ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「航空機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「航空機」に関する情報が集まったページです。

ANA国際線、無料Wi-Fiをビジネスクラスに拡大 エコノミーもテキスト通信が無料に
ANA国際線の機内インターネット無料提供がビジネスクラスにも拡大する。プレミアムエコノミーおよびエコノミークラスでも一部無料となる予定。(2024/4/11)

アルテミス計画で日本人宇宙飛行士による月面探査が決定 有人与圧ローバーも提供 「外交は発見につながる」とNASA長官
文部科学省は11日、NASA(米航空宇宙局)との間で、国際宇宙探査「アルテミス計画」の「与圧ローバによる月面探査の実施取決め」に署名したと発表した。(2024/4/11)

材料技術:
持続可能な航空燃料に規格外ココナッツ、国交省の提案でICAOが認定
国土交通省は規格外のココナッツがSAFの新たな原料としてICAOに認められたと発表した。(2024/4/8)

材料技術:
東邦チタニウムが成長戦略を発表、2030年度に2022年度比で売上高と利益を倍増へ
東邦チタニウムが2024年度以降の成長戦略や今後の展望などについて説明。足元で需要旺盛な航空機向けの高純度のスポンジチタンを軸に事業拡大を進め、2030年度の業績として2022年度実績の倍増以上となる売上高1700億円、経常利益250億円という目標を掲げた。(2024/4/2)

日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
鉄道か飛行機1本で行ける道府県だけ塗りつぶしたら……?(2024/4/2)

SLIM、2度目の“越夜”に成功 極寒に耐え、再び航法カメラの画像を送る
月面着陸に成功した小型月着陸実証機「SLIM」が2度目の“越夜”に成功した。JAXA(宇宙航空研究開発機構)のSLIM公式Xアカウントが明らかにした。(2024/3/28)

「飛行機が遅れてるんだけど」と聞かれ…… 日本と欧米で「空港スタッフの対応」を比較した動画に驚きの声
どっちが好み……?(2024/3/31)

非航空事業を展開:
航空会社のJALが「クラフトビール」を開発 JALラウンジの“余ったお米”に目をつけた
JALは、空港ラウンジの余剰米をアップサイクルしたクラフトビールを発売した。JALは航空会社なのに、なぜこのような事業を……?(2024/3/27)

船も「CASE」:
「原因究明」「過失捜査」どちらが優先? 海難調査の“法的”事情
航空機事故や海難事案ではしばしば「事故原因調査を優先すべき」「責任処罰捜査を優先すべき」という議論がなされるケースが多い。ここで注意したいのは、事故原因調査と責任処罰捜査は必ずしも相反するものではなく、両方が適切に組み合わせられることが“国際標準の事故調査メソッド”において認められていることだ。それぞれが独立してなされることで、より包括的な事故対応が可能になるとされている。(2024/3/19)

飛行機フライト直前にトラブル連発…… インフルエンサーが「飛行機乗れませんでした」→号泣の事態に
事前の下調べ大切。(2024/3/13)

満足度の高い「ホテル比較サイト」 トリバゴを抑えた1位は?
oricon ME(東京都港区 )が「ホテル比較サイト」「航空券比較サイト」の満足度調査を実施した。満足度の高い「ホテル比較サイト」「航空券比較サイト」とは。(2024/3/13)

人気DJが明かした“時差ボケ解消方法”が衝撃! 「機内に持ち込めるの?」の疑問に「一度も注意されたことない」
初めて聞いた。(2024/3/5)

日本で第3子出産の福田萌、妊娠中の“飛行機搭乗トラブル”を告白 危うく帰国できず「なかなかないケースだとは思いますが」
「搭乗を断られそうになりました」(2024/3/4)

関東から九州に翌日配送 全日空が航空便効率利用でトラック不足を解決、費用も同等以下に
インターネット通販需要の高まりなどを受け、成長が見込まれる航空貨物を新たな事業の柱に育成し、収益の多様化を図る。(2024/2/28)

石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
寂しさをにじませた石田ひかりさん。(2024/2/26)

スカイマーク、「キットカット ミニ」のサービス終了 「楽しみでした」「忘れません」と惜しむ声
機内サービスリニューアルに伴い。(2024/2/21)

ドローン:
空飛ぶクルマの運航管理で、Terra DroneやJAXAなどが大阪府咲洲庁舎で実証
Terra Droneや三井物産、JAXAなどが参画するコンソーシアムが、空飛ぶクルマの運航管理を目指した実証実験を共同で実施した。さまざまな航空機の協調的な運航管理プラットフォームの構築に要する技術を検証している。(2024/2/21)

材料技術:
大興製紙が第2世代バイオエタノールの生産実証事業をスタート、SAFで活用
大興製紙は、Biomaterial in Tokyoと提携し、持続可能な航空燃料(SAF)の原料となる第2世代バイオエタノールの生産実証事業を開始することを発表した。(2024/2/21)

現在は米国製が主流:
NDKとJAXA、国産の宇宙用QCMセンサー開発に向け共創を開始
日本電波工業(NDK)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は国産の宇宙用QCM(Quartz Crystal Microbalance)センサー開発を目指す共創活動を開始したと発表した。2024年度の開発完了と2025年度の軌道上実証を目指す。(2024/2/20)

Computer Weekly日本語版+セレクション
iOSを危険にさらす新手口 ユーザーを脅かす「機内モード」の“わな”とは?
ネットワークからデバイスを遮断する「機内モード」。それを悪用する攻撃が見つかった。「iOS」搭載デバイスを狙うその手口と危険性とは。(2024/2/19)

羽田事故受け日航がペット同伴を検討 他社が慎重姿勢の理由は?
日本航空が、ペットの客室内への同伴搭乗を検討していることが16日、分かった。1月2日に羽田空港で発生した航空機の衝突事故で、貨物室に預けられたペット2匹が取り残されたことを受け、同伴搭乗を求める声を踏まえた。(2024/2/18)

H3ロケット試験機2号機打ち上げ成功 SNSには祝福の声や打ち上げの様子が続々
飛行機の上から打ち上げを目撃した人も。(2024/2/17)

リサイクルニュース:
廃食油を再活用して持続可能な航空燃料を製造する基本合意書を締結
ENEOSは、航空燃料の原料への廃食油再活用に関する基本合意書を、東急不動産と締結した。揚げ物などの調理に使用された廃食油を回収し、これを原料にして持続可能な航空燃料を製造する。(2024/2/16)

飛行機の窓から外を見た瞬間……! 整備士の沖縄ならではの“神対応”に「また来たくなる」「見てて楽しい」
こんなのほっこりしちゃう。(2024/2/14)

ANAが航空券などタイムセール 東京-札幌7700円〜 復興支援で北陸路線も対象
東京(羽田)-福岡は8800円〜。(2024/2/9)

ドローン:
プラント点検用の屋内型自動巡回ドローンおてがる版を販売開始、本郷飛行機
本郷飛行機は、プラント点検や倉庫用の屋内型自動巡回ドローン「P250-LN」の簡易版を販売開始した。簡易版では、自動飛行に必要なラインマーカーをユーザー自身で設置することが可能となった。(2024/2/5)

Mobile Weekly Top10:
ロケット打ち上げ、飛行機からスマホで撮ってみたら
飛行機で移動する日に、ロケットの打ち上げがある――そんなラッキーな光景を写真や動画で収めようとする際に、スマートフォンは便利……なのですが、スマートフォンゆえの課題もあったりします。(2024/2/3)

iPhoneで機内からロケット打ち上げ撮影に挑戦 そこで感じたスマホカメラの課題とは
1月12日、JAXA種子島宇宙センターからH-IIAロケットが打ち上げられました。たまたま1月12日に奄美空港行きの便に搭乗予定だったので調べてみると、ロケットの打ち上げは13時44分に実施とのこと。すぐに指定座席を窓際に変更して機内から打ち上がるロケットを撮影する準備に取り掛かりました。(2024/1/29)

安住紳一郎、飛行機で“大物アーティスト”にバッタリ遭遇 「中村です」と名乗られるもポカン→正体分かり「時が戻せるなら土下座します」
過去に同様のことが6回あったそうです。(2024/1/29)

大谷翔平、NY同行のデコピンが機内でスヤスヤ しょんぼり→かわいすぎる寝顔に「愛もたっぷり」「いつも一緒で嬉しいですね」
かわいい〜〜〜!(2024/1/29)

「歴史的成功の一助」 スリムの太陽電池開発、シャープ安堵
月面に着陸した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型実証機「SLIM(スリム)」の電源復旧を受け、太陽電池パネルを開発したシャープは29日、「歴史的な成功の一助となれたことを大変光栄に思う」とのコメントを発表した。(2024/1/29)

材料技術:
中興化成工業のPTFE製ダイアフラムが探査機「SLIM」に搭載され月へ
中興化成工業は、製造するふっ素樹脂(PTFE)製のダイアフラムが同月20日(日本時間)に月面着陸した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月探査機「SLIM」に搭載されていると発表した。(2024/1/29)

宇宙開発:
X線分光撮像衛星による銀河団や星雲のファーストライトの成功に貢献
NECは、宇宙航空研究開発機構が発表した、X線分光撮像衛星「XRISM」のファーストライトの成功に貢献した。XRISMのバス機器の製造や衛星システム試験、射場における打ち上げ準備、打ち上げ後の初期運用支援を担当した。(2024/1/24)

メカ設計ニュース:
カラー印刷ができるレーザー加工機の販売を開始
マイクロボード・テクノロジーは、カラー印刷ができるFLUXのレーザー加工機「ador」の販売を開始した。これまでのレーザー加工機とは異なり、加工機内でカラー印刷ができる。(2024/1/24)

「ペット機内持ち込み」巡って炎上の石田ゆり子、騒動後のポートレートに“家族が指摘”「ちょっと体調悪かった」「たくましくそだってほしい」
コメント欄には多くの励ましの声。(2024/1/21)

ぬいぐるみと飛行機に搭乗、ANAのCAに「えっえっ!」と驚かれた理由は…… 「こういう話だけ見ていたい」と5万いいね
ほっこり。(2024/1/19)

乃木坂46清宮レイ、飛行機にゾッコン ひたむきさ伝わる“ガチ”な写真公開に「ホンモノ」「言い回しがオタクのソレ」
ボーイング787、美しいですよね。(2024/1/17)

FAメルマガ 編集後記:
ペットを飛行機に乗せた
私の体験談です。(2024/1/16)

ペットの“機内持込”、スターフライヤーが全線拡大も脱出時は「連れて行けません」 SNSで再び論争
中堅航空会社のスターフライヤーは15日、国内線の全路線、全便にペットの機内持込サービスを拡大した。(2024/1/15)

坂上忍、「ペット犠牲」の羽田空港事故で私見 “モノ扱い”へ指摘するも「乗せる乗せないという選択をするのは人間」「航空会社をどうのとは思わない」
犬や猫を保護する活動を続けている坂上さん。(2024/1/14)

飛行機に乗っていたら…… 「H2A」ロケット発射に立ち会えた“奇跡”に「本当にすごい」とネット興奮
ロマンを感じる映像です。(2024/1/14)

iPhoneが上空約5000メートルから落下…… まさかの耐久性で無事起動か 米航空機事故で話題に
落下場所に人がいなくて良かった……!(2024/1/12)

羽田事故背景に「過密ダイヤ」指摘も 世界3位の発着1分に1.5機
羽田空港で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突した事故から9日で1週間がたった。8日には事故で閉鎖していた滑走路の運用も再開し、発着数も事故前の水準まで回復した。一方で……。(2024/1/9)

天文衛星クリズムが画像を初公開 高温プラズマをX線で撮影 銀河の形成解明へ
宇宙航空研究開発機構は、昨年9月に打ち上げられ、機器や装置の性能確認を兼ねた初期段階の運用を行っているX線天文衛星「クリズム」が撮影した銀河団や、超新星爆発の残骸の画像を初公開した。(2024/1/9)

リサイクルニュース:
くら寿司の廃食用油を国産SAF原料に活用
くら寿司、日揮ホールディングスらは、くら寿司の国内全店舗から出る廃食用油を持続可能な航空燃料であるSAF原料に活用することを目的に、廃食用油の継続的な供給、利用に関する基本合意書を締結した。(2024/1/9)

「余力」がない問題:
ダイヤが乱れたのに、なぜ新幹線は臨時列車を運行できたのか
能登半島地震や航空事故の発生により交通網に影響が出る中、なぜ鉄道会社は突発的な対応ができたのだろうか。新幹線の臨時列車に学ぶ、輸送の確保に必要な「余力」の重要性とは。(2024/1/7)

“ペット機内持ち込み”巡って炎上の石田ゆり子、猛批判にも長文で感謝 「言葉が足りなかった」「一緒に脱出できるようになったら」
「たくさんの皆さんが一緒に考えてくださったこと心からありがとうございます」(2024/1/7)

米アラスカ航空の旅客機、飛行中に機体の一部吹き飛び緊急着陸
乗客171人、乗員6人とともに安全に空港に引き返したとのこと。(2024/1/6)

松嶋初音、ペット連れ帰省は「飼い主のエゴ」と持論 機内持ち込みにも「恐怖でしかないでしょ」
X(Twitter)で思いをポストしています。(2024/1/6)

石田ゆり子、“ペット犠牲”の羽田空港事故めぐり私見→一部から猛批判も…… 「どうかそんなに怒らないで」
機内へのペット持ち込みについての発信が議論になっています。(2024/1/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。