ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年02月16日 09時11分 公開

「Microsoft Office Live」、βテスト始まる

Microsoft Office Liveは小規模企業向けにWebデザインツールやアクセス解析ツール、ドメイン名などを提供し、オンラインビジネスの障壁を低くすることを目指す。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月15日、新しいインターネットベースのソフトサービス「Microsoft Office Live」のβ版をリリースした。

 このサービスは小規模企業向けに一連のネットベースビジネスサービスを提供し、オンラインビジネスの障壁を低くするものだとMicrosoftは発表文で述べている。

 同サービスは無料ドメイン名、Webサイト、企業用電子メールアカウントなどを提供し、広告収入で支えられる。特に社員10人以下の企業にとって魅力的だとMicrosoftは述べている。βテストでは以下の3種類のサービスが提供される。

Microsoft Office Live Basics

 広告付き無料サービスで、企業ドメイン名、企業ドメイン名を使った電子メールアカウント(5件まで、それぞれ容量2Gバイト)、ファイル容量30MバイトのWebサイト、ドラッグ&ドロップ方式のWebサイトデザインツール、アクセス解析ツール「Microsoft Office Live Site Reports」が提供される。

Microsoft Office Live Collaboration

 既にWebサイトを持っているかもしれない企業向けのサブスクリプション制サービス。Microsoftが管理・維持するネットベースのビジネス管理ツールを提供する。ユーザーは「Windows SharePoint Services」をベースにした、パスワード保護付きオンライン作業スペース(イントラネットおよびエクストラネット)を利用できる。社員、顧客、サプライヤー、その他ビジネスパートナーの協力を促進するパスワード付き共有サイトのほか、顧客管理、プロジェクト管理、社員管理などの機能を提供する。

Microsoft Office Live Essentials

 サブスクリプション制で、オンライン小規模ビジネスを確立・管理するためのリソースやツールを提供する。企業ドメイン名、企業ドメイン名を使った電子メールアカウント(50件まで、それぞれ容量2Gバイト)、ファイル容量30MバイトのWebサイト、Microsoft Office Live Basicsと同じWebデザインツール、Microsoft Office FrontPageサポート、より高度なアクセス解析、日常的な作業(顧客、プロジェクト、文書管理など)を簡略化、自動化するためのネットベースアプリケーションが提供される。

 これらサービスはMicrosoft Officeスイートのプログラムとは独立して動作するよう設計されているが、連係もするという。例えば、Office LiveサービスはWordやExcelを使っている顧客の体験を強化できるとMicrosoftは説明している。

 これらサービスはいずれもβテスト期間中は無料で利用できる。利用には登録が必要。現時点では米企業のみ利用できるが、Microsoftは年内に各国向けのβテストを計画している。

 Office Liveサービスの正式リリースは2006年後半に予定されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.