ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リモートオフィス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リモートオフィス」に関する情報が集まったページです。

こんな働き方は嫌われる
「出社×テレワーク」で社員が辞める――その納得するしかない理由
オフィスワークとテレワークを組み合わせる「ハイブリッドワーク」が働き方の一形態として定着した一方、ハイブリッドワークに対する不満が噴出している。ハイブリッドワークがうまくいかない要因は何なのか。(2024/7/23)

UCに「PoE」を使うメリットとデメリット【前編】
LANケーブルによる「PoE給電」はなぜ“お得で安全”なのか?
企業のITインフラで意外と悩ましいのが電源の問題だ。ルーターやスイッチなどさまざまなハードウェアを電源の近くに設置する必要がある。PoEはこうした問題を解決できる可能性がある。(2024/6/11)

建設現場のDX市場、2024年は586億円 実証実験段階を経て、5年以内に1000億円超えへ
矢野経済研究所が調査結果を発表した。(2024/5/24)

ハイブリッドワークで生じる“偏見”
完全テレワーカーは昇進させない Dell“異例”決断の背景
Dell Technologiesが、テレワーカーの昇進を制限する方針を打ち出した。なぜ、同社は「昇進機会を奪う」という方法を採るのか。専門家は、テレワークに伴う“ある偏見”の問題を指摘する。(2024/3/29)

ポストコロナのIT事情【後編】
「PCリプレース」や「印刷」はどう変わる? IT部門が知っておくべき3つの動向
ハイブリッドワークが普及して働き方が変化する中、IT部門は従業員が利用するノートPCやプリンタからセキュリティまで、多方面からIT利用を見直す必要がある。具体的にどのような変化があるのか。3つの観点で解説する。(2024/2/15)

AI、エッジ向け、中小オフィス向けのラインアップも HPEの新サーバ
日本ヒューレット・パッカードはHPE ProLiant Gen11サーバー6機種の出荷を開始した。これらは第5世代インテルXeonスケーラブルプロセッサーを搭載し、パフォーマンス21%向上、メモリー速度とキャッシュ容量を大幅に強化している。(2024/2/14)

ポストコロナのIT事情【前編】
テレワークで“爆売れ”だったノートPCが「もはや旧世代」の現実
コロナ禍でPCをはじめとするデバイスの買い替えが進み、その反動で買い控えの状況が続いた。そうした中でデバイスは着実に進化していた。特に強化された点とは。(2024/2/1)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【後編】
PDFは「作ったら終わり」ではない、アクセシビリティー検証の4ステップ
「Adobe Acrobat」には、アクセシビリティーに配慮したPDFファイルを作成する機能がある。ただし「設定したから大丈夫」ではなく、「適切な設定かどうか」の検証も作成作業に含まれる。具体的な手順は。(2024/2/1)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【中編】
「Adobe Acrobat」を活用、誰もが利用しやすいPDF作成のこつ
「Adobe Acrobat」を使ってPDFファイルにアクセシビリティー設定をする場合、目的に応じて簡便なやり方か詳細設定のどちらかを選ぶ必要がある。(2024/1/25)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【前編】
誰もが利用しやすいPDFを作るには? 定番フォーマットを改善する4ステップ
アクセシビリティーに配慮したPDFの作成は、企業にとってコンプライアンス(法令順守)とインクルージョン(包摂性)に関わる問題だ。具体的な4つのステップを紹介する。(2024/1/17)

長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【後編】
今どきの福利厚生って? オフィス回帰なら「通勤」には手厚い待遇
オフィス回帰を促す企業にとって、長距離通勤を選ぶ従業員の管理は課題の一つだ。従業員の離職を防ぎ、スキルアップにもつながる効果的な施策を紹介する。(2024/1/10)

長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【中編】
オフィス回帰が本格化する前に考えたい、「長距離通勤」の光と影
勤務先の所在地までの距離を考慮せずに、望んだ場所で暮らしながら働けるのが長距離通勤の強みだ。その選択にはさまざまなメリットがあるが、無視できないデメリットもある。(2023/12/27)

長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【前編】
働き方の多様化で注目 「長距離通勤」はこうして生まれた
パンデミックをきっかけに、遠隔地に居を構え必要に応じて出社する、長距離通勤を前提とした働き方が広がった。長距離通勤はどのような経緯で社会に生まれたのか。(2023/12/20)

残念なハイブリッド会議4選【後編】
「出社組」が「在宅派」を嫌いになるのは必然? ハイブリッド会議の問題
会議室の参加者とリモートでの参加者が混在する「ハイブリッド会議」では、参加者の表情やしぐさを捉えにくくなりがちだ。そうした状況が、会議参加者のそれぞれにある問題を引き起こす可能性がある。(2023/12/20)

「週5出社」を貫く企業の行く末【後編】
「出社義務化」でやめる人、なぜか得する“あの会社”
オフィス回帰の動きが見られる一方で、オフィス回帰が離職率を高めるといった課題も顕在化しつつある。人材分野の専門家によると、今後はオフィス回帰が人材と雇用する側の企業にある影響を与える可能性がある。(2023/12/15)

残念なハイブリッド会議4選【中編】
「ハイブリッド会議」が嫌われるしかない残念な理由
会議室の参加者とリモートでの参加者が混在する「ハイブリッド会議」では、起こりやすい問題が幾つかある。ハイブリッドワークはなぜ嫌われてしまう可能性があるのか。(2023/12/13)

コラボレーションツールを業務に生かし切る条件【後編】
3つのスタイルから考える、コラボレーションツール成功の“虎の巻”
業務におけるコミュニケーションは、やりとりをする相手の数も内容の深刻度もさまざまだ。多様なコミュニケーションにコラボレーションツールをどう生かせばよいのかを、3つの視点から検討する。(2023/12/11)

「週5出社」を貫く企業の行く末【前編】
テレワークをやめたら退職が止まらない――そのやっぱりな理由
企業が「オフィス回帰」の方針を掲げると、従業員にはどのような影響があるのか。Deloitteの調査レポートを基に、今後の勤務形態を考える上で大切なポイントを探る。(2023/12/8)

残念なハイブリッド会議4選【前編】
「こんなハイブリッド会議は嫌だ」 参加者が“がっかり”する訳
会議室の参加者とリモートでの参加者が混在するハイブリッド会議では、全員がその場にいるような臨場感を出すのが簡単ではなく、参加者は会議にがっかりしがちだ。具体的には何がいけないのか。(2023/12/6)

コラボレーションツールを業務に生かし切る条件【前編】
コロナ禍に導入したコラボレーションツールが定着しなかった理由
コロナ禍を契機に加速したコラボレーションツールの利用。導入したからには生産性向上にコラボレーションツールを役立てたいと願うものの、うまくいかない場合がある。その原因を探る。(2023/12/4)

「人とのつながり」とハイブリッドワークの在り方【第4回】
オフィス嫌いを出社に戻す「Zoomの次世代オフィス」が面白い
ハイブリッドワークが普及しつつある時代に新拠点を設立したZoom Video Communications。同社があえてオフィスに投資をすることで獲得したかったものとは何か。(2023/9/29)

「人とのつながり」とハイブリッドワークの在り方【第3回】
どうするオフィスの賃料? あえて新拠点を作ったZoomこそ正解なのか
テレワークが普及したことで、職場を縮小し、オフィスの賃料負担を軽減しようとする企業がある。そうした中でZoom社は新拠点を設立した。対面でのコミュニケーションにこだわる狙いとは。(2023/9/27)

「人とのつながり」とハイブリッドワークの在り方【第2回】
Zoomが作った新拠点「従業員を幸せにするオフィス」の中身はこれだ
Zoom Video Communicationsが設立した新拠点は、従業員同士の接点作りに重点を置いた。特にどのような点に特徴があるのか。その中身を紹介する。(2023/9/25)

脱コラボレーションツール化するZoom【第5回】
ZoomはMicrosoft製品の「共存ツール」かむしろ「代替ツール」か?
コラボレーションツール「Zoom」は、“単なる会議ツール”から脱却しようとしている。Zoom Video Communicationsが目指す“今後のZoom”とは、どのようなツールなのか。(2023/9/22)

「人とのつながり」とハイブリッドワークの在り方【第1回】
「対面でのコミュニケーション」はやっぱり必要? Zoomが新拠点を作った訳
ハイブリッドワークが社会に定着し、オフィス回帰の是非について議論が続く中、Zoom Video Communicationsが新たな業務拠点を設立した。その背景を探る。(2023/9/21)

脱コラボレーションツール化するZoom【第4回】
Web会議を制した「Zoom」の次なる戦場 AI活用の狙いは何か?
コラボレーションツール「Zoom」を提供するZoom Video Communicationsが、ジェネレーティブAI(生成AI)の活用に取り組んでいる。その目的は何なのか。具体的な機能と併せて紹介する。(2023/9/19)

脱コラボレーションツール化するZoom【第3回】
「Zoomは単なるWeb会議ツールではない」と言えるツール群5選
組織のコミュニケーションを支えるコラボレーションツール。定番製品となった「Zoom」は単なるWeb会議用ツールから、さまざまなニーズに応えるツールへと変化しつつある。具体的な製品群を紹介する。(2023/9/15)

脱コラボレーションツール化するZoom【第2回】
“脱Web会議ツール”後の「Zoom」は何のツールなのか?
Zoom Video Communicationsは、「Web会議ツールのベンダー」というイメージからの脱却に取り組んでいる。その一つがWorkvivoの買収だ。具体的な狙いを整理する。(2023/9/12)

脱コラボレーションツール化するZoom【第1回】
使われ続ける「Zoom」はもう“単なるWeb会議ツール”じゃない?
コラボレーションツールベンダーZoom Video Communicationsの、EMEAにおける売上高は減少傾向にある。同社が今後も事業の成長を継続させるためには、何が鍵になるのか。EMEA責任者の見方は。(2023/9/8)

Web会議でしくじらない3つのポイント【後編】
Web会議で“絶対に発言しない沈黙マン”を生まない「昔ながらの知恵」はこれだ
Web会議で活発な議論を促すには、どのような点に気を付ければよいのか。Web会議でも、実は対面会議でのノウハウが同じように通用する。Web会議を“沈黙の場”にしない秘策とは。(2023/8/29)

Web会議でしくじらない3つのポイント【前編】
Web会議でよくある「ツールが使えず時間だけが過ぎる」問題の解決策は?
Web会議ツールの設定や操作の確認で時間を浪費し、議題になかなか入れない――。Web会議にありがちな、こうした“イライラ”を減らすためには何をすればよいのか。Web会議を生産的にするポイントを紹介しよう。(2023/8/23)

ハイブリッドワークで脚光「Web会議デバイス」の今【第5回】
企業向けWeb会議デバイスを「高くても買うべき」なのは“こんな会社”
コンシューマー向け製品に比べると、企業向けの「Web会議デバイス」は一般的に高価だ。それでも導入を検討すべきなのは、どのようなニーズを抱える企業なのか。(2023/7/18)

ハイブリッドワークで脚光「Web会議デバイス」の今【第4回】
「高いWebカメラに金は出せない」と考える上司の説得が難しい理由
自宅や会議室での用途を想定した「Web会議デバイス」には、さまざまなメリットがある。ただし普及は進んでいない。ベンダーとユーザー企業が、それぞれ抱えている悩みとは。(2023/7/11)

ハイブリッドワークで脚光「Web会議デバイス」の今【第3回】
「Web会議デバイスは家庭用で十分」という思い込みがIT担当者を苦しめる?
「Web会議デバイス」には企業向けとコンシューマー向けがある。特にテレワークを実施する企業のIT担当者にとって、企業向けWeb会議デバイスを選ぶことは大きなメリットがあるという。その主な理由は「管理性」だ。(2023/7/4)

ハイブリッドワークで脚光「Web会議デバイス」の今【第2回】
オフィス出社派が働きやすくなる「Web会議デバイス」の機能とは?
ハイブリッドワークの時代には、普段はテレワークをする従業員が必要に応じてオフィスで働くことがある。働く場所によらない一貫したWeb会議の体験を実現する上で、「Web会議デバイス」に必要な機能とは何か。(2023/6/27)

「PDFのAdobe」ここにあり【後編】
無料PDFリーダーがいくら生まれても「PDFならやっぱりAdobe」の訳
1990年代初頭に誕生して以来、PDFは主流のファイル形式であり続けている。PDFと切り離せないのがAdobeの存在だ。PDFの歴史を振り返りながら、PDFに対するAdobeの影響力を再確認する。(2023/6/25)

ハイブリッドワークで脚光「Web会議デバイス」の今【第1回】
テレワーカーが喜ぶ「Web会議デバイス」の“あの機能”とは
Web会議の体験改善に役立つのが、外付けWebカメラをはじめとする「Web会議デバイス」だ。特にテレワーカーは、Web会議デバイスにどのような機能を期待しているのか。(2023/6/20)

IT企業デスクツアー:
外資SaaSベンダーで働くみんなのデスク環境 New Relic日本法人のデスクをチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、クラウド型のITインフラ監視サービスを提供する米New Relic日本法人で働く人のデスクを探る。(2023/6/2)

「PDFのAdobe」ここにあり【前編】
ChromeでPDFを直接いじれる「AdobeのAcrobat拡張機能」は何がすごい?
PDFファイルを「Chrome」で直接操作できるようにするのが、Adobeが提供するChrome向けの「Adobe Acrobat」拡張機能だ。専門家をうならせた、この拡張機能の“すごさ”とは。(2023/6/11)

働き方における労働者の認識【後編】
なぜIT部門は“自動化嫌い”のナレッジワーカーにも生産性を求めるべきなのか
オフィスワークとテレワークを組み合わせるハイブリッドワークという働き方が普及した。Slack Technologiesの調査は、IT意思決定者と従業員の間の溝が深まりつつあると指摘する。どのような対策が必要なのか。(2023/5/31)

働き方における労働者の認識【中編】
ハイブリッドワークが非生産的なのは誰もがやる“あの仕事”が原因?
Slack Technologiesが実施した調査では、ハイブリッドワークにおけるコミュニケーション不足などの課題が挙がった。ナレッジワーカーは特にどのような点に問題を抱えているのか。(2023/5/24)

働き方における労働者の認識【前編】
“会議だらけ”のハイブリッドワークがもたらす無視できない弊害
オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」に対して、IT意思決定者と従業員はそれぞれ何を課題だと考えているのか。Slack Technologiesが実施した調査を基に整理する。(2023/5/17)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第6回】
料金は手頃でも必要機能を押さえた電子サイン「signNow」「ReadySign」とは?
airSlateの「signNow」とSecureDocsの「ReadySign」は、他の主要な電子サインツールと比べると安価だが、必要な機能をそろえている。それぞれの特徴は。(2023/4/5)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第5回】
無料版もある電子サインツール「PandaDoc」は何ができる? 有償版との違いは
テンプレートからのドキュメント作成、ドキュメント承認ステータスの追跡など、さまざまな機能を持つ電子サインツールが「PandaDoc」だ。無料版もあるPandaDocの特徴は。(2023/3/31)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第4回】
Acrobat使いなら気になるAdobeの電子サインツール「Acrobat Sign」とは?
PDFファイル編集ソフトウェア「Adobe Acrobat」には電子サインの機能が付いている。ただし電子サインの全機能を使いたいなら「Acrobat Sign」が必要だ。その特徴とは。(2023/3/29)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第3回】
電子サインツールの“基本形”「DocuSign eSignature」とは?
DocuSignの「DocuSign eSignature」は、電子サインツールの基本的な機能をそろえている。具体的にはどのような機能があるのか。(2023/3/28)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第2回】
Dropboxの電子サインツール「Dropbox Sign」の強みはやっぱり“あの機能”?
HelloSignの買収によって生まれた、Dropboxの電子サインツールが「Dropbox Sign」だ。どのような強みを持つのか。特徴的な機能を紹介する。(2023/3/27)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第1回】
“はんこ出社”の無駄をなくす「電子サイン」とは? その失敗しない選び方
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のまん延をきっかけとしたテレワークの広がりが「電子サイン」の普及を後押しした。電子サインとは何なのか。電子サインツールの選定時には、何に注意すればよいのか。(2023/3/23)

ハイブリッドワークに「DaaS」などのITはどう生きるのか【第4回】
ハイブリッドワークの時代こそ「クラウドを使いこなす力」が大切になる理由
クラウドサービスの活用は、ハイブリッドワークには不可欠だという考え方がある。その理由とは何か。ハイブリッドワークを実現するのに役立つクラウドサービスとは。(2023/3/7)

ハイブリッドワークに「DaaS」などのITはどう生きるのか【第3回】
「会社指示でも出社は勘弁」な“筋金入り”テレワーカーを生かす「DaaS」の魅力
「明確な理由がない限りオフィスに行きたくない」――。テレワークを重視するこうした従業員にとって、クラウドPCなどのDaaSが役立つ理由を説明する。(2023/2/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。