ニュース
» 2007年05月18日 20時00分 公開

3分LifeHacking:ブラウザのオートコンプリート、間違った履歴だけを削除する方法

Webブラウザのオートコンプリート機能は入力の手間が省けて便利だが、間違って入力した場合も履歴に残ってしまう。正しい履歴は残し、間違った履歴だけを削除しよう。

[鷹木創,ITmedia]

 Webブラウザのオートコンプリート機能は、入力の手間が省けて便利だ。Webサイトの入力フォームだけでなく、アドレスバーや検索バーでも利用できる。

 だが、間違って入力した場合もオートコンプリートの履歴に残ってしまうことがある。例えばGmailのログイン画面で、IDに本来「Biz.ID」と入力するところ、間違って「BizID」とピリオドを抜いて入力してしまうと当然エラー画面となる。この「BizID」が履歴として残るのだ。頻繁に利用するオンラインサービスだと、間違った入力履歴を選択してしまい、アクセスのたびにイライラしてすることも少なくない。

本来「Biz.ID」と入力するところ、間違って「BizID」とピリオドを抜いて入力してしまうと当然エラーとなるが、この「BizID」が履歴として残ってしまうのだ

 こうしたオートコンプリートの履歴は、Internet Explorerであれば「ツール」−「閲覧の履歴の削除」−「フォームデータ」から削除可能だが、このやり方では正しい履歴を含めた全履歴を削除してしまう。

 オートコンプリートの履歴を個別に削除する方法は、入力フォームやアドレスバー、検索バーなどで表示された履歴の一覧から削除したいものを選択し、「Delete」キーを押すだけ。Internet Explorerのほか、Firefoxでも同じように削除できる。余計な履歴を消せば、入力効率もグッと上がるはずだ。

間違って入力した「BizID」を選択して「Delete」キーを押せば、履歴を個別に削除できる

本日のレシピ
ブラウザ 方法
Internet Explorer
Firefox
入力フォームなどで表示された履歴の一覧から削除したいものを選択し、
「Delete」キーを押す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -