ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「航空機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「航空機」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

飛行機で、仕事で、Nreal Airを使ってみた ゲーミングPC接続も実用域に
サングラス型のシースルーディスプレイ「Nreal Air」の本格活用編。(2022/8/12)

コンビニ店がハッキング被害も:
「ペロシ氏の飛行機撃墜」「安倍氏の死祝う」――企業SNSの“なりすまし被害”やフェイクニュースが増加
ペロシ米下院議長の訪台を機に、SNS上ではフェイクニュースや偽情報が拡散している。台湾ではフェイクニュースを取り上げて事実関係をチェックするNGOが連日、結果を公表して市民に注意を呼び掛けている。偽情報からどう身を守るべきなのか。(2022/8/13)

製造IT導入事例:
脱EXCELから仕事の標準化へ、IHIのDXへ向けた取り組みとは
セールスフォース・ジャパンは2022年8月4日、「Tableau DataFest Tokyo 2022」をオンラインで開催した。本稿では、IHI 航空・宇宙・防衛事業領域 デジタルトランスフォーメーション推進部 部長 呉宏堯氏による講演「脱EXCELから始めたポータル化活動」の模様を伝える。(2022/8/10)

水曜日に「へえ」な話:
ガチすぎる! 世界初、シェラトンに導入した“飛行機”が面白い
東京ディズニーリゾートの近くにある「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」が面白いことを始めた。本格的なフライトシミュレーターを導入して、注目を集めているのだ。どんな特徴があるのかというと……。(2022/8/10)

母「パイロットになるわ」→娘「ママのようなパイロットになるわ」 サウスウエスト航空、初となる母娘パイロットデュオを採用
2人それぞれの夢が叶った結果。(2022/8/7)

「燃料を満タンにしない飛行機」「小石が当たっても割れない新幹線の窓」 飛行機と新幹線の素朴な疑問を解決する豆知識本が発売
よく観察してみると浮かぶ「ナゾ」も多い?(2022/7/28)

ランサムウェア被害で決算締まらず 自動車・航空機部品のリケンが発表延期
自動車や航空機の部品製造を手掛けるリケンが、ランサムウェアとみられる攻撃を受けたため、2023年3月期第1四半期の決算発表を延期すると報告した。(2022/7/27)

製造マネジメントニュース:
日立産機が米国レーザーマーカー企業を買収、北米のマーキング事業を拡大へ
日立産機システムは、米国でレーザーマーカーの製造と販売を手掛けるテレシス・テクノロジーズを買収した。インクジェットプリンタを中核に展開してきたマーキング事業に、テレシスのレーザーマーカーなどを加えてポートフォリオを拡充するとともに、テレシスの販売チャネルを通じて北米の自動車、航空、重工業分野への事業拡大を目指す。(2022/7/25)

製造マネジメントニュース:
3分社するGE、各社の名称はGEヘルスケア、GEベルノバ、GEエアロスペースに
GE(General Electric)は、2021年11月に発表した同社の事業をヘルスケア、エネルギー、航空の3つに分社する方針に沿って、各社の名称やコーポレートカラーなどについて決定したと発表した。ヘルスケア事業はGE HealthCare(GEヘルスケア)、エネルギー事業はGE Vernova(GEベルノバ)、航空事業はGE Aerospace(GEエアロスペース)となる。(2022/7/20)

「Snow Man」目黒蓮、連続テレビ小説「舞いあがれ!」で朝ドラデビュー ヒロインと航空学校で出会う努力家を演じる
目黒さんをはじめ、5人の追加キャストが発表。(2022/7/19)

車両デザイン:
自動車技術を応用したエアモビリティの軽量キャビン、国際航空ショーで披露
Hyundai Motor(現代自動車、ヒョンデ)グループのSupernalは2022年7月18日、英国のファーンボロー国際航空ショーにおいて電動垂直離着陸機(eVTOL)のキャビンのコンセプトを発表した。(2022/7/19)

1年半ぶり運行:
ピーチ、関空―台北便を9月に再開 ソウルに続き国際線2路線目
格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは7月14日、関空―台北(桃園)線の運航を9月16日から再開すると発表した。同線の再開は2021年4月8日に運休して以来、約1年半ぶりとなる。(2022/7/14)

曲がれぇぇぇ! 米ノースカロライナ、高速道路に飛行機が緊急着陸 緊張感が漂う映像が話題に 原因はエンジンの故障
カーブを曲がりながらの着陸。(2022/7/14)

NASAの宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」からの初フルカラー画像をバイデン大統領が披露
米航空宇宙局(NASA)が昨年12月に打ち上げた宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)から届いた初のフルカラー画像を、バイデン米大統領が披露した。銀河団SMACS0723を撮影したものだ。NASAはJWSTでの科学ミッションを本格的に始動したことも発表した。(2022/7/12)

FAニュース:
小型ながら複雑ワークを1台で加工、フロアスペース3480×2060mmの複合加工機
DMG森精機は2022年6月27日、フロアスペース3480×2060mmと小型ながら、複雑な形状のワークを1台で加工できる複合加工機「NTX 500」を発表した。医療機器や航空機、小型部品、ロボット部品など向けに、年240台の販売を見込む。(2022/7/8)

「すさまじいライフハック」 バスのハンドルに「すき家」のテイクアウト容器がぴったりハマりすぎると話題に
機内食に見えるような気もする。(2022/7/7)

ピカピカしている:
飛行機を“つくる技術”で生まれた「トレーラー」、試作機の特徴は?
航空機の部品などを手掛けているエアロは、これまでになかったトレーラーを開発していて、その試作機が完成したことを発表した。(2022/7/6)

機内に「3段ベッド」置いちゃった! ニュージーランド航空、“ベッド付きエコノミークラス”を2024年導入
エコノミークラスでも手足を伸ばせる……だと!?(2022/7/1)

衛藤美彩、5カ月息子“フライトデビュー”を機内2ショットで報告 帰省先で“夫・源田壮亮”との3ショットも
あれ、源田選手どこだ?(2022/6/30)

Japan Drone 2022:
バッテリーレス基板タイプでリモートIDを小型軽量に「価格競争力でも自信」
Braveridgeは、「Japan Drone 2022」において、機体重量が100g以上のドローンなど無人航空機への搭載が義務化された「リモートID」の機能を低価格に組み込めるバッテリーレス基板タイプの製品を披露した。価格はオープンではあるものの「他社のリモートIDと比べて価格競争力は高い」(Braveridge)とする。2022年8月に出荷を始める予定だ。(2022/6/29)

ドローン:
ドローン自動衝突回避システムの実証実験を実施、NEXCO東日本
NEXCO東日本は、FaroStarとともに、福島県南相馬市に位置するサービスエリア「セデッテかしま」の東側にある森林で、南相馬市の協力を受け、ドローンの自動衝突回避システムの実証実験を実施した。実証実験は、将来の無人航空機やドローンの活用を視野に、こういった機体の安全な飛行の確保を目的としている。なお、2021年9月より募集を開始していたアクセラレータープログラム「ドラぷらイノベーションラボ」で採択された企業との実証実験となる。(2022/6/29)

「空飛ぶクルマ」のテトラ・アビエーション、米で販売体制増強 整備拠点を新設、要員倍増へ
1人乗りの電動航空機を開発するテトラ・アビエーションの中井佑社長は27日、都内で記者会見し、来年春の機体の初納品に合わせて、販売市場と想定する米国に整備拠点を来年3月までに新設すると明らかにした。(2022/6/28)

横浜高島屋で販売:
航空機のシーベルトがキーホルダーに JAL整備士が商品化
横浜高島屋は、航空機に使用されていた部品を再利用して販売するポップアップショップ「空を飛んだ そのあと」を、6月15〜28日に開催する。シートベルトやエンジン部品などの廃材を活用。キーホルダーやコインパースなど7種類を販売する。(2022/6/24)

材料技術:
ホンダが「持続可能な航空燃料」の評価や規格化に参加、アジア企業では初
ホンダは2022年6月23日、FAA/OEM Review Panelに加入したと発表した。(2022/6/24)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

カウンターへ行かずにスマホで空席確認 ANAの新サービス
全日本空輸(ANA)は6月22日、カウンターへ行かずにスマートフォンで空席確認が行えるサービスを始めた。日本の航空会社としては初めてという。利用者はスマートフォンからANAアプリやANAウェブサイトへアクセスし、空席待ちの申し込みや状況照会が可能になる。(2022/6/23)

JALの「航空サブスク」第2弾、対象路線を10路線→143路線に 先着1000人を募集
参加者の募集は6月22日から。(2022/6/21)

ドローンの登録義務化がスタート 100g以上の機体は未登録だと飛行不可に
6月20日からドローンやRC飛行機などの無人航空機の登録義務化と、改正航空法の施行がスタートした。100g以上の重さの機体の場合、所有者情報の登録と許可無しでの飛行は禁止となる。(2022/6/21)

7月30〜31日:
JAL、ワンピース「ワノ国編」とコラボした周遊チャーターを実施 “サンジ監修”の機内食など提供
JALは「ONE PIECE」とコラボした周遊チャーターを実施する。「ワノ国編」の世界観を表現した機内食や機内アナウンスを提供する。機内食はサンジ監修”のスペシャルメニューを開発した。(2022/6/20)

電動化:
次世代エアモビリティの開発着々、ロールス・ロイスが電動化推進を本格化
ロールス・ロイスは2022年6月15日にオンライン記者会見を開き、次世代エアモビリティや大型航空機などの電動化推進によるネットゼロ実現に向けた取り組みを説明した。(2022/6/20)

Samsung、暗号通貨もサポートする「Samsung Wallet」を欧米で提供開始
Samsungが「Apple Wallet」や「Google Wallet」のような「Samsung Wallet」を発表した。米国や一部の地域のGalaxyユーザー向けに提供を開始する。クレジットカードや飛行機の搭乗券だけでなく暗号通貨もサポートする。(2022/6/17)

JAL、「航空サブスクサービス」の実証実験を国内全路線に拡大 前回は即日で完売
旅のサブスク「HafH(ハフ)」の運営などを手掛けるKabuK Style(長崎市)と日本航空(JAL)は、「航空サブスクサービス」の実証実験を実施する。2021年に引き続き第2弾となり、6月22日に参加者の募集、予約を開始するという。(2022/6/17)

統合型プログラム・プラニング:
PR:耐空証明のプロセスを効率化するデジタル・ツールとは?
航空宇宙関連企業にとって航空機の安全性確保は最重要課題の1つである。その一方で、耐空証明の複雑化や関連する法規制の増加は、これらの企業の費用負担額を増やし続け、悩みの種となっている。耐空証明のプロセスを効率化するには、他部門の技術資料や部品表などの膨大なデータに迅速にアクセスできる中央集中型の環境が必須だ。こうした課題を解決する上で、統合型のデジタル・プログラム管理システムは非常に有用である。(2022/6/27)

羽田空港に「機内食の自動販売機」登場! 世界のメニューをお持ち帰り可能
メニューはフランス、スペイン、タイ料理など全5種。(2022/6/16)

航空・鉄道5社がタッグ! 久しぶりの東京旅行を応援、「ただいま東京」キャンペーン開始
普段はライバルでもここでは協力!(2022/6/14)

JAL・ANA・JR東海・JR東・東京メトロが「ただいま東京」キャンペーンを展開 観光誘客を促進
JAL(日本航空)、ANA(全日本空輸)、JR東海、JR東日本、東京地下鉄は、「ただいま東京」キャンペーンを実施する。(2022/6/13)

6月25日から:
はとバスが羽田空港を走る! まさかのコラボは社員考案
はとバスは、羽田空港の制限区域内を2階建てバスでドライブする「羽田空港ベストビュードライブ」を6月25日から運行する。羽田空港の制限区域内を、はとバスが走るのは創業以来初めて。2階建てバスの高さ3.8メートルの車窓から、駐機中の航空機や離着陸する航空機、さまざまな地上支援車両などを間近に見られるようにする。(2022/6/13)

メカ設計ニュース:
防衛省向け航空機の電気設計に、設計システムと製品データ管理システムを導入
川崎重工業は、防衛省向け航空機の電気設計に活用するため、図研の電気制御、ハーネス設計システム「E3.series」と製品データ管理システム「DS-2」を導入した。号機別のワイヤハーネスのトレーサビリティー確保に要する工数を削減した。(2022/6/10)

気軽に旅気分:
羽田空港、自販機で“世界の機内食” フランス、スペインなど5品
世界各国の機内食を冷凍自動販売機で販売する。気軽に旅行気分を醸成する。「パエリア」「ガパオライス」など人気の5品を、980円で販売。(2022/6/9)

太陽光:
軽量で曲がる太陽電池、シャープが世界最高の変換効率32.65%を達成
シャープが実用サイズの軽量かつフレキシブルな太陽電池モジュールで世界最高の変換効率32.65%を達成。独自の化合物3接合型太陽電池セルを用いて開発したモジュールで、自動車や航空機など高効率化と軽量化が求められるさまざまな移動体への搭載が期待されるという。(2022/6/9)

組み込み採用事例:
未来戦闘航空システム開発において、厳格な安全認証要件への適合を支援
ウインドリバーの「VxWorks 653」プラットフォームなどが、BAEシステムズが開発するイギリスの次世代戦闘機テンペストの未来戦闘航空システム開発に採用された。厳格な安全認証要件への適合に活用される。(2022/6/3)

初公開の施設も見学:
JAL、カスタム可能なフライトシミュレーター体験を販売 1組36万円
日本航空とJALUX(東京都品川区)は5月31日、「フライトシミュレーター体験&IOC見学」を販売すると発表した。(2022/5/31)

ポストコロナの働き方:
飛行機・新幹線通勤もOK なぜヤフーは居住地制限を撤廃できたのか
ヤフーは4月から居住地、通勤手段の制限を完全撤廃した。「コロナが終わっても、元通りの出社には戻らないのではないか」。ヤフーが新しいリモートワーク制度の導入に至った狙いとは。(2022/5/31)

我慢の限界に達する現場:
正座で軟禁・盗撮しSNSに投稿…「カスハラ」の深刻な実態と従業員の「怒りの声」
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が深刻度を増している。暴力行為、土下座の強要、無断撮影しSNSに投稿――。度が過ぎた行為に、現場は苦悩を募らせる。体調不良や離職にもつながりかねないカスハラ被害に、有効な手立てはあるのか。鉄道や航空、輸送などの現場で働く人が集い、カスハラの実態と対策について話し合った。(2022/5/25)

Apex Microtechnology:
ゲートドライバーを統合したSiCモジュール
Apex Microtechnologyは、SiC MOSFETを用いて性能と電力密度を向上させたデバイスファミリーを立ち上げた。同社は米国アリゾナ州に本社を構え、産業機器や計測/テスト、医療、航空宇宙/防衛、半導体製造装置といった幅広い分野向けに、アナログ/パワー製品を提供している。(2022/5/23)

テーマは航空機 BMW「R nine T」をカスタムしたレトロフューチャーなバイク「ストーム」
パーツの各所はリベットで止められています。(2022/5/21)

防衛システムの統合を目指す:
Lockheed MartinがIntelやNVIDIAと協業へ
米国の航空宇宙大手Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)が、防衛システムへの安全な接続を実現する計画「21世紀コンセプト」の一環として、IntelとNVIDIAの他、大手技術メーカー8社との協業を発表した。(2022/5/19)

妊娠6カ月の菊池瑠々、飛行機で“ぎゅうぎゅう詰め”の状態に 「妊婦+子供3人で座るしか無くなってしまい」
ぎゅうぎゅう詰めな様子の写真も公開。(2022/5/18)

JALのマイルと楽天ポイント、相互交換開始 楽天ポイント2ポイントで1マイルに
 JAL(日本航空)は5月11日、楽天グループと連携し共通ポイントサービス「楽天ポイント」とマイルの相互交換を開始すると発表した。(2022/5/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
人命を預かる仕事の重さとは? 新人CAをハッとさせたコックピットの「黒いカバン」
知床遊覧船の痛ましい事故のニュースを聞いたとき、筆者が「真っ先に浮かんだ」というのは、航空会社での勤務時に見ていた、フライトエンジニアが持つ“黒いカバン”だ。それはどのようなものかというと──。(2022/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。