ニュース
» 2007年10月01日 16時37分 UPDATE

Google Docsに対抗、MSが「Office Live Workspace」発表

MicrosoftがオンラインにWordやExcelの文書を保存、共有できる「Office Live Workspace」を発表。今後は「Live」「Online」の2つのサービスファミリーを提供していく。

[ITmedia]

 米Microsoftは9月30日、オンラインサービス戦略の次の段階を「Live」「Online」の2つのファミリーの下で進める計画について説明した。

 Microsoftは今後数カ月の間、「Live」と「Online」という2つの主要サービスファミリーの下で各種の新製品を投入する計画だ。既存の「ソフト+サービス」ソリューションを拡大し、個人と企業に、人とのやり取りや情報の利用、活動の方法について選択の自由を与えるとしている。

 「Live」サービスは、個人や企業のエンドユーザー、仮想作業グループを対象にする。エンターテインメント、コミュニケーション、プロダクティビティなどの分野をカバーし、使い勝手やシンプルさを強調する。

 「Online」は企業や組織を対象としており、データへのアクセス制御、ユーザー管理、コンプライアンス、セキュリティなどの機能を提供する。顧客は従来のような社内での実装、Microsoftパートナーによるホスティング型サービス、Microsoftデータセンター内のサービスから選択できる。

 Microsoftは併せて、幾つかの新サービスを発表した。その中の1つ「Microsoft Office Live Workspace」はMicrosoft OfficeのWebベース機能で、利用は無料。ユーザーは1000件以上のWord、PowerPoint、Excel、Outlook文書をオンラインに保管して、パスワード保護付きのオンライン作業スペースでほかのユーザーと文書を共有できる。デスクトップ版のOfficeがなくても、ブラウザから文書を閲覧してコメントを付けられる。Office Live Workspaceのβ版(英語)には誰でも登録可能。

 また中小企業向けホスティング型サービス「Microsoft Office Live」を「Microsoft Office Live Small Business」に改称。新版「Dynamics Live CRM」、次世代統合コミュニケーション機能をテストできる「Microsoft Exchange Labs」、開発者が複合型サービスを構築できる「Microsoft BizTalk Services」も発表した。

 同社はまた新たな「Online」サービスとして、5000シート以上の企業向けに「Microsoft Exchange Online」「Microsoft Office SharePoint Online」「Microsoft Office Communications Online」を立ち上げた。

関連キーワード

Microsoft | Office


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ