ニュース
» 2011年11月16日 20時18分 UPDATE

アイデア創出も支援:プロジェクト管理にマインドマップを――「MindManager」新製品発表会

マインドジェットは、マインドマップ作成ソフトの最新版「MindManager 2012 Professional for Windows」の日本語版を発表。情報整理ツール以外に、プロジェクト管理ソフトとしての色合いが濃くなった。

[池田憲弘,ITmedia]

アイデア整理だけではなく、創出も支援

photo MindManager 2012 Professional for Windows

 米Mindjetは11月16日、マインドマップ作成ソフトウェア「MindManager」の最新版となる「MindManager 2012 Professional for Windows」日本語版を発表した。2011年12月1日に発売する。価格は1ライセンスあたり4万8298円(税込み、以下同)。アップグレード版(1万8375円)も用意する。

 新製品では、アイデアの創出を促進するブレインストーミング機能を強化した。解決するべき課題のテンプレートを多数用意するほか、課題に対する新しい切り口を提示して、アイデアの発想を促すアイデアカード機能など、ブレインストーミングをスムーズに行うための機能を実装した。

photophoto 仕様を大きく変えたブレーンストーミング機能。“ありがち”な課題のテンプレートを多数用意する

 ほかのソフトウェアとの連携にも注力している。マイクロソフトのグループウェア「SharePoint」と連携し、SharePoint内に保存したデータをマインドマップ内に表示でき、マインドマップ内からSharePointのページに直接アクセスできるようになった。Excelとの連携機能も実装し、MindManagerで作成したデータをExcelのスプレッドシートにエクスポートできる。

 データ作成を支援するテンプレートの種類も増加した。マインドマップのテンプレートは、標準テンプレートの37種類に加え、19種類のテンプレートをWebページから無料でダウンロードでき、合計56種類となった。また、このバージョンからSWOT分析やリスク分析などに使用するマトリクス分析のテンプレートも提供する。図の中にマインドマップの各要素を自由に配置するだけで、分類やマッピングが行える。

 このほか、マインドマップの各要素に複数のハイパーリンクを付加できる機能や、各要素に付加したマーカーから要素を検索する「マーカーインデックス」機能、初心者用ガイド機能の強化など、ユーザー支援機能の強化も施した。

photophotophoto データ作成を支援するテンプレートのバリエーションは豊富だ(写真=左)。このバージョンからマトリクス分析のテンプレートを提供する(写真=中央)。各要素に付加したマーカーから要素を検索するマーカーインデックス機能(写真=右)

プロジェクト進行を円滑に

photo 同社アジアパシフィック・ラテンアメリカ ゼネラルマネジャーのキャメロン・アクバリー氏

 製品発表会では、同社アジアパシフィック・ラテンアメリカ ゼネラルマネジャーのキャメロン・アクバリー氏がMindManagerの展望について語った。

 マインドマップは人のアイデアや考えを整理し、視覚的に表現するツールだが、同社は今後“コラボレーション”に注力した機能や新製品をリリースしていくという。同社はこのコンセプトを“Collaborative Work Management”と名付けた。これは「複数の人間やチームが一体となって問題解決や目標に取り組むための環境を整えること」(キャメロン氏)なのだという。

photophoto 現在、MindManagerは全世界で200万人以上(日本は約2万人)のユーザーがいるとキャメロン氏はアピールした(写真=左)。製品のデモを行った、同社チーフエバンジェリストの渡邊安夫氏(写真=右)

 キャメロン氏は「今日、我々が直面している問題として『情報過多』がある。情報が多すぎて、一つ一つの情報を吟味したり、深く考える時間を取れないのが現状だ。多くのプロジェクトでありがちな、コミュニケーションが上手くいかない、明確な指示が行えないといった問題は、情報を整理できていないことが原因」と述べ、情報の整理や共有に向くマインドマップは、プロジェクトの管理に役立つと強調した。

 ビジネスソフトウェア市場におけるMindManagerのポジションについて、キャメロン氏は「オンラインストレージ、プロジェクト管理、情報共有など、プロジェクトの進行を助けるアプリケーションやWebサービスは数多くあるが、それらを補完して一括で管理できるようなポジションを目指している」と述べた。

photophoto Collaborative Work Managementを実現するために必要な4つの要素(写真=左)。プロジェクトの進行を助けるアプリケーションやWebサービスを補完するソフトウェアになれれば、とキャメロン氏は語った(写真=右)
photophoto マインドマップのユーザーにアンケートをとったところ、仕事の効率が上がっているという結果が出たという(写真=左)。約3割の人が、PCだけではなくスマートフォンやタブレットでも、マインドマップアプリを使用している(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ