ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイデア(発想)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイデア(発想)」に関する情報が集まったページです。

シンプルだけど画期的かも 14歳の少女が考案したクルマの意外な死角を解消する方法がすごい
ウェブカメラとプロジェクターを組み合わせた発想。(2019/11/15)

うごメモと現実がリンクした!? 3DSを振ると画面内の棒人間がえらい目に遭う技ありアニメ
アイデアと演技力のたまもの。(2019/11/6)

PR:「近所のかわいい猫を宇宙衛星で探す」 ネットの力で実現できるかもしれないシステムの動画が壮大すぎる
ユニークでちょっと楽しいアイデアを描いたショートムービー。(2019/10/28)

「プラモ作るのが面倒になった」 斜め上の発想で作られたガンプラの「ジム」が衝撃的なかっこ良さ!
これはやりたくなる。(2019/10/27)

「おじさんハンコ」〜なぜ北海道の女性に大人気なのか?
「おじさんがカワイイ」という発想からスタート。(2019/10/26)

デザインの力:
NTTドコモがプロダクトデザインにこだわる理由
NTTドコモは2019年10月18〜27日の期間、東京ミッドタウン ガレリア 地下1階のアトリウムで「ドコモとデザイン」をテーマに、プロダクトデザインに対する同社の姿勢や思いを伝える展示イベントを開催。未公開のアイデアスケッチや貴重なプロトタイプの数々を見ることができる。(2019/10/23)

ディルバート(625):
とにかく自由な予算会議
会議では、ときに斬新なアイデアが歓迎されますが、その斜め上を行くウォーリー流ブレインストーミングの効果って……?(2019/10/17)

アイデアの勝利 鍵型USBメモリーを「悪の組織から狙われている最重要アイテム風にするケース」が素晴らしき中二感
一気にキーアイテムになる中二デザイン。(2019/10/6)

「DATA FOREST構想」の最新状況:
例:タピオカの次のビジネスチャンスは?――ヤフーの新データサービスで分かることを無料体験ラボで試す
検索データは商品開発のアイデアの宝庫だ。ヤフーの「DATA FOREST構想」から間もなく生まれる新サービスをいち早く体験してみた。(2019/10/3)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
AIは天才的なアイデアを生み出せるか、生物の進化に見つかったアイデアの源泉
天才のように創造的なアイデアを、AIで生み出す方法はないものか。そのヒントとして注目されるのが「進化思考」だ。生物が進化するメカニズムを参考にして、発想の飛躍・昇華を図るアプローチが、AIの進化も促進するという。(2019/10/3)

特別企画:働き方改革を加速させる新しいコミュニケーションのヒント Vol.4:
PR:イノベーションが起きるオフィスの作り方
変化の時代には、いつもと違う発想が求められるシーンも多い。でも、なかなかアイデアが浮かんでこない、という人も多いはず。そんな職場をちょっとした工夫で変えるには?(2019/9/17)

「記憶」や「感情」を備えたAIが広がる? 「AIお姉さん」クーガーの次の一手
ゲーム分野では、シナリオのアイデアで『生きている感じ』を出すテクニックが古くからあった。これまで職人芸だったがコンピュータ資源の進歩で開発が変わってきている。クーガーのバーチャルヒューマンは「記憶」や「感情」に相当する機能を備え、それを活用した対話シナリオを作成できるSDKを公開した。(2019/9/17)

TGS2019:
ラーメンの「湯切り」をゲームにするという悪魔の発想 神奈川工科大「湯切の頂」で決めろ天空落とし!
また神奈川工科大か!(2019/9/15)

データ活用によるオープンイノベーションでビジネス価値創出を支援――「丸の内データコンソーシアム」が設立
三菱地所と富士通は、業種を超えたデータ活用で新たな価値や新事業の創出を目指す「丸の内データコンソーシアム」を設立。参画する企業や組織が、アイデア創出からフィールド検証まで一貫して取り組めるように多角的に支援する。(2019/9/13)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
旅行のVR体験や遠隔操作の案内ロボ、JALの矢継ぎ早なイノベーションの原動力は
2018年に開設した「JALイノベーションラボ」は、旅行をVR技術で疑似体験できるシステムや、熟練案内スタッフの遠隔操作ロボットなど、さまざまなアイデアを形にしてきた。日本航空の取り組みから、イノベーション推進のヒントを探る。(2019/9/13)

PR:「RPAに興味はあるが踏み切れない」というジレンマに「逆転の発想」で風穴を開ける方法
「労働生産性の向上」が叫ばれる昨今、ソフトウェアによって人間の業務を代行する「RPAソリューション」への関心が高まっている。その一方で、下準備やコスト面などの問題から「関心はあるものの導入に向けた動きがなかなか進まない」という課題を抱えている企業も多い。ミツイワのデスクトップ業務自動化ツール「My Automation!」は、そうしたジレンマを抱えた企業にとっての「突破口」となる可能性を秘めている。(2019/9/24)

特別企画:働き方改革を加速させる新しいコミュニケーションのヒント Vol.3:
PR:いつも「会議室が埋まっている」問題、解決策は
急ぎでアイデアをまとめたいのに、また会議室が埋まっている――。そんな「会議室取れない問題」の解決策とは。(2019/9/10)

「ホウレンソウ」は、もう古い? 結果を出すチームの習慣「ザッソウ」とは
「会話する時間もなくて、チームがギスギスしてきた」「成果ばかり気になって、助け合いができなくなった」「アイデアが出なくなり、新しいことに挑戦していない」――。こんな時こそ「ザッソウ」の出番!(2019/10/3)

シヤチハタ、「迷惑行為防止スタンプ」を試験販売 特殊インクの証拠マークを押せるハンコで痴漢の抑止力に
アイデアは5月ごろにTwitterユーザーの議論で生まれ、メーカーへ要望されていました。(2019/8/26)

インターネット老人会大歓喜! 歴代のネット流行語をLINEスタンプにするアイデアが「クオリティタカスw」
懐かしすぎワロタwww(2019/8/26)

「ルーレット作った!!!」→予想外すぎる動きにツッコミ殺到 「その発想はなかった」「1人で爆笑してる」
ルーレットってなんだっけ。(2019/8/11)

太陽光:
蓄電池を使わず太陽光の電力を“預けて”活用、東電が卒FIT向け新プラン
東京電力エナジーパートナーが卒FITを迎える住宅太陽光発電ユーザー向けの新サービス「再エネおあずかりプラン」の詳細を公表。蓄電池を設置せずに太陽光発電の余剰電力を活用でき、電気代を節約できるというユニークなアイデアのサービスだ。(2019/8/7)

「ライバルはスマホ」進化する電車の中づり広告
電車の中で目にする中づり広告。最近は奇抜な形をしていたり、触ってもらうことを前提として作られたりと、ユニークなものが次々と登場している。多くの乗客らの視線が常にスマートフォンに向けられていることが一因のようだ。「かつてほど、乗客に見てもらえない」との嘆きから、目線を上げてもらうために生み出されたアイデアの数々。中づりはどこまで進化するのか。(2019/8/7)

「万物をミニチュアに見せる方法」が発想の勝利 巨大な1円玉を置いて周囲を小さく見せる豪快な策
アイデアもいいけど、まず実行に移す勇気がすごい。(2019/8/6)

「うんこは誰もが知っているIP(知的財産)」 うんこがテーマのエンタメ施設「うんこミュージアム」はなぜ生まれたか
「うんこ」をテーマにした施設というアイデアはどこから来たのか。(2019/8/3)

子ども向け学習グッズがオタグッズを飾る祭壇に! オタバレが怖い人でも隠せるアイデアに「天才」「即買い」の声
推しキャラごとの祭壇も作りやすい。(2019/8/5)

米国とメキシコ、国境を隔てる壁をまたぐシーソーに「素晴らしいアイデア」と称賛
国境を挟んでシーソーで遊ぶ人たちが楽しそう。(2019/8/1)

蓮の葉に「スライムが あらわれた!」 シンプルなアイデアから誕生したキャラクターに人気集まる
思った以上にかわいい!(2019/7/29)

お家で何度でもフジロックを……! 音楽フェスに行った気になれる「どこでもフジロック」が天才の発想
考えるな、感じろ。(2019/7/29)

イケメンなのに怖い レベルファイブ「オトメ勇者」公式の「抱きしめスピーカー」が斜め上の発想
でもさすがイケメン、良い腕してる。(2019/7/29)

雲の写真にモフモフの動物をラクガキ 空の旅の暇つぶしに思いついたアイデアが秀逸
考案者はラクガキ用の素材写真も公開しているので、誰でもマネできます。(2019/7/28)

なぜ身売り? 老舗飲食店の損得勘定
後継者難に悩む飲食店が、経営を大手企業に託すケースが相次いでいる。経営危機の末の身売りとは異なり、事業拡大に向けて飲食チェーンとのM&A(企業の合併・買収)に踏み切る老舗店も現れた。大手企業の資金をもとに、「のれん」のブランド力を生かす発想だ。(2019/7/24)

ご先祖様もさすがにむせそうな完成度……! 「ボトムズ」の精霊馬が驚きの発想とかっこよさ
精霊馬職人の本気を見た。(2019/7/15)

IKEAの鍋蓋スタンドがキンブレスタンドに! キンブレを「見せる収納」できるアイデアが発想の勝利
キンブレどんどん増えてきますよね。(2019/7/12)

米ファストフード店、お肉で作った野菜「肉ニンジン」を生み出す “野菜”摂取量を増やすナナメ上のアイデア
あまり野菜を食べられないなら肉を野菜にすればいいじゃない!(2019/7/8)

これからのAIの話をしよう(ブレスト編):
“アイデア出しまくるAI”を開発、博報堂が考える「創造力の限界突破」
AIは「創造力」を持っているのか。人間のクリエイティブな領域を支援する“ブレストAI”の開発担当者に聞いた。(2019/7/5)

「発想が素晴らしい」「理解できない」 渡辺直美×シュウ ウエムラの身体を使った“広告ビジュアル”にさまざまな声
印象的ではある。(2019/7/4)

イノベーションのレシピ:
子供と楽しく仕上げ磨きできる歯ブラシ、京セラ&ライオン+ソニーが9カ月で開発
京セラ、ライオン、ソニーは、子供向け仕上げ磨き専用歯ブラシ「Possi」を開発したと発表した。ソニーのスタートアップ創出支援プログラム「SSAP」に参加した京セラ発のアイデアを実現するためライオンが賛同して実現。大手企業3社が関わるものの約9カ月で製品化にこぎつけた。(2019/7/4)

フリーダムすぎる IKEAのソファ配置ツールを使ったクリエイティブ大喜利が勃発
マイクラのような発想力。(2019/6/30)

スーパーマーケットに給食献立表が! 「今晩はカレーよ」「給食もカレーだったのに!?」を解決するアイデアに称賛の声
メニューを考える資料としても。(2019/6/27)

使うとだんだん雪化粧の富士山になる新発想の消しゴムが登場 消しゴムかけが楽しくなりそう
普段消しゴム使わないけど買いたくなってしまった。(2019/6/27)

「すごい発明」「その手があったか!」 娘さんが開発した「自動お掃除ロボット」が天才だと話題に
子どもの発想力ってホントすごい。(2019/6/25)

2020クラボウグループ繊維展(後編):
スマートTシャツによる暑熱対策、クラボウが取り組む「コト」売りビジネス
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。後編は、「モノ」から「コト」へのサービスビジネス化を実現するシャツ型スマート衣料「Smartfit for work」を紹介する。(2019/6/24)

「こっそりタピオカを飲むザク」がジオン脅威のメカニズム 「かわいい」「じわる」「この発想はなかった」
時代が変わったようだな。(2019/6/21)

被災したとき用のLINE向け「無事です」アイコンに注目集まる 大事なスマホの電池を節約するアイデア
地震以外で停電した際などにも使えます。(2019/6/19)

お礼の原資は会社負担:
社員同士でボーナスを贈り合う「第3の給与」 ユニークな発想がもたらした意外な効能とは?
SNSの「いいね」のように、社員同士が気軽に報酬を贈り合う新しい試みは、社内コミュニケーションの活性化だけでなく、人事の課題を解決する意外な効用をもたらした。(2019/6/17)

2020クラボウグループ繊維展(前編):
工場で作らないのが理想? クラボウが描くスマートファクトリーの将来像
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。前編では同社のスマートファクトリーへの取り組みを紹介する。(2019/6/14)

変な形の大根がかわいく変身! 形の悪さで廃棄になってしまう野菜の売り方がナイスアイデア
廃棄を減らして笑顔にもなるステキな発想です。(2019/6/8)

東映アニメーションがアニメ企画を初の一般公募 大賞賞金100万円、お題には「一休さん」のリメイクも
アニメや映像製作の経験がなくても、アイデアさえあれば応募できます。(2019/6/6)

「通勤ラッシュの自由席」をメルカリで転売、まさかの発想に疑問の声 広報「禁止された出品物に当たる」
指定した時間・車両の席に座っておいて、メルカリの購入画面を見せてくれた人に譲る……アイデアは斬新だけど、許されるの?(2019/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。