ニュース
» 2008年10月14日 21時41分 UPDATE

仕事耕具:PFUのビジネス向けスキャナ、10万円超の画像処理ソフト標準バンドル

PFUのイメージスキャナ「fiシリーズ」に米Kofax製画像処理ソフト「VRS(Virtual ReScan)」が標準でバンドルされることになった。バンドルモデルの価格は現行通り。なお、ScanSnapや一部fiシリーズにはバンドルしない。

[鷹木創,ITmedia]
st_vrs01.jpg

 PFUは10月14日、国内で販売するイメージスキャナ「fiシリーズ」に米Kofax製画像処理ソフトウェア「VRS(Virtual ReScan)」を標準バンドルすると発表した。バンドルモデルの価格は現行通りで、出荷は10月31日から。なお、ScanSnapや一部fiシリーズにはバンドルしない。

 バンドルするソフトウェアは、Kofaxの画像処理ソフトウェア「VRS 4.2 Professional for Workgroup / Production」(以下、VRS)。読み取った書類帳票、伝票など原稿の状態を自動認識して補正する。ゴミや汚れ、画像つぶれなども自動処理し、見にくいスキャンデータを見やすくするという。「これまでは読み取りに失敗した場合、再度読み込ませる必要があった」(PFU宮本研一経営執行役)。対応OSは、Windows Vista/XP/2000となっている。

 VRSの開発には元々PFUも関わっており、これまでもfiシリーズのオプションとして10万円〜40万円程度で提供していた。海外では2007年からVRSのバンドルモデルを販売。すでに30万台を出荷したという。

 今回、PFUとKofaxではfiシリーズとVRSの同時利用で、紙文書の電子化のスピードアップと効率化を目指す。なお、ScanSnapシリーズや、fiシリーズのfi-6750S、iScanner fi-6010N、fi-5110C、fi-5015C、fi-60Fといった低速モデルにはバンドルする予定がないという。

関連キーワード

PFU | スキャナ | ScanSnap | 標準 | 帳票 | 書類 | ゴミ | 電子化 | 失敗 | 経営 | Windows


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ