連載
» 2008年11月28日 09時00分 UPDATE

シゴトハッカーズ:カバンの中身は「複数チーム」と「少数精鋭」【チュートリアル編】

カバンの中に何を入れるか。そしてどう分類するか。対談編に続き、外出先で仕事をする人、必見の“カバンの中身の選び方”講座です。

[大橋悦夫、佐々木正悟,ITmedia]

 外出中でもオンライン環境が容易に手に入るようになり、ネット経由で必要な資料を参照できる時代になりました。その結果、ドキュメントを紙にプリントアウトして持ち歩く機会が減ってきています。のりやはさみといった紙にまつわる文具も同様です。

 代わりに増えてきたのがPCの周辺機器USBメモリをはじめ、PCカードリーダー、LANケーブル、USBケーブル、メモリーカードなど、PCがなければ役に立たないものばかりがカバンを占拠しはじめています。こうした機器は携帯に便利なように小型化されており、持ち歩く上ではたいへん便利なのですが、数が増えてくるとなかなか見つけ出せない、という問題が出てきます。

 そうなると、対話編でもご紹介したように、たくさんのツールを目的に応じて入れ物を分けてカバンに入れておくといった、探す手間と時間を減らす工夫が必要になってきます。

 そこで、筆者は試行錯誤の末に、PC周りのツールをまとめた通称「デジタルポーチ」と、それ以外の文具を中心とした「アナログポーチ」の2つに分けて持ち歩くようにしています。

ks_kaban2.jpgks_kaban3.jpg 左はアナログ系ポーチの中身。右はデジタル系ポーチの中身

 要は利用シーンごとに「ツールの詰め合わせ」を用意するわけです。

 ほかには「セミナーポーチ」があります。筆者は月に数回ほどセミナーや研修などで壇上に立つことがあり、この時に使うツールを詰め合わせたものです。

ks_kaban6.jpg セミナーポーチ

 右端から時計回りに、ワイヤレスマウス、ワイヤレスマウス受光器、タイマー、鼻炎薬です。

 ワイヤレスマウスは、PCの前にいなくてもPowerPointのスライドを切り替えたり、マウスポインタを動かしたりすることができるため、プレゼンテーションの自由度がアップします。

 タイマーは参加者にワークをやっていただく際の時間を計るために使うほか、休憩時間の終わりを知らせるためにも使用します。アラームが学校のチャイムのように機能するわけです。

 最後の鼻炎薬は、筆者の個人的な事情によるものですが、季節によって鼻が詰まることがあり、人前で話すのに不都合な場合があるため、一時的にしのぐために持っています。水なしで飲める(かんで服用する)タイプのため、緊急時でも安心です。

 セミナー前日になると、あらかじめセットしておいたリマインダーによってセミナーポーチをカバンに入れるよう指示されるので、それに従うことで、忘れ物をせずに済みます。

「複数チーム」と「少数精鋭」

 このように仕事をする上で役に立つツールを利用シーンごとに「チーム」に分けることで、使い勝手がよくなります。さらに、筆者は少しでも荷物を減らすために、新しいツールはとりあえず試すようにしています。複数のツールの間で機能が重複すれば、一方のツールは「チーム」から外し、ユニークな機能を持つツールがあれば組み入れる、と言った具合にチーム内は常に「少数精鋭」になるように心がけています。

 週に一度程度、カバンの中にあるツールをすべて出してみて、1カ月以上使っていないツールがあれば、チーム編成を変えるようにすると、機動力と利便性を高く保つことができるでしょう。

筆者:大橋悦夫

大橋
ks_ohashi.jpg

1974年、東京生まれ。ブログ「シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌」主宰。学生時代よりビジネス書を読みあさり、システム手帳の使い方やスケジュール管理の方法、情報整理のノウハウなどの仕事術を実践を通して研究。その後、ソフトウェアエンジニア、テクニカルライター、専門学校講師などを経て、現在は仕事のスピードアップ・効率アップのためのセミナーや研修を手がける。デジタルハリウッド講師。著書に『「手帳ブログ」のススメ』『スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術』『チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術』『そろそろ本気で継続力をモノにする!』『Life Hacks PRESS vol.2』『LIVE HACKS! 今を大切にして成果を5倍にする「時間畑の法則」』、近著に『成功ハックス』がある。

筆者:佐々木正悟

佐々木
ks_sasaki.jpg

心理学ジャーナリスト。専門は認知心理学。1973年北海道生まれ。1997年獨協大学卒業後、ドコモサービスに派遣社員として入社。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、2004年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。著書に、『スピードハックス』『チームハックス』のほか『ブレインハックス』『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』『やる気ハックス』などがある。「シゴタノ!−仕事を楽しくする研究日誌」にて「心理ハック」を連載中。ブログ「ライフハックス心理学」主宰。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -