トップ10
» 2006年10月31日 20時02分 UPDATE

Biz.ID Weekly Top10:みんなが使っているブラウザはなぁに?

Webブラウザが続々とメジャーバージョンアップしているが、Web閲覧・作成を仕事とするアイティメディア内では、けっこう保守的なユーザーも多いようだ。一方で強いこだわりも持っている。

[斎藤健二,ITmedia]

 Internet Explorer 7、そしてFirefox 2.0が登場し、国産タブブラウザであるLunascapeも4にバージョンアップ。動きの少なかったブラウザ業界が変わろうとしている──。とはいえ、ブラウザは新しくなってもユーザーが乗り換えたいと思うかどうかは、また別の話。

 おそらくITリテラシが高いであろう、アイティメディア各誌の編集者数名に、現在使っているブラウザと、乗り換え意向を聞いてみた。

現在利用しているブラウザ 利用人数
IE 6 7名
Sleipnir 6名
Firefox 2.0 2名
Firefox 1.5 2名
Lunascape 1名
Opera 9 1名
BugBrowser 1名
Safari 2名

 意外に多かったのが、IEエンジンを使ったタブブラウザSleipnir。しかも「来年もしばらくは変えない。IE 7のサービス対応待ち」「来年も変えない。新しいものに慣れるのが大変」と継続利用を決めているユーザーも多数だ。

 一方で、「来年はエンジンだけでもIE 7に変える。長いものには巻かれなきゃ」「Sleipnirのままだけど、IE 7正式版が出たら入れる」といった声も。さらに、「来年はIE7に変える。たまには原点に立ち返って」と、新IEへの期待も高い。

 ロイヤリティの高さを感じたのがFirefoxユーザーだ。「基本的には変える気はない」という意見が基調をなした。一方で、Firefox 2.0に乗り換えた方からは恨み声も。「動かなくなった拡張機能(アドオン)が多い。特にTab Mix Plus」「1.0で動いていた拡張が1.5で動かなくなり、2.0でさらに動かなくなり……」「2.0にしようとして止めた」。

 「仕事で使うブラウザは、やっぱりIE」。そう答えた方が今回は最多だった。みんな基本的には様子見路線だ。「IE 7日本語版が出て、バグが少なかったら乗り換える」「来年のことは考えていない。Firefoxも併用」「機能差が明確に見えない限りIE。周囲を見回してトラブルがなくなったらIE 7にするかも」。

 そして「便利なブラウザに乗り換えたいんだけど、検証しているヒマがない──」。これが、一般的なユーザーの本音かもしれない。

 さて、「来年になったらブラウザをどうするって? 何を迷うの? 同じブラウザを使い続けるに決まってるじゃない」──そう答えたのは、編集部内唯一のOperaユーザーだった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -