ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年09月22日 10時19分 UPDATE

Windows 7は最後の32ビットWindowsか (1/2)

メインストリームが32ビットから64ビットへとシフトする移行期間は、Microsoftとユーザーにとって危険に満ちている。

[Larry Seltzer,eWEEK]
eWEEK

 誰もが、Microsoftさえも「Windows 7」のことをおおっぴらに話している。わたしは32ビット版のWindows 7が登場すると思っているが、それは最後の32ビット版になるかもしれないとも考えている。Microsoftが64ビット版Windowsの採用を促進するためにそうした対応を取り、わたしたちをさらにWindows 8――完全に64ビットになるかもしれない――への道に進ませるとしても、わたしは驚かない。

 Windowsには、ほとんどの人が完全には理解しないであろうルールがある。Windowsのすべての新版は、次世代ハード向けに設計されているということだ。ユーザーが2004年ごろのハードでXPをVistaにアップグレードして動作が悪いと言ったなら、それは的外れだ。程度の差はあれ、ほかのOSについても同じことが言える。確かに、Mac OSもそうだ。Mac OSはもっと密接にハードと調和するようになっている。UNIXやその亜種はそれほどでもないと思う。ハードベンダーとあまり提携していないからだ。

 世代移行期間に関して重要なポイントは、アップグレードしたマシンは、たいていはプリインストールモデルほどにはパフォーマンスがよくないということだ。PCメーカーは、少なくとも理論上は、プリインストールされたWindowsとドライバが最適に動くよう努力できる。一方、ユーザーが古いバージョンからアップグレードする場合には幾つかの課題に直面することになるだろう。システム上で実行するべきものだけでなく、実行してはいけないものも特定することになる。これを最適にやるのは難しいだろう。

 メインストリームが32ビットから64ビットへとシフトする移行期間は、Microsoftとユーザーにとって危険に満ちている。失敗の道筋はたくさんある。Microsoftは、Windows担当幹部クリス・フロレス氏のこのブログで、既にその1つを明らかにしている。基本的には、わたしが先に触れたハードの移行と同じ問題だ。自力でアップグレードしようとするユーザーは、技術的な経験やハードに関する詳しい情報を持たないかもしれない。フロレス氏はプリインストールモデルの購入を強く勧めている。PCメーカーも完ぺきではない。MicrosoftのDistinguished Engineerであるマイケル・フォーティン氏のこのブログを見てみてほしい。あるPCメーカーの次善の構成の例を挙げている。ただし、同氏のデータはシステムブート時のパフォーマンスに限られているが。

 Microsoftはサーバ向けの64ビットコンピューティングサイトを設けているが、デスクトップ向けの同様のサイトは見つからない。64ビット版のWindows XPVista向けにはそれぞれページが用意されている。

 64ビット版Windowsはほとんどの人にとってはマニア向けのぜいたく品のように見えるかもしれないが、Microsoftは64ビットに関して既にかなりの経験がある。デスクトップおよびサーバ向けWindowsには既に2つの64ビット版がある。Windowsの中核部分のほとんどと、64ビット版の大半は共通であり、64ビットWindows Serverはかなり利用されているOSであることを思い出してほしい。実際、Microsoftは既にWindows Server 2008が32ビット版を提供する最後のWindows Serverのバージョンになると発表している。メインストリームのデスクトップが64ビットに移行するときには、いろいろな点で、Windows 64はバージョン3か4になっているだろう。

 大規模な公開テストに代わるものはないと思うが、初めてというわけではないだろう。フロレス氏のブログによると、64ビットVistaシステムを使っているユーザーの数も割合も全世界で著しく増えており、米国内ではさらに大きく増えているという。

 ZDNetのエド・ボット氏はフロレス氏が挙げた数から、次のように推測している。「今年第2四半期に販売されたVista PCのうち、少なくとも20%に64ビット版がプリインストールされていた。秋までには転換点に達する可能性が高く、小売店で販売される新品PCの50%以上に64ビット版Vistaがプリインストールされているだろう」

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -