ニュース
» 2008年02月29日 22時55分 UPDATE

3分LifeHacking:“次世代Webメール”をキーボードショートカットで比較する

Yahoo!メールのリニューアルで、Gmail、Windows Live Hotmailといった次世代Webメールが出そろった。これら3つのサービスをショートカットで比較してみよう。

[鷹木創,ITmedia]

 先日、Yahoo!メールがリニューアルするというニュースをお伝えした。マイクロソフトの「Hotmail」が「Windows Live Hotmail」になり、Googleの「Gmail」のバージョンが上がり、今回のYahoo!メールがリニューアルと合わせて、ようやくWebメール界の“三役”が出そろったようだ。

 新しいYahoo!メールとWindows Live Hotmailは、メールソフトのようなインタフェースが特徴だ。いくつか便利なキーボードショートカットを備えているので、まずはYahoo!メールとWindows Live Hotmailを比較してみたい

機能 新Yahoo!メール Windows Live Hotmail
新着メールの確認 [M]
新着メールの確認(外部メール含む) [Shift]+[M]
受信トレイで前のメールに移動 [↑]
受信トレイで次のメールに移動 [↓]
前のフォルダに移動する [Ctrl]+[ [ ]
次のフォルダに移動する [Ctrl]+[ ] ]
下書きを保存 [Ctrl]+[Shift]+[S]
メールの送信 [Ctrl]+[Enter]
送信者に返信 [R]
全員に返信 [A]
転送 [F]
メールの削除 [Delete]
既読にする [K]
未読にする [Shift]+[K]
フラグを付ける [L]
フラグを削除する [Shift]+[L]
すべてのメールを選択 [Ctrl]+[A]
閲覧ウィンドウの表示/非表示 [V]

 こうやってみると、全体的に新しいYahoo!メールがいろいろなショートカットをそろえていることが分かる。一方、Windows Live Hotmailはメールの移動やフォルダの移動のショートカットが便利そうだ。

 高性能なWebメールといえばGmailを忘れてはならない。こちらは日本語版と英語版を比較してみよう。

機能 日本語版 英語版
メールの作成 [C]
作新規ウインドウでメールの作成 [Shift]+[C]
検索ボックスに移動 [ / ]
スレッド/メッセージを開く [Enter]/[O]
新しいスレッドに移動 [K]
古いスレッドに移動 [J]
次のメッセージに移動 [N]
前のメッセージに移動 [P]
スレッドリストに戻る [U]
アーカイブ [E]
現在のビューから移動 [Y]※[受信トレイ]では[アーカイブ]に移動。[スター付き]の場合はスターをはずし、ラベルが付いている場合はそのラベルを削除する
ミュート(その差出人からのメールを無視する。自分のアドレスが[宛先]または[Cc]欄にない限り受信箱をスキップし自動的にアーカイブされる) [M]
スレッドを自動的に選択して、プルダウン メニューからアーカイブ、ラベルの適用などの操作を選択し、スレッドに適用 [X]
メッセージ/スレッドにスター [S]
迷惑メールを報告 [ ! ]
返信 [R]
新しいウインドウで返信 [Shift]+[R]※スレッドビューのみ
全員に返信 [A]
新しいウインドウで全員に返信 [Shift]+[A]※スレッドビューのみ
転送 [F]
新しいウインドウで返信 [Shift]+[F]※スレッドビューのみ
入力欄から移動 [Esc]
下書きとして保存 [Ctrl]+[S]
メッセージを削除 [#]
既読にする [Shift]+[I]
未読に戻す [Shift]+[U]
メールをアーカイブし前のメールに戻る [ [ ]
メールをアーカイブし次のメールへ進む [ ] ]
アンドゥ(やり直し) [Z]
スレッドをアップデートする [Shift]+[N]

 意外と日本語版のGmailで使えないショートカットが存在している印象。せめて「やり直し」(アンドゥ)の[Z]ぐらいは日本語版でも使えるとウレシイのだが……。

 実は、Gmailにはこのほか、あるキーを押してから(→)ほかのキーを押すといった、キーの組み合わせで利用するショートカットも多い。

機能 日本語版 英語版
メッセージを送信 [Tab]→[Enter]
アーカイブして次に移動 [Y]→[O]
アーカイブ [G]→[A]
[スター付き]に移動 [G]→[S]
[連絡先]に移動 [G]→[C]
[下書き]に移動 [G]→[D]
[受信トレイ]に移動 [G]→[i]
すべてのメールを選択 [*]→[A]
選択をとりけし [*]→[N]
既読メールを選択 [*]→[R]
未読メールを選択 [*]→[U]
スター付きメールを選択 [*]→[S]
スターが付いていないメールを選択 [*]→[T]

 押してから、という感覚が分かりづらいかもしれないが、例えば[Y]→[O]なら、アーカイブ([Y])しておいて、次のメールをオープン([O])するという感じで、若干のタイムラグを感じながら操作しててみるといいだろう。ちなみに[G]は単独では機能を割り当てられていない。[G]を押しながらでも動作するので、[G]との組み合わせからマスターしてもいいかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -