境界がなくなる中で、「D2C」が注目を集めている。

()

オーダーメイドスーツを手掛けるFABRIC TOKYOが新たなビジネスモデルを展開する。同社はB2Cモデルを武器に成長を続けている。新たにAppleも展開する「RaaS」モデルを掲げ、サブスクリプションやサーキュラーエコノミー、スマートファクトリー構想などを発表。

()

三井住友銀行が一部行員にTシャツやジーンズでの業務を認めた。お堅いイメージの銀行がドレスコードをなくす思い切った試みに出たことで、今後は他の企業にも「Tシャツ勤務」が波及する可能性もある。リラックスして働けそうな半面、一つ間違えるとだらしなくなってしまう。セーフとアウトの境界線を専門家に聞いた。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る