ニュース
» 2009年10月20日 13時31分 UPDATE

3分LifeHacking:短時間タスクに集中してGTDにつなげる「キッチンタイマー方式」

キッチンタイマーは、スパゲティのゆで時間やカレーの煮込みなどの時間を計るときに便利ですが、今回はGTDにも使える「キッチンタイマー方式」をご紹介します。

[ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]
photo

 スパゲティのゆで時間やカレーの煮込み時間に便利なグッズといえばキッチンタイマー。しかし、タイマーは仕事におけるGTDにも使えるそうなんです。こちらではこのテーマをとりあげてみたいと思います。

 「キッチンタイマー方式」とは1992年にイタリアのFrancesco Cirilloさんが確立した理論。詳しくはStaffan Noteberg著『Pomodoro Technique Illustrated: Can You Focus - Really Focus - for 25 Minutes?』で述べられているのでこちらをご参照いただくとして、概要はざっとこんな感じです。

 必要なものは、以下の3つのみ。

  • キッチンタイマー(「Focus Booster App」などのソフトウェアを活用してもOK)
  • えんぴつ

 それでは、具体的手順についてご紹介しましょう。

  • ステップ1:達成しようとするタスクを選ぶ
  • ステップ2:キッチンタイマーで25分を設定する
  • ステップ3:タイマーが鳴るまでタスクに集中する
  • ステップ4:少し休憩する(5分程度でOK)
  • ステップ5:ステップ2〜4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する

 要するに、この方法は一定の時間、単一のタスクに集中するように仕向けることで、GTDにつなげようという考え方。ライフハッカー過去記事「自称マルチタスク派は、実はマルチタスクに不向き?!」でも述べたとおり、シングルタスクは実はGTDに効率的のようですね。

 「キッチンタイマー方式」についての英文解説は、こちらのページからPDF形式でダウンロードできます。ご関心のある方はぜひどうぞ。また、タイマーを使ったGTD術については、ライフハッカー過去記事「お手軽タイマー『FocusBoosterLive』を使って仕事と休憩のメリハリを付ける」も参考にしてみましょう。

原文へのリンク

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ