レビュー
» 2008年02月13日 20時44分 UPDATE

パソコン好きが青色申告を体験してみると?:第3回 青色申告ソフトを実際に使ってみた (1/6)

前回前々回と税金とは何か、そして税金を節約するにはどうすればいいかを紹介した。ここからは、個人事業主の青色申告に欠かせない「青色申告ソフト」を実際に使ってみる。

[奥川浩彦,ITmedia]
ks_aoiro1.jpg

 筆者は昨年、弥生の「青色申告07」を購入した。青色申告用ソフトはいくつかあるが価格に大差がなかったので、まずはシェアNo.1の製品を選択したわけだ。半面どの製品が使いやすいのかという疑問はあった。その疑問が、今回の記事を書くことになった理由だ。

  青色申告ソフトを実際に使ってみた
第1回 まずは税金ってナニ?
第2回 儲けたら節税
第3回──2 青色申告ソフトは普通のソフトと違う
第3回──3 いよいよインストール
第3回──4 やよいの青色申告08
第3回──5 みんなの青色申告9
第3回──6 やるぞ!青色申告2008

 2007年の申告ソフトの販売ランキングを「BCN AWARD2008 申告ソフト部門」で見ると、トップは弥生で42.6%、2位がインターチャネル・ホロン(以下ホロン)の24.6%、3位はソリマチで15.3%となっている。

 2月7日現在の販売状況をBCNランキング「申告ソフト」(週間データ)で見てみると、

  1. やよいの青色申告08(弥生)
  2. みんなの青色申告9(ソリマチ)
  3. やるぞ!青色申告2008(ホロン)
  4. やるぞ!確定申告2008+書籍パック(ホロン)

 となっている。ホロンは青色申告と確定申告の2製品にそれぞれ書籍パックがあり、計4製品がある。青色申告ソフトだけでみると、

  1. 「やよいの青色申告08」(弥生)──28.6%(8位の「確定申告版」を足すと32.3%)
  2. 「みんなの青色申告9」(ソリマチ)──14.5%
  3. 「やるぞ!青色申告2008」(ホロン)──8.1%
  4. 「やるぞ!青色申告2008+書籍パック」(ホロン)──5.3%(3位、4位の計13.4%)

 となり、ソリマチとホロンがわずかな差で2位争いをしている。そのほか、NTTデータ、ビズソフト、BSLシステム研究所、Mac OS対応の「Macの青色申告Ver.4」(マグレックス)などの製品が売られている。

 各社の青色申告ソフトは毎年11月末から12月初旬に最新版が発売になる。BCNランキングを発表しているBCNによると、「各ソフトは年末から売れ始め、1月でグッと増えて2月がピーク、3月までそこそこ売れる」ということだ。今回は市場シェアを考慮し「やよいの青色申告08」(弥生)、「みんなの青色申告9」(ソリマチ)、「やるぞ!青色申告2008」(ホロン)の3製品を中心に使い勝手を比較してみたい。

消費税8%時代の確定申告
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -