ニュース
» 2011年11月15日 17時15分 公開

トヨタ、次世代燃料電池車「FCV-R」とEVコンセプト「FT-EV III」(1/2 ページ)

トヨタ自動車は、第42回東京モーターショー2011に水素を燃料とする次世代燃料電池自動車のコンセプトカー「FCV-R」と、近距離移動に適した電気自動車コンセプト「FT-EV III」を世界初出展する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 トヨタ自動車は、第42回東京モーターショー2011に水素を燃料とする次世代燃料電池自動車のコンセプトカー「FCV-R」と、近距離移動に適した電気自動車コンセプト「FT-EV III」を世界初出展する。

セダンタイプの燃料電池車「FCV-R」

 FCV-Rは、2015年ごろの市場導入に向けた燃料電池自動車のコンセプトモデルで、専用ボディの床下に燃料電池ユニットを配置することで、広い荷室と4人乗車の乗車空間を実現する。

トヨタ
トヨタトヨタトヨタ
トヨタトヨタトヨタ FCV-R(画像をクリックすると拡大します)

 70MPaの高圧水素タンクを搭載し、航続距離は約700キロ以上(JC08モード)を達成するという。ボディサイズは4745×1790×1510ミリ(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2700ミリ。

トヨタ
トヨタトヨタ
トヨタトヨタ FCV-R(画像をクリックすると拡大します)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -