ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年09月12日 22時37分 公開

総務省、8月末のDSL加入者数を発表、伸びは減少傾向に

総務省発表の8月のDSL加入者数は1254万9066回線。8月の単月加入者数は22万3372回線となり、前月比で3万3604回線の減少となった。

[ITmedia]

 総務省は、2004年8月末現在のDSLサービス提供数(速報値)を発表した。DSLサービス加入者数の合計は、前月から22万3372回線増の1254万9066回線。なお、8月の単月加入者数22万3372回線という数値は、7月の25万6976回線から3万3604回線の減少となり、加入者数の伸びは、ここ2年でもっとも低い数字で、加入者数の伸びが鈍化している傾向が明らかになった。

 内訳はNTT東西が10万0434回線増の455万5264回線、その他の事業者は12万2938回線増の789万3368回線。単月シェアは、NTT東西が42.11%から44.96%へとシェアを伸ばしている。なお、ソフトバンクが発表した8月末現在のYahoo! BBの接続回線数は442.6万件。単月加入者数は前月の7.3万件から約2,000件減の7.1万件となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.