コラム
» 2013年09月20日 08時00分 公開

遺産は時計に内部にも受け継がれる――コラムホイール クロノグラフLONGINES HERITAGE COLLECTION(2/2 ページ)

[篠田哲生,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

機械式時計ならではの味を楽しむ

LONGINES 搭載されるCal.L688.2。特徴であるコラムホイールは、右側にあるブルーの円形パーツのこと。動きをしっかり観賞できるように、ブリッジに隠れない設計になっている。

 「ロンジン コラムホイール クロノグラフ」に搭載されるのは、Cal.L688.2という自動巻き式のクロノグラフムーブメント。前述のETA社がロンジンのために設計・製造しているムーブメントで、クロノグラフ機能の作動を「コラムホイール」というパーツを使って行う点が特徴になる。

 コラムホイールとはその名の通り、コラム(=円柱)の付いた歯車のこと。プッシュボタンを押すたびにこのパーツが少しずつ回転して、クロノグラフのスタート、ストップ、リセットを制御している。小さいながらも重要パーツであり、精密な加工が求められることから、主に高級モデルに使用されることが多い。カチッと柔らかく心地よい“押し感”が、時計愛好家から愛されるマニアックな機構だ。

 ロンジンでは“クロノグラフの王者”という遺産を明確にするために、コラムホイール機構を復活させ、さらに39ミリという現代においてはやや小ぶりなケースに収めた。シースルーバック仕様なのでETA社特製のクロノグラフムーブメントCal.L688.2を観賞でき、プッシュボタンを押せば、コラムホイールの精緻な動きをいつでも確認できるのがうれしい。

 ロンジンのヘリテージコレクションは、どうしてもデザインばかりに目が向きがちだ。確かに過去の遺産を受け継いできたヴィンテージスタイルには、タイムレスな価値があり、今の感性に照らし合わせても十分に魅力的だ。

 しかしロンジンの実力は、搭載されるムーブメントにも宿っている。優れたクロノグラフで時計史を切り開いてきたコラムホイール式クロノグラフからも、ロンジンならではの“伝統の味”を感じることができるだろう。

関連キーワード

クロノグラフ | コラム | 腕時計 | 遺産 | 歴史 | スイス


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -