ニュース
» 2011年10月31日 08時20分 UPDATE

空の上に8席限定のレストラン――ファーストクラスのメニューに新生JALの本気を見た (1/4)

ある日編集部に「JALのファーストクラスでは極上のシャンパンと空の上でしか楽しめない食事を提供しています。その試食会に来ませんか」という招待状が届いた。待っていたのは予想を裏切る料理やサービスの数々で……。

[吉岡綾乃,Business Media 誠]
ay_jal09.jpg JALのファーストクラスでは、サロン社のシャンパンが提供される

 ある日、誠 Style編集部に一通の招待状が届いた。曰く、「JALのファーストクラスで12月から提供される“機内食”の試食会をします。合わせるのは幻のシャンパン『サロン』。メニューはフレンチで、場所は六本木の日本料理『龍吟』。メニューを考案したシェフ・山本征治氏のお店です……」

 普段、飛行機に乗るときはエコノミークラスだから、正直、機内で提供される食事に期待などしたことがない。ファーストクラスだと機内食も素晴らしいのだろうか? とはいえ、いくらファーストクラスといっても作りたてを出せるわけではないから、期待しすぎは禁物だろう。しかも、メニューはフレンチなのになぜ日本料理のお店なのだろう?……などと頭のなかで「?」を渦巻かせながら、六本木の小さな日本料理店「龍吟」を訪ねた。

 「今日は実際に機内でお出ししているものと同じお食事を召し上がっていただきます」というあいさつで始まった試食会。そこで出てきたお皿の数々に、筆者は心底驚かされた。……JALすごい! ファーストクラスすごい!

 下記のメニューからも分かるように、内容は「フレンチ」、ただし日本の食材がふんだんに使われている。しかしおそらく、メニューを見てもどんな料理なのかまったく想像がつかないだろう。なぜこの料理にそれほど驚いたのか? その理由は次ページ以降で……。

“龍吟” 山本征治シェフのおすすめメニュー

食前の小さなお皿 取り合わせ

冷たい椎茸のポタージュ ホタテ貝とホワイトセロリを添えて 揚げネギの香りで

かつお節のサブレ ブイヨンに漬けた数の子のマヨネーズ和え カルダモン風味のタプナードを乗せて

“龍吟スペシャリテ”トリュフおからのコロッケ仕立て

アペタイザー

“四季のタルト仕立て”

ズワイガニのカニみそ和え スモークしたジャガイモとカリフラワーのクリーム

メインディッシュ(3種の中から一つを選ぶ)

和牛フィレステーキ トリュフの香り ペリグーソースとともに

“龍吟仕立てのジビエ”柔らかな蝦夷鹿 米藁のスモークロースト

メカジキの味噌柚庵仕立て舞茸とともに ふわふわに削ったナッツとパルメジャーノ・レジャーノを散りばめて

パン

デザート


ay_jal00.jpg “龍吟” 山本征治シェフが監修した、冬のおすすめメニュー。2011年12月1日〜2012年2月29日の間、成田発―ロサンゼルス、シカゴ、ニューヨーク、パリ、フランクフルト、ロンドンの路線で提供される(写真:JAL)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ