ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイデア(発想)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイデア(発想)」に関する情報が集まったページです。

「すごい発明」「その手があったか!」 娘さんが開発した「自動お掃除ロボット」が天才だと話題に
子どもの発想力ってホントすごい。(2019/6/25)

2020クラボウグループ繊維展(後編):
スマートTシャツによる暑熱対策、クラボウが取り組む「コト」売りビジネス
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。後編は、「モノ」から「コト」へのサービスビジネス化を実現するシャツ型スマート衣料「Smartfit for work」を紹介する。(2019/6/24)

「こっそりタピオカを飲むザク」がジオン脅威のメカニズム 「かわいい」「じわる」「この発想はなかった」
時代が変わったようだな。(2019/6/21)

被災したとき用のLINE向け「無事です」アイコンに注目集まる 大事なスマホの電池を節約するアイデア
地震以外で停電した際などにも使えます。(2019/6/19)

お礼の原資は会社負担:
社員同士でボーナスを贈り合う「第3の給与」 ユニークな発想がもたらした意外な効能とは?
SNSの「いいね」のように、社員同士が気軽に報酬を贈り合う新しい試みは、社内コミュニケーションの活性化だけでなく、人事の課題を解決する意外な効用をもたらした。(2019/6/17)

2020クラボウグループ繊維展(前編):
工場で作らないのが理想? クラボウが描くスマートファクトリーの将来像
クラボウは2019年5月28〜29日、都内で開発商品や新たな取り組みを提案する「2020クラボウグループ繊維展」を開催。「ヒューマン・フレンドリー発想 〜人にやさしく、地球にやさしく〜」をテーマとし、新規開発素材や新規サービスなどを出展した。前編では同社のスマートファクトリーへの取り組みを紹介する。(2019/6/14)

変な形の大根がかわいく変身! 形の悪さで廃棄になってしまう野菜の売り方がナイスアイデア
廃棄を減らして笑顔にもなるステキな発想です。(2019/6/8)

東映アニメーションがアニメ企画を初の一般公募 大賞賞金100万円、お題には「一休さん」のリメイクも
アニメや映像製作の経験がなくても、アイデアさえあれば応募できます。(2019/6/6)

「通勤ラッシュの自由席」をメルカリで転売、まさかの発想に疑問の声 広報「禁止された出品物に当たる」
指定した時間・車両の席に座っておいて、メルカリの購入画面を見せてくれた人に譲る……アイデアは斬新だけど、許されるの?(2019/6/6)

掲載製品やアイデアの市場ニーズをオフラインで効果的に検証:
CAMPFIREがクラウドファンディングのオムニチャネル化に向けてABEJAと業務提携
クラウドファンディングに掲載された製品やアイデアについて「実際に試したい」「作り手とコミュニケーションを取りたい」というニーズに応える場を提供する。(2019/6/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラModel 3をどう評価すべきか?
テスラは既存の自動車産業をおとしめ、フェアでない批判を繰り返してきた。ただしコロンブスの卵的発想でプレミアムEV市場を作り出し、EVのイメージを変えた功績は認めざるを得ない。そのテスラの正念場がModel 3だ。プレミアムEVメーカーから脱却し、量産EVメーカーになれるかどうかはModel 3の成否にかかっている。(2019/6/3)

傷が増えるほど個性的になるカッティングマットがナイスアイデア サンスター文具「文房具アイデアコンテスト」結果発表
全部ほしい。(2019/5/28)

オセロを紙とペンだけで遊ぶアイデアが賢い 黒vs白を奇数vs偶数に置き換えて勝負
裏返るときに消して書き直す必要がなく、書き足すだけで済むのがいい。(2019/5/27)

「素敵な発想!」「めっちゃ楽しみ」 大島優子、秋元才加、宮澤佐江の“心友トリオ”が「スキューバーダイビング同好会」を結成
あわせて専用のInstagramアカウントも開設しています。(2019/5/12)

FAメルマガ 編集後記:
期待高まる金属3Dプリンタの本格導入、意識の壁を超えられるか
柔軟な発想が突破口を開くカギになると考えます。(2019/5/10)

オセロとテトリスを組み合わせたゲームが令和初日に誕生 「天才の発想」「感動した」「オチに笑った」の声集まる
テトリス要素があるだけにオチが秀逸。(2019/5/5)

「発想が天才のソレ」「気持ちわりぃw」 もし“人間がカメと同じ骨格だったら”を描くイラストがなかなかヤバい
これがカメ人間か。(2019/4/27)

「たんざく書いたらなー、なんとねがいがかなうやんか!」今から七夕を楽しみにしている小3女子の“願い事”がすごいロングパス 子ども独自の発想が面白かわいい
果たしてサンタに届くのか……?!(2019/4/23)

「発想の転換がすごい」 スライドさせて印刷するプリンタ、ネットで大反響 苦節5年、開発の舞台裏
紙の上でスライドさせると、文字や画像などを印刷できる――そんな手のひらサイズのプリンタ「RICOH Handy Printer」が登場。ネット上では「プリンタに用紙を投入して印刷する」のではなく「プリンタ本体を動かして印刷する」という発想の転換が話題に。開発の舞台裏を聞いた。(2019/4/17)

倉庫の積み荷を制振装置の“おもり”に、鹿島が考案した新発想の制震構法
鹿島建設は、2011年の東日本大震災以降に急増した自動ラック倉庫の事業継続(BCP)ニーズに応える目的で、積荷自体をおもりが揺れることによって建物の振動を抑制する制震装置「TMD(Tuned Mass Damper)」の“おもり”として利用する制震構法「Container Damper System(CDS)」を開発した。(2019/4/11)

「アイデアは質より数だよ兄貴」が正解らしい 結果的に良いアイデアが出てくるという研究結果
「そんなのアイデアしか出せないのか」と怒るような上司がいる場はダメだろうなという話です。(2019/4/10)

飛び出す絵本というより「飛び込む絵本」 『赤ずきん』のおばあさんが本の中で奮戦する動画が天才的アイデア
絵本に吸い込まれたような感覚を味わえます。(2019/4/8)

ハノーバーメッセ2019:
欲しいのは燃料でも電気でもない、ビジネスアイデアを求めるフォルクスワーゲン
ドイツのVolkswagen(フォルクスワーゲン)は、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、電動化と自動運転機能を車台内に収納し、上部にさまざまな機能を持つ車体を搭載することでさまざまなビジネス創出が可能な「PODs」を初披露した。(2019/4/8)

読書中に「ここで一旦CMです」 「CMをはさむしおり」、商品化計画始動
文章入りのしおりを本にはさむと、物語にCMが挿入されたように見える、Twitterで話題のアイデア。(2019/4/3)

シェアオフィス新設やまず 大企業・ベンチャーの連携促進
産業界では大企業の経営資源などとベンチャーの事業アイデアを組み合わせ、ビジネスを生み出すオープンイノベーションの動きが活発化している。こうした活動の拠点としてシェアオフィスが注目されているため、今後も広がりを見せそうだ。(2019/4/2)

俺たちの情シス“スペシャル3”レポート:
マジでしんどい「クラウド時代のカオスなネットワーク」に立ち向かう俺たち情シスに武器はあるのか?
ITmediaエンタープライズでは、2019年2月27日に「俺たちの情シス スペシャル3」を開催しました。今回のテーマは「クラウド時代に安定したネットワークを構築する方法」。ライトニングトークには、各社の情シス担当者が、速くて安定した企業ネットワークを確保するためのアイデアや実践例を持ち寄りました。(2019/3/29)

ノザキのコンビーフ入り「セガのたい焼き」誕生 行動力の権化となったセガTwitter担当者が生んだ苦心の作
きっかけはTwitterでの両社のやり取り。アイデアを1週間足らずで形にするスピード感がものすごい。(2019/3/28)

ページを拡大すると文章がより詳細に書き足される技術 興味深い部分だけくわしく読めるアイデアが注目集める
縮小状態では要点だけで、拡大して初めて詳細が表示される仕組み。説明書や規約にあるような、複雑な文に応用されたら面白そうです。(2019/3/26)

単なるバズワードではない
「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力
「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。(2019/3/24)

変形性腰椎症の赤西仁、新曲ジャケ写に患部のMRI画像 才気あふれるチョイスに「センスの塊」「ウイットに富みすぎ」の声
逆転の発想。(2019/3/14)

イノベーター列伝:
町工場を救え! 遊休設備のシェアリングという新発想――シェアリングファクトリー長谷川 祐貴氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/3/14)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
10nmで苦戦するIntel、問題はCo配線とRuバリアメタルか ―― 電子版2019年3月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版 2019年3月号を発行致しました。今回のCover Storyでは、立ち上げが遅れているIntelの10nmプロセスの原因を探る「10nmで苦戦するIntel、問題はCo配線とRuバリアメタルか」です。その他、注目を集める「RISC-V」に関する記事やハンダを抜くためのアイデア工具を紹介する記事などを掲載しています。電子版は【無料】でダウンロードできますので、ぜひご覧ください。(2019/3/14)

実現が本格化:
EV用ワイヤレス給電、なぜ10年にわたり“標準化争い”が続いたのか?
電気自動車(EV)用のワイヤレス給電は、長年2社間で、国際規格標準化をめぐり激しい争いを続けてきた。しかし、この2月、米ベンチャー企業、ワイトリシティが、米半導体大手クアルコムのEV向けワイヤレス給電事業「クアルコム・ハロ」を買収することで決着した。これによって、EV向けワイヤレス給電の実現が本格化すると思われる。ワイヤレス給電は約10年前から提案されてきたアイデアであるが、なぜ10年もの長きにわたり標準化争いが続いてきたのであろうか。筆者も過去にワイヤレス給電に携わった経験があり、考えを述べてみたい。(日本電動化研究所 代表取締役・和田憲一郎)(2019/3/12)

夢のようなパントマイムショー! ポケモンのバリヤードと一緒に壁をつくる発想に「最高」「素晴らしい」の声
面白さと感動のつまった共演パフォーマンスです。(2019/3/11)

その発想はなかった カズレーザー、10年ぶりに書き初めした結果“文字化け”してしまう
天才のそれ。(2019/3/10)

Gartner Insights Pickup(99):
デジタルトランスフォーメーションのための「カルチャーハック」、10のアイデア
デジタルトランスフォーメーションは、語るのは簡単だが、実践するのは難しい。具体的ですぐに効果が表れる(可能性の高い)10の取り組みを紹介する。(2019/3/8)

天才的発想……! 寝転がっていると子供が勝手にマッサージしてくれるTシャツに「人類の進歩」と称賛の声
「かたみぎ」駅に急行電車が参ります。(2019/3/5)

IoTのイノベーションは問題解決から(8):
「応用型演繹法」で広がるアイデア、見つかる最適な解決策
今回は分類されたグループごとに「そうならないようにするには、どうすればよいか?」を見つける手法をご紹介します。(2019/3/4)

「渋いチョイス」「愛情が半端ない」 益若つばさ、絶妙な「ドラゴンボール」キャラ弁に息子から意外なツッコミ
ノリでポポを再現するアイデアがすごい。(2019/3/4)

廃タイヤがネコやワンコのかわいいベッドに大変身! 環境にも優しいアイデアが世界で話題
世界に1つだけのマイベッド。(2019/3/4)

アスラテック/浜野製作所:
“トングの延長”という発想から生まれた遠隔作業装置「三軸トング」
アスラテックと浜野製作所は、遠隔作業装置「三軸トング」を共同開発した。力覚をフィードバックするマスタースレーブシステムにより、手の届かない場所での多彩な作業を実現するという。(2019/3/1)

製造マネジメントニュース:
経産省、技術力や事業構想に優れる中小企業を海外派遣
経済産業省は、高い技術力や優れた事業アイデアを持つ日本の有望な中堅、中小、ベンチャー企業を選出し、海外へ派遣する「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム」の参加企業29社を決定した。(2019/2/21)

ディルバート(593):
“スマホ断ち”の副作用
集中したいときや、アイデアを練りたいときは、スマホやPCなどを断つ“デジタルデトックス”が良いとされていますが、“効き目”はあくまで人それぞれのようで……。(2019/2/21)

SOLIDWORKS World 2019:
EV普及の起爆剤となるか!? SparkChargeのポータブル高速充電ユニット
EV(電気自動車)の普及を妨げる走行距離や充電インフラ整備、充電スピードといった問題を、ユニークなプロダクトとアイデアで解決しようと立ち上がったのが、米国のスタートアップ企業SparkCharge(スパークチャージ)だ。SparkChargeが開発するポータブル高速充電ユニットの魅力、その可能性について紹介する。(2019/2/19)

バンナム、アソビのアイデアを募集するプラットフォーム「ASOBIZA」をリリース 採用企画をクラウドファンディングなどで実現
企画を投稿できるプラットフォーム。(2019/2/16)

レシートには「シュツドヒン」 一目ぼれして買った「古墳のふせん」の明細が注目集める
店員さんのナイスアイデアが7万“いいね”を集めました。(2019/2/16)

平成最後の“カオスMV”爆誕 アパ社長、青山テルマ、アントニオ猪木らのダンスユニットという悪魔的発想
大変なことになっています。(2019/2/15)

とんでもねぇもん見ちまったぜ トヨタ「MR2」をキムワイプ風にカスタムした痛車が発見される
その発想と行動に敬意を表したい。(2019/2/14)

100均アイテムで思い出が残せる! 着られなくなった子ども服を“くるみボタン”にするアイデアがお見事
すぐ100均行こう。(2019/2/10)

IoTのイノベーションは問題解決から(7):
IoT活用のための「帰納法」実践はアイデア探しの第一歩
今回は、「深堀り」によって出てきた原因をグループに分け、IoTを含むソリューションを生み出しやすくするための方法についてお話したいと思います。(2019/2/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。