ニュース
» 2010年03月12日 17時10分 UPDATE

3分LifeHacking:職場で見るにはやばそうなリンクを開くなら「Variably Safe For Work」

一日中まじめに仕事をして、気分転換に友達が教えてくれた“怪しげ”なリンクをクリック。そんな時に限って、上司に覗き見されたこと、ないですか?

[How-To Geek (訳:まいるす・ゑびす),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 職場で開くべきではなさそうな、怪しげなリンクがどこかから送られて来た場合、そのリンクをクリックするのもしないのも、勇気が必要なものです。

 一日中まじめに仕事しているにも関わらず、ほんの数秒不適切なコンテンツを見ている時に限って、ボスという生き物はそれを覗き見し、あなたの仕事ぶりを評価してしまったり。そんな時に役に立ってくれるのが、リンクを開く前にページをプレビューしてくれるWebアプリ「Variably Safe For Work」。

do_3lh100312_2.jpg

 Webサイトを開く前にテキストボックスへリンクをペーストし、プレビューボタンをクリックするとスライダーバー付きの黒い画面が表示されます。スライダーを右へゆっくりとドラッグさせるとそのサイトが安全かどうかが分かる程度にWebサイトが表示されます。

 また、疑問を感じているサイトのURLをVariably Safe For WorkのURLの後ろに追加するキーボードブックマークをカスタム作成し、サイトを開く前に毎回確認させることも可能。いずれにしても、仕事中に開けないようなリンクを送ってくる友達がいる方であれば、安全対策として使ってみるのも良いかもです。

 このツールはWebコンテンツが見えないようにカバーしてくれるだけなので、職場のログにはそのサイトへアクセスした痕跡が残ってしまうので、使用には注意が必要である、と言うことを最後に付け加えておきます。

関連キーワード

職場 | 安全対策 | Webアプリケーション


原文へのリンク

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ