連載
» 2007年12月12日 16時32分 UPDATE

デジタルワークスタイルの視点:3つの海外ビデオブログで英語と最新ネット事情の両方を学ぶ

日本でも大きな反響を呼んだ「iPod touch」。もう手に入れたでしょうか? ビデオが見られたりしますが、意外とビデオコンテンツがなかったりします。そこで、英語と最新ネット事情を両方とも勉強できる海外のビデオブログやビデオポッドキャスティングをご紹介しましょう。

[徳力基彦,ITmedia]
st_it00.jpg iPod touch

 日本でも大きな反響を呼んだ「iPod touch」。皆さんは、もう手に入れたでしょうか? 特に、今回のiPodのリニューアルで明確な特徴が「ビデオ対応」でしょう。iPod Touchはもちろん、最新のiPod nanoでもビデオを見られるようになっており、今後も携帯音楽プレーヤーの動画対応はますます進むことになりそうです。

 そうは言っても、まだ日本のiTunes Storeでは映画やテレビドラマを購入できませんから、せっかく動画対応のプレーヤーを入手しても使い道がそれほどないという方も多いかもしれません。

 そこで今回は、動画対応の携帯プレーヤーで、英語と最新ネット事情を両方とも学べる海外のビデオブログやビデオポッドキャスティングを3つご紹介します。

英語と最新ネット事情を両方とも学べる海外コンテンツ

Webb Alert

 まだそれほど歴史が深いわけではないのですが、米国のインターネット業界を中心とした最新動向を短い時間で把握するのに最適なのが「Webb Alert」というビデオブログです。

st_it01.jpg 「Webb Alart」。iTunesからも登録できる

 ホストを務めるMorgan Webbの名字であるWebbから番組名が取られているように、基本的にはWebb本人がニュースをピックアップし、撮影を行うというスタイルで制作されている1人ニュース番組。「TechCrunch」や「Read Write Web」など有力ブログの最新記事などを元に番組を構成しているので、シリコンバレーの注目の話題をきっちり把握できます。

 とにかく番組の間中、早口でしゃべり続けるます。ヒアリングの勉強としてはちょっとレベルが高いかもしれませんが、番組時間が1本5分程度と短いことがオススメ。また、Webサイト自体に番組概要やリンクが充実しているのもポイントです。

 基本的に平日は毎日更新されるので「5分の素材を何度も聞き、聞き漏らした部分はサイトで確認する」という作業を繰り返すことで、かなり英語の勉強になると思います。もちろんIT系の情報にも強くなれるでしょう。

Scoble Show

 米国でも最も有名なブロガーの1人と言えるRobert Scobleが運営しているのが、この「Scoble Show」です。Scobleはもともと、米Microsoft社内でブログやビデオブログに取り組んでいたことでも有名で、Microsoftの退社後に入った会社で仕事として携わっているのがこのScoble Showになります。

st_it02.jpg 「Scoble Show」

 こちらはWebb Alertとは異なり、注目のネットベンチャーや企業の担当者に対して実施したScobleのインタビューを最初から最後までそのまま配信するというスタイルです。時間も10分程度のものから、長いものでは1時間に及ぶ番組もありますから、自分が興味がある企業のインタビューを選んで聞いてみるのがオススメです。

 シリコンバレーで活躍する経営者の生の声が聞ける貴重なコンテンツだと思います。

The GigaOM Show

 Webb AlertとScoble Showの中間のような位置づけの番組が「The GigaOM Show」。こちらは、米国のブロガーであるOm Malikが運営している「GigaOM」というブログのビデオ番組という位置付けです。

st_it03.jpg 「The GigaOM Show」

 GigaOMは、米国ではTechCrunchとともにビジネス的に成功したブログとして紹介されることが多い有名ブログです。そのビデオ番組であるThe GigaOM Showは、基本的に2つのパートに分かれます。冒頭でOm Malikがピックアップした注目の話題を5つ程度紹介し、その後インタビューを配信するという流れ。完成度が非常に高いのが印象的です。

 ほぼ週刊ペースで番組を配信しています。配信した番組はまだ20回足らずですが、これまで「digg」の創業者であるKevin Roseや、「Google」の検索製品担当副社長のMarissa Mayerなど大物ゲストを次々に登場させて話題になっています。

 Om Malikの英語が独特のなまりで聞き取りづらいのですが、番組時間も全部で20分〜30分程度のものが多く、週イチ程度の配信ですから、比較的負担にならずに聞けると思います。

英語と最新ネット事情を両方とも学べる海外コンテンツ
Webb Alert Morgan Webbが選別したIT系ニュースを早口でまくしたてる。1本5分程度。基本的に毎日更新
Scoble Show Robert Scobleが注目のベンチャー企業などにインタビュー。1本10分〜1時間程度
The GigaOM Show Om Malikのトーク形式番組。トピック5本を紹介し、その後インタビュー。1本20分〜30分程度。週1回程度の更新

 耳だけで英語のポッドキャスティングを聞くよりも、映像と一緒に聞いた方が表情や動作も分かるので、理解もしやすいのではないでしょうか。ビデオ再生が可能な最新のiPod nanoやiPod touchを入手された方は、ぜひ試してみて下さい。

関連キーワード

語学 | 英語学習 | iPod touch | ポッドキャスト


筆者プロフィール 徳力基彦(とくりき・もとひこ)

st_tokuriki.jpg

 NTT、ITコンサルを経て、2002年にアリエル・ネットワークに入社。情報共有ソフトウェアの企画や、コンサルティング業務に従事。2006年からは、ブログネットワークのアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)設立時からブロガーの1人として運営に参画する。2007年7月にAMNの取締役に就任。最新のネットツールや仕事術に関する複数の執筆・講演活動も行っている。

 個人でも「ワークスタイル・メモ」と「tokuriki.com」など、複数のブログを運営するなど幅広い活動を行う。著書に「デジタル・ワークスタイル」「アルファブロガー」などがある。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -