ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「職場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職場」に関する情報が集まったページです。

その服装はビジネスカジュアル? スマホで撮るとAIが判定
スマートフォンで写真を撮ると、AIが職場にふさわしい服装かどうかをチェックする――そんなアプリが登場した。(2019/10/10)

ディルバート(624):
職場の音ハラ対策
仕事中の鼻歌やら独り言で“ヤバい人認定”を受けるのは、普通、音の発信者ですが、ディルバートの職場では何やら勝手が違うようで……。(2019/10/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
女性に職場で活躍してもらうために男性上司が気をつけたいこと
女性を活用することに賛成でも、現場の上に立つ人たちが方法論を持っていないのでは。(2019/10/10)

「オフィス版Yahoo! JAPAN」が10月末で終了へ 「シンプルで好きだった」と惜しむ声も
職場での利用に最適化されていた。(2019/10/3)

キャリアニュース:
転職回数が多いほど職場の満足度が低下し、離職意向が上昇傾向に
アスマークが「社員の離職要因と愛着心、思い入れ」に関する分析レポートを発表した。年齢や転職回数別に、職場の満足度や離職意向、社員タイプを調べたところ、転職回数が4回以上では満足度が低く、「受け身型」社員が多かった。(2019/10/3)

ついやってしまう失敗
新たに着任するCIOが避けるべき4つの落とし穴
CIOとして新たな職場に着任するとき、何に気を付けるべきか。これまでに多くのCIOが犯してきた4つの失敗を紹介する。これらはCIOとしてリーダーシップを発揮できるか否かの分かれ目となるだろう。(2019/10/1)

職場での仮眠にも美少女の癒やしを 働く紳士向け新グッズ「立体デスクピロー」をブロッコリーが開発
使いやすく寝心地もよさそうなうつ伏せ用枕です。(2019/9/23)

特別企画:働き方改革を加速させる新しいコミュニケーションのヒント Vol.4:
PR:イノベーションが起きるオフィスの作り方
変化の時代には、いつもと違う発想が求められるシーンも多い。でも、なかなかアイデアが浮かんでこない、という人も多いはず。そんな職場をちょっとした工夫で変えるには?(2019/9/17)

「ウェイ」は職場を救う? あるコンビニの空気を一変させた陽気なバイト学生の実話漫画に感心する声
最後にウェイは勝つ。(2019/9/8)

プレミアムコンテンツ:
「iPhone使いならMac好き」は幻想? 「Chromebook」がスマホ世代に受ける理由
スマホ世代が職場で利用するデバイスは、本当に「Mac」や「Windows」搭載PCでいいのだろうか。セキュリティ、コスト、クラウドサービスの使いやすさなどから、こうした世代に適した業務用デバイスについて考える。(2019/9/3)

ホウレンソウは、もう古い?:
効率化しすぎてギスギスした職場に「ザッソウ」が効く理由
効率化を進めすぎた結果、一緒に働く人たちに対して関心を持つことができなくなったチームはもろく弱いものです。もはやチームとはいえない、ただの集団といってもいいでしょう。(2019/10/10)

拡張労働力を高める
コボット(協働ロボット)は小売業の戦力となるか
職場でのAI技術の未来は、人間とロボットがうまく融合されるかどうかにかかっている。小売業における協働ロボット(コボット)の用途に注目してみよう。(2019/8/29)

働き方改革の”本丸”が周回遅れの実態:
「残業は美学」「暑い、暗い、狭い」 厚労省のブラックな職場環境が明らかに
厚労省若手チームが「緊急提言」を発表した。職員らの意見には「厚労省は人生の墓場」など衝撃的な声も目立った。民間企業で働き方改革が浸透する中で、周回遅れの実態が明らかに。(2019/8/27)

日本の職場でのAI採用率は6カ国中最低:
「ニーズはあるのにAI採用が日本で進まない理由」 ジェネシスが調査結果を発表
ジェネシスは、職場でのAIに関する調査結果を発表した。日本のAI採用率は調査対象国の中で最低。だが、日本の労働者は他国よりもAIが労働時間の節約や効率化に寄与すると考える割合が高かった。(2019/8/27)

新人教員のころ、理不尽な初任者指導に「いじめかと思った」 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
何も教えてもらえないなか、OJTという名目で教育現場へ。(2019/10/5)

学校の先生はいつ有給を使うのか 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
Aさん「消滅した有給がどれほどあるか……」。(2019/10/4)

“部活がやめられない教員”を作り出す職員室のヒエラルキー 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
「残念ながら、こういう人たちは『あなたから部活を取ったら、何が残るんですか』というタイプが少なくない」。(2019/10/2)

学校の先生が“規制逃れ”に手を尽くす「闇部活」の実態 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
部活の活動時間規制と“どうしても部活がしたい教員たち”のイタチごっこ。(2019/10/1)

職場とカプセルホテル同居「すぐ休める」 ファーストキャビン展開
カプセルホテル大手のファーストキャビンが、オフィスとホテルの複合施設を増やしている。社屋の空きスペースを提供した企業側も会議・研修旅行の販売や、自社社員に向けた福利厚生の充実につながると期待する。(2019/8/9)

「凪のお暇」実は似た者同士、凪と慎二の“すれ違い”を検証してみた 慎二はこのドラマの“裏主役”だ
職場の憧れ、我聞慎二(高橋一生)の行動が小学生レベルに見える。(2019/8/2)

キャリアニュース:
転職を考えたきっかけは「給料」よりも「夢」「やりがい」のなさ
技術職、専門職向けの転職サービスを展開するアスタミューゼが、「人材動向」についての調査結果を発表した。「転職を考えた理由」で最も多かったのは「今の職場に夢がない」で、「給与が上がらない」を超えて、初の1位となった。(2019/8/1)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIGで話題 「転勤廃止」企業に勤める意外な“落とし穴”とは?
AIG損保など企業の「転勤廃止」が話題。多くのサラリーマンには朗報だろう。しかし筆者は「全ての人にお勧めの職場ではない」と見る……なぜか?(2019/7/31)

キャリアニュース:
従業員のメンタル不調、原因の1位は「上司との人間関係」
Mediplatが「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査結果を発表した。従業員のメンタル不調の原因1位は「職場の人間関係」で、中でも「上司との人間関係」が最も多かった。(2019/7/18)

Googleでの抗議デモ主催者がまた退社 ニューヨーク大のAI倫理機関ディレクター専任に
Googleの職場でのハラスメントに対する抗議やAI倫理についての運動で活躍した従業員、メレディス・ウィテカー氏が同社を去り、在職中に立ち上げたニューヨーク大学のAI倫理機関AI Now Instituteのディレクター専任になる。(2019/7/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(55):
働き方改革では、心の病は防げない
「心の病による労災申請過去最多」なのだそうです。ストレスチェックや働き方改革をしているのに、なぜなのでしょう?――大切なのは「労働者の心の強さ」ではなく「職場の心理的な安全」なのかもしれません。(2019/7/17)

休みたくても休めない:
今の職場で長期休暇はどれだけ取れた? 転職活動中の人の答えは……
リクルートキャリアが転職活動者を対象に長期休暇に関するアンケート調査を実施した。転職活動者が取得できた長期休暇は「3日未満」が最多で、女性では4割を越えた。(2019/7/10)

産業医500人に聞く:
働く人のメンタル不調の原因、1位は「職場の人間関係」 管理者ができることは?
医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」などを運営するメドピアが、「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査を実施。産業医500人にメンタル不調の原因を聞いたところ、1位は「職場の人間関係」だった。(2019/7/10)

“好き嫌い評価”が特に不評:
転職希望者の8割が「会社の人事制度」に不満 どんな条件なら今の会社に残る?
あしたのチームが「転職に関する調査」を実施。転職希望者の8割以上が、今の職場の「人事評価制度」に不満を持っていることが分かった。(2019/7/9)

校内暴力があっても労災が使えない“学校の事なかれ主義” 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
生徒にケガをさせられても、校長のポケットマネーで“何も無かったことに”。(2019/8/8)

“学校のムダな仕事”がなくならないのにはワケがある 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
「常に数十人の生徒とその親たちが納得するやり方を目指さないとならない」。(2019/8/5)

正規雇用にありつけない、給与も上がらない“臨時採用教員のツラさ” 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
「どの学校にもいる」という臨時採用教員の厳しい働き方。(2019/8/1)

“どこにでもいる普通の先生”が過労死ラインを突破する根本原因とは 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
教員の部活動の負担を減らす動きが進んでいますが、「根本的な問題はそこじゃないだろ」。(2019/7/25)

中学教員「残業100時間超は当たり前。“残業代”は1〜2万円」 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
「普通の時期」でも過労死ラインを40時間オーバー。(2019/7/22)

「いるだけcc」「片思い送信」「社内システムバラバラ問題」:
PR:職場のざんねん過ぎる“情報共有の問題”は、どうすればなくなるのか?
職場で起こる情報共有の問題を描き出し、開くだけで「あるある」という悲しみを引き起こす――それが「ざんねんな情報共有ずかん」だ。こんな事態を防ぐ手だてはないのか? 専門家が明かす答えとは。(2019/7/1)

国内のテレワーク導入率、わずか1割 「生産性へのメリットは」本当か
レノボ・ジャパンの調査によると、テレワーク導入企業の職場満足度は未導入企業の約2倍で、テレワークの利用頻度と勤務環境の満足度は比例する傾向が高かった。一方、テレワーク制度の導入は全体の1割程度にとどまり、普及には課題があることも分かった。(2019/6/26)

レッドライン:
転職組は要注意! 前職場での名刺はどこまで使える?
以前勤めていた会社の顧客データを転職先に持ち出したとして、会社員の男ら3人が逮捕される事件があった。これまでに交換した名刺や携帯電話に残った顧客データを利用するのもアウトなのか。気になるボーダーラインと注意点を専門家に聞いた。(2019/6/19)

「年に120日休める」職場ってどれくらいあるの? 意外と知らない年間休日数の目安
就職、転職活動のときには頭に入れておきたいところ。(2019/7/17)

Googleでの抗議デモ主催者の1人、退社を表明「耐えがたい報復を受けた」
Googleでハラスメント対策などを求める大規模抗議デモを主催した従業員の1人が、職場で耐えがたい報復を受け続けたとして退社を表明した。(2019/6/10)

業務自動化は従業員のストレスを軽減する:
ServiceNow Japanが「業務自動化に関する国際調査」を実施 日本の回答は?
ServiceNow Japanが実施した「業務自動化に関する国際調査」によると、業務の自動化が従業員の生産性や創造性向上、ストレス軽減などをもたらすことが分かった。ただし日本では手作業に頼っている職場が多く、業務の自動化レベルが、調査した地域の中で最も低い。(2019/6/10)

防止法の意味:
上司はつらいよ パワハラ防止法の施行が与える管理職への影響
いわゆるパワハラ防止法が可決、成立しました。ハラスメント研修では、官公庁や大手から中小企業までさまざまな職場、それも管理職向けのセミナーを行っている立場から考えます。(2019/6/3)

職場には子どもが過ごせる環境がない 親の意識調査から見る「子連れ出勤」の壁
子連れの通勤電車はとても大変。(2019/5/30)

ミレニアル世代のワークスタイル
小さな会議室「ハドルルーム」人気急上昇で会議が変わる
会議文化が変わってきている。従業員が臨機応変に会議をするために、フォーマルな役員用会議室よりもハドルルーム(少人数向け会議室)を好むようになったからだ。背景には、職場の人員構成や文化の変化がある。(2019/5/30)

パワーアシストスーツ導入 アサヒ飲料工場 生産性アップへ
職場環境の改善に役立てるとともに業務の効率化を図る。(2019/5/28)

日本仮想化技術の宮原徹氏が試した:
PR:「データセンター向けで高コスパ、5年保証」のKingston SSD、職場のIT改善に使えるか
Kingstonがデータセンター向けの新SSDシリーズを発表した。5年保証が付属し、コストパフォーマンスが高いなど、職場のIT改善にも使えそうだ。この新製品を試してみた。(2019/6/6)

「冷蔵庫が汚いかどうかで、その人のデータ管理能力が分かる」と判明
カスペルスキーの調査によると、個人情報や機密データを含む文書を職場に保管している人はグローバルで72%(日本で59.2%)で、ほぼ同数の71%がアクセス権限を保証する責任は上層部やIT部門、セキュリティチームにあると回答するなど、セキュリティ意識の甘さが露呈した。(2019/5/27)

特選プレミアムコンテンツガイド
「iPhone使いならMac好き」は幻想? 「Chromebook」がスマホ世代に受ける理由
スマホ世代が職場で利用するデバイスは、本当に「Mac」や「Windows」搭載PCでいいのだろうか。セキュリティ、コスト、クラウドサービスの使いやすさなどから、こうした世代に適した業務用デバイスについて考える。(2019/5/21)

「こんな職場で働きたい」「チームワークの良さ」 浜野謙太、本田翼も巻き込んだ「ラジハ」メンバーのダンス動画が息ぴったり
ミュージカルみたい。(2019/5/19)

ディルバート(604):
うまーく嫌われるコツ
職場の苦手な人と波風立てずやっていくには、できるだけ避ける、争わない、距離を置くといったライフハックがあるようです。どうやらディルバートは、それを実現する“完璧な方法”を考え出したようで……。(2019/5/16)

「納豆菌が強すぎて、納豆厳禁の職場がある」「宇宙空間でも死なない」 ネットに広がる“納豆菌最強伝説”はどこまで本当?【漫画版】
信じがたい話ばかりだけど……?(2019/4/30)

デジタルで「感情」は伝わりにくい:
PR:社内チャット、こんな使い方はNG! 職場コミュニケーションツールに潜む落とし穴とは
チャットや予定共有サービス、Web電話など職場に浸透しているIT系のコミュニケーションツール。その使い方の意外な落とし穴とコツを探った。(2019/4/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。