ニュース
» 2008年06月10日 11時53分 UPDATE

3分LifeHacking:PDFのリンクをクリックした時の挙動を選択する

不用意にクリックしたリンクがPDFファイルだった時、ファイルが開くまでに待たされるイライラ感は相当なものだ。PDFファイルをクリックした時の挙動を選べるツールを紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]

 ネットを見ていて不用意にPDFをクリックしてしまい、PDFファイルを開くまでWebブラウザで何もできなくなってしまった経験を持つ人は多いだろう。そうでなくとも、急いでいる時にうっかりPDFをクリックしてしまうと、待たされている時間は非常に長く感じられる。その間ブラウザでは何の操作もできず、ただじっと待ちぼうけになってしまうわけで、時間が長く感じるのも当然だ。

 PDFをブラウザのウィンドウ内で開きたくない場合、Adobe Readerであれば[環境設定]−[インターネット]にある「PDFをブラウザに表示」のチェックを外すのが基本。こうしておけば、PDFをクリックした際に、いったんダウンロードしてからAdobe Readerで開くようになるので、ブラウザごと動かなくなってしまう事態は避けられる。

 また、Firefoxでも設定できる。具体的には[ツール]−[オプション]−[コンテンツ]タブにある[ファイルタイプ]欄の[管理]をクリック。「ファイル読み込み時の動作設定」ウィンドウが開くので、設定したファイルタイプを選び、[動作設定を変更]を押して、アプリケーションで開くかディスクに保存する設定にしておけばいい。

st_pd01.jpg ブラウザのウィンドウ内でPDFを開きたくない場合、Adobe Readerであれば[環境設定]−[インターネット]にある「PDFをブラウザに表示」のチェックを外す
st_pd00.jpg Firefoxの場合は[ツール]−[オプション]−[コンテンツ]タブにある[ファイルタイプ]欄の[管理]をクリック。「ファイル読み込み時の動作設定」ウィンドウが開くので、[動作設定を変更]を押して設定を変更しよう

 ただ、関連付けの設定などによっては、上記のチェックを外すだけではうまく動作しなかったり、不意に設定が元に戻ってしまう場合がある。設定するのもちょっと面倒だし、つねにダウンロードしてから表示するのではなく、どのように処理するか、その都度選択したい場合もある。

 Firefoxを使っているのであれば、アドオン「PDF Download」を導入しておくとよい。このアドオンを利用すると、PDFをクリックした際にダイアログが表示され、クリック後の挙動を選択できるようになる。具体的には、ダウンロードのみ実行、ダウンロードしてからPDFビューアで表示、ブラウザ上でこのまま表示、HTMLとして表示(※HTML表示は日本語PDFファイルには非対応)といった選択肢の中から、目的の動作を選べるようになる。

st_pd02.jpg Firefoxアドオン「PDF Download」のページ。このページの説明は英語だが、操作画面やメッセージは日本語化されているので安心だ
st_pd03.jpg 「PDF Download」導入後は、PDFのリンク先をクリックすると、このようなダイアログが表示される。その都度動作を選択できるので便利だ

st_pd04.jpg 「PDF Download」の設定画面。ダイアログ表示のほかにもさまざまな挙動を選択できる
st_pd05.jpg 現在のタブで開くか、新しいタブで開くかといった指定も可能

 前述のようにPDFの動作はビューア側の設定にも依存するため、本アドオンも1つ1つ試しながら設定しなくてはならず、やや煩雑な印象を否めない。ただ、インストールさえしておけば、不用意にクリックした先がPDFファイルで、開くまでの間否応なしに待たされる事態は回避できる。Firefoxユーザーは、ぜひ試してみてほしいアドオンだ。

本日のレシピ
サービス名 対応ブラウザ 提供元 利用料
PDF Download Firefox 1.5〜3.0 Denis Remondini、Nitro PDF Software 無料

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -