ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブレインストーミング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブレインストーミング」に関する情報が集まったページです。

Googleの「Gemini 1.5 Pro」採用メモアプリ「NotebookLM」、日本でも利用可能に
Googleは、昨年7月に米国でリリースしたAI活用メモアプリ「NotebookLM」を日本を含む200カ国で公開した。ユーザーが指定したソースのみをグラウンディングに使うので、「ピザに接着剤」のような問題は発生しなそうだ。(2024/6/7)

業務効率を左右するものとは
Teams、Slackでは解消できない「駄目なテレワーク」の“5大要因”
テレワークではコラボレーションツールの活用が欠かせない。しかしコラボレーションツールを導入するだけではさまざまな問題が発生する可能性がある。その5大要因とは。(2024/5/24)

Google検索にも生成AIを導入 計画やブレストの手助けに 動画撮影しながら質問も
Googleが、Google検索用に生成AIモデル「Gemini」を導入する。単に調べるだけでなく、計画やブレインストーミングなどに関する質問もできるようになる。動画を撮影しながら検索する機能も提供する。(2024/5/15)

「Pixel 8a」正式発表 7aから1万円値上げも、8に肉薄する性能 アップデートは7年保証
米Googleは5月8日、新型スマートフォン「Google Pixel 8a」を発表した。廉価モデル「A」シリーズの最新機種で、上位機種の「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」に搭載されている多くの機能を搭載している。5月14日での販売を予定しており、Googleストアでの販売価格は7万2600円。前モデルの7aから9900円値上げしている。(2024/5/8)

iOSアプリはモバイルWebと同じ直感的体験を提供:
LLMファミリー「Claude」の「Team」プランとiOSアプリを発表
Anthropicは、LLMファミリー「Claude」の「Team」プランとiOSアプリを発表した。(2024/5/8)

GitHub、コードのブレストから実行までを補佐する「Copilot Workspace」プレビュー
GitHubは、自然言語でプロジェクトの立ち上げからコードの実行までを行える開発環境「Copilot Workspace」のテクニカルプレビューを開始した。将来的にはGitHubリポジトリまたはライブラリに統合する予定。(2024/4/30)

AIの価値を最大化するためにROIの捉え方を変える必要がある、と提言:
2028年までに企業の75%がAIコードアシスタントを利用 ガートナー
Gartnerは「ソフトウェアエンジニアのAIコードアシスタント使用率」に関する予測を発表した。それによると「2028年までには、企業の75%がAIコードアシスタントを利用するようになる」という。(2024/4/30)

松永 エリック・匡史氏が指摘する“生成AI活用で生じる新たなリスク”
生成AIが登場して以来、これを「どう活用するか」という議論が盛んになっているが、「あるリスクが置き去りになっている」と松永 エリック・匡史氏は指摘する。生成AI活用が進むことでどのようなリスクが生じる可能性があるのか。(2024/4/26)

80億と700億のパラメーターを持つ最初の2モデルを公開:
Meta、次世代オープンLLM「Meta Llama 3」を発表
Metaは、大規模言語モデル「Meta Llama 3」の8Bおよび70Bパラメーターモデルを発表した。(2024/4/23)

リクルート、九段下オフィスに社内外関わらず使えるコミュニティスペース「CO-EN9」をオープン
リクルートは、九段下オフィスの1階をリニューアルし、コミュニティスペース「CO-EN9」をオープンした。(2024/4/22)

CopilotでTeams会議の生産性アップへ Jabra製品のMicrosoft認定デバイスで話者識別、文字起こし機能が強化 それがどう役立つのか
Jabraのビデオバー「PanaCast 50」などが、Microsoft Teamsのインテリジェントスピーカーに対応したバータイプデバイスとして初めてMicrosoftから認定を受けた。Copilotを統合したTeamsとインテリジェントスピーカー対応PanaCast 50で会議はどのように変わるのか。説明会が開催された。(2024/4/11)

ITmedia Security Week 2023冬 イベントレポート:
新社長就任の翌日にランサム被害 事例で学ぶインシデント対応の成功パターン
ランサムウェア攻撃は「いつか自社にも必ず訪れる」という意識で対策を講じる必要がある。万が一被害が発生した場合、どう動けばいいのか。詳細な被害事例からリスクコミュニケーションの成功パターンを紹介する。(2024/3/29)

商品開発プロセスを効率化:
AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や新規性のある企画生成、議論過程や根拠の可視化、人間との対話やフィードバックを通じた学習や改善といった特徴を持つ。(2024/3/4)

プロンプトエンジニアリングツール7選【後編】
プロンプト作成を助けてくれる「Prompter」「PROMPTMETHEUS」「FusionAI」とは
生成AIの中でも、テキストを生成するAIからより良い答えを引き出すための技法を「プロンプトエンジニアリング」と呼ぶ。そのために活用できる3つのツールとは。(2024/2/26)

海外医療技術トレンド(104):
カナダが目指す持続可能な生成AIイノベーションの枠組みづくり
本連載第46回でカナダのケベック州のAIハブ都市であるモントリオールを取り上げ、第94回ではカナダ当局の生成AI法規制動向を取り上げた。今回は、カナダにおける生成AIイノベーションを巡るデータセキュリティ、プライバシー、サステナビリティなどのガバナンス動向に焦点を当てる。(2024/2/16)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
ChatGPTで「企業の公式ビジュアル」を作成してみた 試行錯誤を救う“2つの必須スキル”
ChatGPTをはじめとする生成AIを使う業務としては議事録作成や資料の要約、電子メールの下書きなどが代表的ですが、今回は全く別の使い方を紹介します。筆者が経営する企業の「公式ビジュアル」が出来上がるまでの思考錯誤から浮かび上がった、生成AIを使いこなすために欠かせない2つのスキルとは。(2024/2/14)

Google、マルチモーダル生成AIモデル「Gemini」のアプリ発表 「Bard」の名称変更も
米Googleは2月8日(現地時間)、マルチモーダル生成AIモデル、「Gemini」のスマートフォン向けアプリを発表。高性能AIモデルがモバイルデバイスに開放された格好。合わせて、常に複雑なタスクに対応する、高性能かつ最大のモデルである「Gemini Ultra 1.0」を搭載した「Gemini Advanced」も発表された。(2024/2/8)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(9):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[後編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[後編]では昨今のデザイン思考に対する批判の論点やデザイン思考の功績について解説する。(2024/2/5)

対話システムの歴史から見たChatGPT(3):
ChatGPTはこれまでの対話システムと何が違う? 対話システムにおける対話管理と応答文生成を探る
ChatGPTを対話システムと見なし、これまでの対話システムで用いられてきた技術との違いを整理しながら、どのようにして人間のような自然で流ちょうな対話が実現できているのかを解説する本連載。第2回では、対話システムへの入力を処理する言語理解について解説した。今回は、第1回で取り上げた対話システムを中心に、対話管理と応答文生成において用いられている技術について解説する。(2024/4/3)

人間の技術進化を支える生成AI/LLM:
PR:ヒトの分身を生み出す“EQ”重視の「TwinLLM」とは何か――AIが人間の価値と可能性を拡げる未来
ChatGPTの登場以降、多くの企業で「生成AI」を新たなビジネスチャンスや働き方改革に活用する動きが活発化している。その中でも代表的な技術となる「LLM(大規模言語モデル)」の分野で今、注目を集めているのが2023年3月に創業したばかりの気鋭のAIスタートアップ、Spiral.AIだ。同社はなぜ誕生し、この先どこを目指しているのか。同社 代表取締役の佐々木雄一氏に伺った。(2024/1/31)

電通デジタル、企業が「DX推進の壁」を自社で乗り越えるための支援プログラムを提供開始
電通デジタルは、企業がDX推進の壁として立ちはだかるさまざまな要因を自社内の正しい議論の活性によって解消できるようにするための支援プログラムを提供する。(2024/1/18)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(8):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[前編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[前編]ではデザイン思考の概要を解説するとともに、実際の経験を踏まえた筆者自身の見解を述べる。(2024/1/11)

Building Together Japan 2023:
Archicad新バージョンは、“加速する日本のBIM活用”に対応 グラフィソフトジャパンのアップデートを一挙紹介
グラフィソフトジャパンは、Archicadの新バージョン発表会を兼ねたオンラインイベント「Building Together Japan 2023」を開催した。Archicad 27の国内初となるデモンストレーションと新機能を解説するとともに、「素晴らしい建築を創造するチームに力を与える」のコンセプトに基づく今後の開発方針を示した。(2024/1/9)

「The State of Developer Ecosystem 2023」を発表:
開発者が最も使用している生成AIツール、2位は「GitHub Copilot」 1位は?
JetBrainsは、開発者エコシステムの現状をまとめたレポート「The State of Developer Ecosystem 2023」を発表した。196の国と地域の2万6348人の開発者から回答を得た。(2023/12/27)

生成AIは高等教育の流れを変えるか【後編】
“生成AIのわな”は承知済みの大学生 「良い付き合い方」のヒントとは?
「学生が生成AIを使うと学びが深まらないのではないか」という懸念が根強く残る一方で、当の大学生はどう考えているのか。調査結果と共に、イーストアングリア大学のIT責任者の考察を紹介する。(2023/12/22)

野村総研が「ICT産業における生成AIのインパクト」を分析 AIが人材と業務をマッチングする将来とは?
生成AIをビジネスにどう生かすか、試行錯誤が続いた2023年。2030年に向けて生成AIはビジネスや企業経営にどのようなインパクトをもたらすのか。野村総合研究所がICT産業が取り組むべきだとしている課題と解決策の中から4点紹介する。(2023/12/20)

運用担当者だけでなく開発者も貢献するには:
地球環境に配慮する「グリーンコーディング」とは? 6つのベストプラクティスと始め方
TechTagetは「地球環境に配慮するコーディング」に関する記事を公開した。ソフトウェア開発者は、地球環境に配慮するさまざまなコーディング手法を使うことで、サステナビリティ(持続可能性)の取り組みをサポートすることができるという。(2023/12/19)

「AI PC」を試して触れる! ビックカメラ有楽町店の体験コーナーに行ってきた
Intelが発表したCore Ultra搭載PCが、早速量販店店頭に並び、「AI PC」体験コーナーも設置された。ビックカメラ有楽町店に足を運んだ。(2023/12/18)

残念なハイブリッド会議4選【中編】
「ハイブリッド会議」が嫌われるしかない残念な理由
会議室の参加者とリモートでの参加者が混在する「ハイブリッド会議」では、起こりやすい問題が幾つかある。ハイブリッドワークはなぜ嫌われてしまう可能性があるのか。(2023/12/13)

「グランド ハイアット 東京」で猫がテーマのブッフェ開催 猫耳バンズのバーガーなどが登場
なでると幸せが訪れる「幸運の猫の像」もやって来る!(2023/11/25)

ハイブリッドワークの挑戦と舞台裏:
職場で生まれる「この人、誰?」を解消 アサヒグループ“オフィス改革”の成果
2020年8月からリモートワークを含めた新たな働き方を模索しているアサヒグループ。グループ内の各社で個別に分かれていたオフィスを統合・シェア化するとともに、リニューアルも進めてきた。この3年間でどのような成果を得られたのだろうか。(2023/11/14)

松尾豊東大教授が明かす 日本企業が「ChatGPTでDX」すべき理由
松尾豊東大教授が「生成AIの現状と活用可能性」「国内外の動きと日本のAI戦略」について講演した。(2023/11/10)

ChatGPTとは何か?
ChatGPTの「GPT」とは? 仕組みや用途など“ChatGPTの基本”を解説
OpenAIが開発したAIサービスの「ChatGPT」は、ユーザーとの対話を基に文章を生成する。ChatGPTはどのような仕組みで動き、どのような用途に役立つのか。基本を説明する。(2023/10/31)

AIに目的のコンテンツを生成させるには:
Microsoft、生成AIの可能性を引き出す25種類の効果的なプロンプトの作成方法を紹介
Microsoftは公式ブログで、効果的なプロンプトを作成し、生成AIの可能性を引き出す25のヒントを紹介した。(2023/10/27)

ZVC JAPANがAI型ワークスペース「Zoom Docs」を発表 2024年の一般提供を予定
ZVC JAPANは、AI型ワークスペース「Zoom Docs」を発表した。「Zoom」のオンライン会議プラットフォームで文書作成やワークフロー管理などを効率化できる。(2023/10/17)

ユーザーのアイデアを正確な画像に簡単に変換:
OpenAI、画像生成AIの最新版「DALL-E 3」を発表
OpenAIは、画像生成AIの最新版「DALL-E 3」を発表した。テキストに忠実な画像を生成する能力が飛躍的に向上している。(2023/9/26)

マネジメント力を科学する:
第18回:対話、1on1。その前提としての心理的安全性が、なぜいま非常に重要であるか
企業間の競争はもはや一個人で一生懸命考えているアイデアのレベルだとでは到底太刀打ちできず、「アイデアや知恵のコラボレーション」が必要だ。(2023/9/19)

ChatGPTでソフトウェアテストはどう変わるか【前編】
ChatGPTを「ソフトウェアテスト」に使いたくなるのはなぜ? 経験者に聞いた
OpenAIの生成AIツール「ChatGPT」をソフトウェアテストに活用する動きがある。具体的にどのように役立つのか。専門家の見解や、実際にChatGPTをソフトウェアテストに生かす経験者の声を紹介する。(2023/9/15)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(2):
何のために製品を市場に出しますか?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントについて解説する。連載第2回は、製品化の際に必要となる志の考え方を取り上げる。(2023/9/13)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
“誰でも使えるアドビ”こと「Adobe Express」に生成AIがやってきた プロならどう使う?
8月16日、AdobeはかねてよりWebアプリとして公開してきた「Adobe Express」の最新版を公開した。β版として公開している独自のAI「Adobe Firefly」を搭載し、「AIファーストのオールインワンコンテンツ制作アプリ」とうたっている。(2023/9/7)

カヤック「42.195km採用」:
フルマラソン完走で一次面接 なぜ「走れるITエンジニア」を求めるのか?
昨今、ITエンジニアの求人倍率は高止まりを続け、多くの企業がIT人材の獲得に課題を持っている。そんな中、エンタメ関連事業などを手掛けるカヤック(神奈川県鎌倉市)が打ち出したのが「42.195km採用」だ。なぜITエンジニアを「走れるか」で判断するのか? 一見すると「突飛な面白企画」のようだが、その裏には優秀なエンジニアのある“習性”に関する分析があった。(2023/9/4)

「仕事のほぼ全部をChatGPTとやっている」 深津貴之さんの活用術 “身代わり”になる新ツールも開発中
ChatGPT活用の第一人者・深津貴之氏(THE GUILD 代表)と、AI研究の第一人者・松尾豊教授(東京大学 教授)が約1時間にわたり対談した。2人はChatGPTをどのように使い倒しているのか。(2023/8/30)

ゼロから学ぶ! 製造業のスキルマネジメント(2):
必要なスキルを見極め洗い出す、スキル整理に必要な2つの考え方と進め方
製造業を取り巻く環境が変わる中、力量管理で扱う人材情報に注目し、戦略的な人材育成/配置や組織力強化に活用する企業が増えてきました。本連載では組織的なデータ活用による発展的な力量管理を「スキルマネジメント」と呼び、その考え方や取り組み方を解説していきます。(2023/8/31)

コード生成やブレストだけじゃない:
生成AIチャットサービス「Bard」で何ができる? Googleが薦める10の使い方
生成AIチャットサービス「Bard」で何ができるのか? コード生成やブレインストーミングだけではない、主な活用方法を10個紹介する。(2023/8/26)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(108):
「食べ超」を読んで、イノベーティブとは何かを大いに勘違いしよう
皆さん、お元気ですか。食べ超のわたしです。弊社は変わりなき日常を送っています。先日も、ChatGPT XPのセールスマンに社長が魅了され、マルコフ君が自らのボディーにインストールし、われわれは後処理に大わらわでした。(2023/8/24)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(6):
自社技術が適応する新しい市場を探す、「用途開発マーケティング」とは何か
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第6回のテーマは「用途開発マーケティング」だ。(2023/7/27)

三井住友海上、生成AIを全社員に 「Azure OpenAI Service」活用
三井住友海上火災保険が生成AIチャットを全社員で活用。「Azure OpenAI Service」を利用して環境構築した。(2023/7/18)

大学・高専は生成AIをどう扱うべき? 文科省が取りまとめ
文部科学省が、大学・高専が生成AIを扱うときの活用例や注意点をまとめた文書を公開した。チャットAIサービス「ChatGPT」などを有効に使える用途や、大学・高専がどのような利用体制を取るべきか取りまとめている。(2023/7/14)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI開発、富士通の強みは? スパコン「富岳」をどう生かすのか
生成AIはビジネスや社会にどんな変化をもたらすのか。連載「生成AI 動き始めた企業たち」第4回は、スーパーコンピュータ「富岳」を活用し大規模言語モデル(LLM)を開発すると発表した富士通を紹介する。(2023/7/13)

Q&A これって違法ですか?:
「全員とりあえず出社」に社員が大反発 コロナ以降の働き方は、どう決めていくべき?
コロナ禍でリモートワークが進んでいましたが、5類移行をきっかけに出社スタイルに戻すことに。すると、社員からは「ありえない」「いやだ」と大反発がありました。コロナ以降の働き方は、どうやって決めていくべきなのでしょうか?(2023/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。