ニュース
» 2011年10月04日 13時47分 UPDATE

ボルボ「V70」「XC70」「S80」に自動ブレーキシステムを標準装備

ボルボは、ステーションワゴン「V70」、クロスオーバーSUV「XC70」、セダン「S80」に低速走行時の追突を自動的に回避、軽減するブレーキシステム「CITY SAFETY」を標準装備した。

[岡田大助,Business Media 誠]

 ボルボ・カーズ・ジャパンは、ステーションワゴン「V70」、クロスオーバーSUV「XC70」、セダン「S80」に低速走行時の追突を自動的に回避、軽減するブレーキシステム「CITY SAFETY」を標準装備した。すでに標準搭載しているS60、V60、XC60と合わせ、全11車種中6車種での対応となる。

 CITY SAFETYは、時速30キロ以下の低速走行時に追突事故を防止するための自動ブレーキシステム。赤外線レーザーを使い、約6メートル前方を常時監視している。このほか、レーダーセンサーとカメラの組み合わせにより歩行者や車両を検知し、自動ブレーキをかけて衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」などを含む「セーフティ・パッケージ」をS80とV70の一部のグレードで標準装備で、そのほかのグレードでオプション装備(25万円)で提供する。

volvo Volvo Sensusを導入した新ダッシュボード(画像をクリックすると拡大します)

 さらに、ステアリングホイールに装着されたコントローラーでナビゲーションシステムなどを操作できる新型ドライバーコントロールインタフェース「Volvo Sensus(ボルボ・センサス)」を導入。これによりダッシュボードデザインが一新され、全車に7インチワイドモニターを採用したほか、Bluetooth接続による携帯電話のハンズフリー通話や音楽プレイヤーの再生が可能になった。

 V70の価格は、V70 DRIVeが449万円、V70 T5 SEが499万円、V70 T6 AWD TEが699万円。DRIVeモデルは、1.6リッターエンジンの改良により燃費がリッター12.2キロから13.2キロ(10・15モード)に改善された。また、XC70 T6 AWD SEは629万円、S80 T6 AWD TEは699万円。

volvo V70
volvo XC70
volvo S80

 ボルボでは、2020年までに「新しいボルボ車で死亡したり、重症を負ったりする人をゼロにする」という中期的な目標“ビジョン2020”を掲げている。

関連キーワード

VOLVO | 装備 | 自動車 | セダン | SUV | ワゴン | 事故


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ