ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「事故」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ドコモ、犯罪を未然に防ぐ「不審者検知ソリューション」提供 5Gも活用
NTTドコモは、1月20日に富士通の「不審者検知ソリューション」を5Gパートナーソリューションとして提供開始。人の行動や特有の動作などを監視カメラの映像から分析・数値化し、不審行動を検知して重大事故や犯罪を未然に防ぐ。(2021/1/20)

IoTでフォークリフト事故防止 機体・作業員の動きを可視化 コニカミノルタなど提供
コニカミノルタとコンサルティング会社が、物流現場におけるフォークリフトの接触事故を防止するIoTサービスを始める。現場の動きを分析し、事故が起きにくい動線やレイアウトを提案する。(2021/1/18)

2020年は2515万人分の個人情報が流出 原因の多くは「ウイルス感染・不正アクセス」
2020年、個人情報の漏えい・紛失事故を公表した上場企業とその子会社は88社、事故件数は103件、流出した個人情報は2515万47人分――という調査結果を東京商工リサーチが発表した。(2021/1/15)

AI予測でドラレコが警告「事故の危険性が高い地点です」
損害保険会社が契約者に提供するドライブレコーダーから音声を流し、運転手に注意を促す取り組みが香川県で始まる。県がAIを活用して作ったマップを基に、交通事故が起りそうな場所をリアルタイムに運転手に伝える。(2021/1/14)

事故を抑止:
AI予測でドラレコが警告「事故の危険性が高い地点です」
「この先、事故の危険性が高い地点です」。損害保険会社が契約者に提供するドライブレコーダーから音声を流し、運転手にリアルタイムで注意を促す取り組みが香川県で始まる。(2021/1/11)

布川敏和、大みそかに転落事故で恐怖味わう「このまま孤独死か?」 腰椎圧迫骨折&右肘骨折で全治2カ月
大変だ……。(2021/1/5)

バドミントン・桃田賢斗が3連覇 重傷負った事故から約11カ月半「折れかかった時期もありました」
おめでとうございます!(2020/12/27)

製造マネジメントニュース:
通信を活用した安心、安全なクルマづくりのためのパートナーシップ構築
KDDIとSUBARUは、通信を活用した安心、安全なクルマづくりのためのパートナーシップを構築した。クルマとコールセンターを24時間365日接続する先進事故自動通報やSOSコール機能などを提供する。(2020/12/24)

繰り返される視覚障害者の転落事故どう防ぐ AI活用に注目集まる
東京メトロで、視覚障害者の男性がホームから転落し電車にはねられ死亡する事故があった。同種事故を防ぐにはホームドアの設置が求められるが費用負担が大きく、最近ではAIで白杖を認識するシステムや無線技術で障害物を知らせる仕組みなどが注目を集めている。(2020/12/10)

「逆さまRTA」「嘘みたいな話」 買ったばかりの新車で走り出したドライバー、7秒で事故 ショップの敷地から出ることもかなわずひっくり返る
ウキウキしすぎたのかな。(2020/12/3)

【限界徹夜の体験談】亡くなった祖父の幻覚で事故を免れたトラックドライバーが“1週間寝ていなかった理由”
【番外編】「頑張って寝なかった人」ではなく「眠れなかった人」のお話(2021/1/15)

【スポーツで事故った体験談】テニスの練習中に後頭部を強打→笑っていたから心配されなかったけど、気絶してしまって……というお話
「おふざけだと思われたようで、周囲は全く心配していなかったそうです」(2021/1/18)

【スポーツで事故った体験談】陸上部で9時間走った後、お風呂に→9時間後「顔も体も真っ白になった」状態で発見された
朝6時から15時まで練習していたとか。(2021/1/19)

「テレビ演劇 サクセス荘」第3期、唐橋充が参戦決定 「事故の予感しかしない」とネットがざわつく
唐橋さん「お腹いたーい」。(2020/11/30)

【料理で事故った体験談】鍋を洗っているとき、“小さなうっかり”から強化ガラス製の鍋ブタが粉々になった……というお話
たぶん「分かっていてもついやってしまう」系のトラブル。(2021/1/12)

ひっくり返った姿がシュールすぎる イスラエルで戦車が積み込み作業中に転落、事故の様子を捉えた映像が海外で話題に
事故を起こしたのは、イスラエル陸軍の「メルカバ」です。(2020/11/27)

工藤静香、追突事故をインスタで“当日謝罪” 相手の対応を賛美する報告に「美談に変えないで」の声も
事故の状況について説明した工藤さん。(2020/11/18)

VR:
東急建設の安全教育VRに新コンテンツ、新東名の現場で50人が体験
東急建設は、独自開発した建設現場向けVR体験型の安全衛生教育システム に、吊り荷落下などの「建機・クレーン災害」とボックスカルバート型枠が崩れ落ちる事故などの「崩壊・倒壊」のコンテンツを追加した。これで建設現場の3大重篤災害を全てをカバーすることになり、より一層の事故撲滅が実現すると期待を寄せている。(2020/11/18)

おそロシア……こんなの予想できるか! 前を走るミキサー車が高架に接触、コンクリートが降り注ぐ 事故に巻き込まれたクルマのドラレコ映像が話題に
前を警戒していたら上から襲ってきたでござる。(2020/11/17)

【料理で事故った体験談】消火方法が分からなかったから、庫内で発火したオーブントースターを投げたら爆発した……というお話
なお、火事にはならなかったもよう。(2021/1/20)

【電化製品が燃えた体験談】電気ケトルをコンロにかけた結果→燃えちゃった 実は注意喚起している消防局もある事故例
でも「うっかり」ってそういうものだから……。(2021/1/20)

ホンダ、自動運転レベル3を実用化 20年度発売の新型車に搭載 事故で等級下がらない保険商品も
本田技研工業(ホンダ)が自動運転「レベル3」相当の自動運行装置を搭載した乗用車を発売する。(2020/11/11)

【スポーツで事故った体験談】野球中の不注意でスイングした金属バットが顔面直撃→当たり所が少しズレていたら死んでいたらしい
草野球というより「磯野〜、野球しようぜ」的な野球のお話。(2021/1/15)

【スポーツで事故った体験談】ロードバイクで初めての山挑戦→下り坂でブレーキかけられず死にかけた、というお話
時速50キロくらいでガードレールに……。(2021/1/14)

NEC、5Gと映像分析の実験施設を開設 交通分野でデータ活用など研究
NECが、5Gや映像分析などを活用して交通分野の実証実験を行う施設を開設した。道路のインフラと車両を無線でつなぎ、事故の抑止や自動運転支援に役立てる“インフラ協調型モビリティーサービス”の検証や評価を行う。(2020/11/6)

【料理で事故った体験談】出来たての串揚げでビールを飲もうと思ったら、いつの間にかコタツの上で火柱が上がっていた……というお話
おいしそうなんですが……。(2020/11/18)

【料理で事故った体験談】自家製ローストビーフで喉を詰まらせたら、病院で約1時間苦しむことになった“意外な理由”
医師「何にも詰まってなさそうなんだけど……」。(2020/11/17)

なんてこったい ロールス・ロイス・ゴーストがランボルギーニ・ウルスに衝突 総額6000万円を超える高級車同士の交通事故が話題に
私なら泡吹いて倒れる。(2020/10/31)

船も「CASE」:
自動航行時の重大事故を防止せよ、商船三井が衝突回避アルゴリズムを共同研究
商船三井は2020年10月19日、MOLマリン、海上技術安全研究所と東京海洋大学、商船三井テクノトレード、YDKテクノロジーズと共同で「避航操船アルゴリズムと避航自動化」に関する共同研究の実施に合意し、契約を締結したと発表した。針路上にいる船舶を避けて自動航行するアルゴリズム開発に取り組む。研究の一環として、船舶を用いた東京湾での実証実験も実施する。(2020/10/28)

事故死した孫が、ずっと守ってくれていた…… 孫を喪った祖母が経験した「優しい怪談」にホロっとくる
怖いけど、優しい。(2020/10/27)

【料理で事故った体験談】熱々のほうれん草をミキサーにかけたら、『エクソシスト』みたいな目にあった……というお話
緑の液体がビシャー、ウワーッ!(2020/11/12)

【料理で事故った体験談】おばあさんからもらった“新品種のニラ”を食べたら、父が3日間生死の境をさまよった話
一緒に食べた他の家族も入院。(2020/11/9)

「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
まさに危機一髪。(2020/10/23)

【料理で事故った体験談】「鉄と皮膚がくっつく音が聞こえました」 飲食店で10年超働いた方に聞く一番大変だった事故
「熱して赤くなった鉄を握った、と思ってもらえれば」。(2020/11/11)

【料理で事故った体験談】手羽元の煮え具合を確かめたくて圧力鍋の調整弁をグイッ→壁が真っ赤になった……というお話
「トラブルを引き起こすのは鍋ではなくうっかり者の人間側(自分)である」(2020/11/10)

【料理で事故った体験談】2.5リットルの鶏ガラスープを作っていたら、鍋から熱湯の水柱が吹き上がった……というお話
突沸、怖いなあ……。(2020/11/13)

【料理で事故った体験談】海外製のガスバーナを使ったら1メートルの火柱→“火の玉浴槽消火ダイブ”で何とかなったけど全治3週間
「安い肉を安いトーチであぶったら、意外と高くつきました(笑)」。(2020/11/11)

【料理で事故った体験談】初めてスライサーを使ったら“玉ねぎの状態異常”のせいで一晩たっても血が止まらない件
玉ねぎに目をやられてしまってな。(2020/11/12)

【料理で事故った体験談】カボチャの皮むきで指先を切り落としてキッチンは血塗れ、麻酔なしでレーザー治療……というお話
でも、ケガした本人は冷静っていう。(2020/10/30)

【料理で事故った体験談】部屋でスマホをいじっていたら、お湯を沸かしていたヤカンが丸焦げになった……というお話
「私の人生最大のやらかし」。(2020/10/31)

【料理で事故った体験談】野菜炒めを作っていたら、うっかり着ている服が燃えてしまって……という「着衣着火」のお話
特に冬場は注意したい「着衣着火」。(2020/11/13)

製品動向:
紫外線LEDで食品工場や店舗に侵入した飛来虫を捕獲、竹中工務店
竹中工務店は、虫の混入事故を防ぐため、食品や医薬品の製造工場向けに、紫外線LEDを採用した吸引捕虫機を実用化した。今後は、オフィスビルや店舗などにも、新たな建築ソリューションの一つとして、提案していくとしている。(2020/10/16)

京都府警、Uber Eats配達員に実技安全講習 全国で初
Uber Japanと京都府警が配達員対象の交通安全講習を実施した。配達中の事故を防止するのが狙いで、同社で実技を伴う講習は全国初。府警交通企画課の警部は「プロ意識を持ち、模範になる安全運転に努めてほしい」と訴えた。(2020/10/16)

山岳トンネル工事:
遠赤外線カメラとAIを用いた接触事故防止システム、作業員を97%以上の精度で検出
戸田建設は、遠赤外線カメラとAIで、建機と作業員の接触事故を防ぐシステムを開発した。新システムは、可視光カメラを使用したシステムとは異なり、温度を感知する遠赤外線カメラとAIを用いて、夜間や薄暗いトンネル坑内で、作業員や建機を検知し、アラートを発信して、作業員や建機を検知し、アラートを発信して、接触事故を防止する。(2020/10/15)

AIがバス運転手のスキルを可視化 運行データの蓄積で事故防止、NTTドコモと神戸市などが実証実験
NTTドコモと神戸市などは市営バスでAI付きのドライブレコーダーを使った実証実験を開始した。運転手の運転スキルをAIが点数化したり、運行状況をリアルタイムに可視化したりすることで事故防止につなげるという。(2020/10/12)

どうして……? 「缶切り」の異名を持つ「なぜか事故が多発する」危険な橋 対策を施すもまた事故
安全のため橋の高さを上げているそうですが、それでも事故は多発している模様。(2020/10/12)

電動化・ECU統合化に対応:
PR:xEVシステムを効率化しトータルコストを削減。電動化を支えるNXPの車載半導体ソリューション
自動車業界は、電動化や自動化など「CASE」と呼ばれる4つのメガトレンドに基づき、次世代の自動車開発に取り組んでいる。地球規模で深刻化する環境問題への対応や重大事故を無くすためにも、電動車(xEV)や自動運転車への移行は避けて通れない。本稿では、「バッテリーマネジメント技術」と「ECU統合化を見据えたプロセッシング・プラットフォーム」を中心に、xEVのシステム・コスト削減を可能にするNXP Semiconductorsの半導体ソリューションを紹介する。(2020/10/12)

日テレ、8日の放送事故について説明 「番組供給元にトラブルがあった」
「データ入力に関する人為的なミス」が原因でした。(2020/10/9)

日テレで放送事故 突然「ピー」音や美しい海の映像などが2分ほど流れる
めずらしい。(2020/10/8)

Tech TIPS:
【Windows 10】ユーザーアカウントを追加して仕事とプライベートなどを分ける
リモートワークなどで自宅のPCで仕事を行うこともあるだろう。そのような場合、仕事用のユーザーアカウントを作成し、プライベートと分けておくと、作成したファイルなどが別のユーザーフォルダに保存されて、誤って削除してしまうなどの事故を防ぐことができる。そこで、Windows 10で新しいユーザーアカウントを追加する方法を紹介しよう。(2020/10/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。