コラム
» 2013年12月24日 12時00分 公開

時計遺産としてのパイロットウオッチLONGINES HERITAGE COLLECTION(2/2 ページ)

[篠田哲生,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

ロンジンのデザインには理由がある

longines 『ロンジン アビゲーション オーバーサイズ』/24時間で一周するGMT針を搭載した。大陸間を超えて移動する国際線パイロットに愛されてきた機構なので、ロンジンのパイロットウオッチの特殊なデザインとも相性抜群。自動巻き、ステンレススチールケース、ケース径41ミリ。34万6500円

 ロンジンは航空機時代が始まった1920年代から、航空産業と深い関係にあった。航空計器を製作し、パイロットはロンジンの懐中時計を愛用。FAI(国際航空連盟)やAAA(米国航空協会)のオフィシャルウオッチとなり、世界中で行われる飛行記録の公式計時も担当している。ロンジンの発展は、航空機の発展とともにあったのだ。

 2013年の新作としてロンジンのヘリテージコレクションに加わった「ロンジン アビゲーション オーバーサイズ クラウン」は、1920年代に作られたロンジンの傑作を基にデザインされている。特徴はマーカーがついた回転ベゼル。これは経過時間や設定時間を知るために用いる、シンプルだけど実践的な機構だ。

 さらに大型のリューズもアクセントになっている。これはグローブ着用時でも、時計の操作性を向上させるため。そして操作時に誤ってベゼルに触れてしまわないように、巻き芯を長めに設計しているのも特徴だ。

longines 『ロンジン アビゲーション オーバーサイズ』/大型リューズを押して操作する、モノプッシャー式クロノグラフ。30分計とスモールセコンドを搭載したツーカウンター式表示が、航空計器としての風格を作り出している。自動巻き、ステンレススチールケース、ケース径41ミリ。39万9000円

 ちなみに「アビゲーション」というのは、アビエーション(航空学)とナビゲーション(航海術)を融合させた造語であり、ロンジンのパイロットウオッチに与えられる特別な名称。航空計器のひとつとして、極限状態でも使いこなせるようにという目的から生まれたモデルたちなので、ディテールまで嘘がない。

 だからこそロンジンのパイロットウオッチは魅力的なのだろう。必要がそのまま形になったデザインは、時代を超えても廃れることなく愛される。これこそが、時計文化の「遺産(ヘリテージ)」と呼ぶにふさわしい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -