ニュース
» 2009年05月21日 13時11分 UPDATE

IE 8の描画エンジンが使える「Sleipnir 2.8.5」 検索キーワード文字化けも修正

フェンリルは、Webブラウザ「Sleipnir 2.8.5」を公開し、IE 8の描画エンジンを使用してパフォーマンスを向上する「IE 8ネイティブモード」などを搭載した。

[杉本吏,Business Media 誠]

 フェンリルは5月21日、提供するWebブラウザの最新版「Sleipnir 2.8.5」を公開した。Intertnet Explorer(IE)8の描画エンジンを使用する「IE8ネイティブモード」などを搭載し、パフォーマンスを向上したという。

ts_sl1.jpg

 従来のバージョンでは、描画エンジンにIE 7と同じエンジンを採用していたが、最新版では、IE インストール時に「IE 8ネイティブモード」の選択が可能になった。画像読み込み時の同時接続数もIE 8に対応し、「Webページ表示の際のストレスを大幅に軽減する」(フェンリル)という。

 ユーザーからの要望が多かったというファビコンの自動削除機能も追加した。お気に入り登録ページや直近の10日間に表示したファビコンだけを保存し、過去に表示したファビコンのキャッシュを自動削除することで、動作が重くなることを防ぐ。新たにWindows 7 RC版の環境にも対応した。

 このほか、特定のWebサイトが見られなくなる問題に対応するためにUser Agentの書式を変更し、一部の検索キーワードが文字化けを起こす不具合なども修正した。

ts_sl2.jpg IE 8をインストールした環境で、[ツール]−[Sleipnirオプション]−[ビュー]−[Trident]−[詳細設定]メニューから、ネイティブモードの選択や同時接続数の設定が行える

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -