ニュース
» 2008年07月15日 07時00分 UPDATE

3分LifeHacking:iPhoneを快適に使うショートカット5選

iPhoneをさらに高速に、便利に使うには、ショートカットをしっかり活用すること。よく知られているものから、意外なものまで5つを紹介する。

[斎藤健二,ITmedia]

 みなさんはiPhoneを買いましたか? メディア礼賛のこの携帯電話、快適に使うにはいろいろな技を覚えておいたほうがいい。今回は、iPhoneで使える(一部はiPod touchでも使える)ショートカットを5つ紹介しよう。

5位 マイクのダブルクリックで次の曲

ks_iphoneshrt1.jpg

 iPhoneには取説らしい取扱説明書がついていない。だから、ボタンがあったらとりあえず押してみて、何が起こるか試してみるといい。さらに、ダブルクリックと長押しも試してみよう。

 iPhone付属のイヤフォンマイクの、マイク部分は押せるようになっていて、一回押せば電話を取ったり曲の再生を中断できたりする。では続けて2回押す――ダブルクリックすると、次の曲に移ることができる。

 iPod touchと違って音量を調整できる専用ボタンがついているので、音楽を聴く限りは多くの操作がタッチタイプ(?)でできてしまう。

4位 ホームのダブルクリックでiPodコントローラ

ks_iphoneshrt2.jpg

 今度は「ホーム」ボタンをダブルクリックしてみよう。すると設定した画面にジャンプできる。お勧めは、[設定]−[一般]から、ホームボタンのダブルクリックを「iPod」に、「iPodコントロール」をオンにしておくこと。

 すると、どんな画面を開いていても、ホームをダブルクリックすると楽曲のミニコントローラが立ち上がる。ここで停止再生、次の曲、前の曲などの操作ができるし、「iPod」を押すとiPod機能の現在再生している曲の画面に移動する。うれしいのはロックを解除することなく、操作画面に移行できることだ。

3位 QWERTYキーボードで、英数字から指を動かして入力すると、モードを変えずに英数字入力

 iPhone(iPod touchも)で高速に文字入力するために覚えておきたいのはモード切り替えなく文字を入力する方法。QWERTYキーボードの時に利用する。

 例えば、itmedia.co.jpと入力したい時、「.」を入力するため普通は英字モードではなく数字・記号モードに切り替える。しかし、モード切り替えボタンに指を置いて(すると画面は数字・記号モードに変わるので)、指を離さずに求めるボタン(この場合「.」だ)まで指を動かす。そして「.」がポップアップされたら指を離す。これだけだ。慣れれば高速に「.」を入力できるようになる。

2位 Safariの画像の上で長押しで画像保存

ks_iphoneshrt3.jpg

 iPhoneでは、Safariで表示している画像を保存して再利用できる。画像の上で指を置きっぱなしにすると、「画像を保存」ボタンがポップアップ。カメラロールに保存できる。

 PC側で壁紙を保存しなくても、こうすればiPhone単体で壁紙のダウンロードが可能だ。

1位 ホーム+スリープボタンで画面キャプチャ

ks_iphoneshrt4.jpg キャプチャしたiPhoneの画面は、カメラロールにこのように保存される

 現在表示している画面を撮りたかったら、画面キャプチャだ。ホームボタンを押しながら、スリープボタンをクリック。するとカメラロールにキャプチャ画面が保存される。

関連キーワード

iPhone | iPod | iPod touch | ショートカット | 便利 | iPhone 3G


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ