ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビデオ会議」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ハイブリッドワークでの最適な電話環境とは
会議やチャット機能だけではない、テレワークにおけるTeams電話の利便性
企業のテレワークシフトに伴い電話環境をどう整備するかという課題が上がる。「会社の外線電話を自宅などからでも使えるようにしたい」「利用が浸透したビデオ会議やチャットツールと統合したい」というニーズが高まっている。有効策とは。(2021/10/22)

PR:Web会議がより快適に 「VAIO」新モデルの進化をチェック!
Web会議では、画質や周囲の騒音に悩まされることが少なくない。10月22日に発売される新しい「VAIO」には、そんな悩みに応えてくれる改良がなされている。早速チェックしてみよう。(2021/10/18)

Web会議だけじゃない、Zoomの成長戦略【前編】
Zoomがバーチャルイベント市場も制覇へ 「Zoom Events」強化の狙いは
Zoom Video CommunicationsはWeb会議以外の分野に事業を広げようとしている。具体策の一つが、バーチャルイベント運営ツール「Zoom Events」の強化だ。Zoom Eventsの進化から見える同社の戦略は。(2021/10/18)

「ハイブリッドワーク」への移行に挑む
テレワーク特需で稼いだZoomは、自社の“脱テレワーク依存”をどう進めるのか?
Zoomは自社のWeb会議ツールを使って、テレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワーク移行に取り組もうとしている。テレワーク特需の恩恵を受けた同社が考える、ハイブリッドワーク移行のポイントは。(2021/10/13)

Innovative Tech:
超音波で顔や手を“浮かべて”ビデオ会議 遠隔地からジェスチャーを反映
ビーズを浮かせる仕組みを簡単に構築できるシステムを活用。(2021/10/11)

「Web会議」と「ビデオ通話」の帯域幅【後編】
Web会議用「理想の帯域幅」の考え方 “ビデオ通話”と“同時接続”がヒント
Web会議への良好な接続を維持するには、「ビデオ通話」と「同時接続数」の関係など幾つかの観点を知っておくとよい。社内のWeb会議ツールを理想に近づけるためのポイントとは。(2021/10/11)

ハイブリッドワーク推進企業はどうすればいい?
「Web会議がつながらない」が解雇理由に? 会議トラブルの想像以上の深刻さ
Web会議のトラブルは、企業や従業員に損害をもたらしかねない。どのような損害が発生しているのか。調査結果を基に、Web会議トラブルの影響の実態を探る。(2021/10/8)

Gartnerの調査レポートから
“Zoom依存”さらに進行か 「Web会議」が急増、「対面会議」は“マイナー”に
テレワークの普及は、企業における会議の在り方を大きく変えている。会議といえば対面会議だった時代はもう終わり、Web会議が主要な会議手段としての地位を築きつつあるのだ。Gartnerの調査から、会議の実態を探る。(2021/10/7)

追加料金は不要:
JR東、新幹線オフィス車両を本格展開 東北・北陸・上越新幹線の全方面で実施
JR東日本は11月22日から、Web会議や通話が可能な「新幹線オフィス車両」を、東北・北陸・上越新幹線の全方面の8号車にて運用すると発表した。(2021/10/6)

Web会議できる“新幹線オフィス車両”本格化 JR東、全線の8号車に導入
JR東が「新幹線オフィス車両」を本格化。東北・北陸・上越新幹線の8号車で運用する。通勤やリモートワーク、ワーケーションなど向け。(2021/10/6)

Innovative Tech:
ビデオ会議中のよそ見が可能に? 顔が常に前を向いているように見せる技術、NVIDIAが開発
相手と常にアイコンタクトを取っているように見せかける技術。(2021/10/5)

オリコン調べ:
満足度の高いWeb会議ツール、2年連続で「Zoom」が1位 理由は?
oricon MEが実施した顧客満足度調査によると、Web会議ツールで最も満足度が高いのはZoomで、ビジネスチャットツールではGoogle Chatがトップだった。(2021/10/4)

「Web会議」と「ビデオ通話」の帯域幅【中編】
Web会議の「解像度」「フレームレート」「帯域幅」の関係 ビデオの質を左右
Web会議のビデオ通話は帯域幅や映像の解像度によって変わる。理想的なビデオ通話を利用するために確認すべき要件とは。(2021/10/4)

ポイントはツールの連携とクラウド移行
Teamsと使いやすいグループウェアで、現場も運用も楽なテレワーク環境をつくる
テレワークを本格化させようとシステムを見直す企業が増えている。そこで課題になるのが、Web会議などの必須ツールを現場がスムーズに使え、運用やコスト負担も少ない環境をどうつくるかだ。テレワークを賢くアップデートするポイントは。(2021/9/30)

小寺信良のIT大作戦:
見栄えのするビデオ会議の背景は100円ショップで作れる
ビデオ会議の見栄えを大きくグレードアップさせるレフ板や壁紙などを100円ショップで調達する方法。(2021/9/28)

「Web会議」と「ビデオ通話」の帯域幅【前編】
ZoomなどのWeb会議が不調な人はまず「帯域幅」を確認すべし
テレワークを快適にするには「Zoom」などWeb会議ツールの快適な利用が欠かせない。帯域幅のようなWeb会議の要件は、求めるビデオ通話の質によって異なる。基本を知っておこう。(2021/9/27)

TechTarget発 世界のITニュース
「Hello Zoom」で起動 「Zoom Rooms」の音声コマンド操作機能で何ができる?
Zoom社は、会議室用テレビ会議アプライアンス「Zoom Rooms」に音声コマンド操作機能を追加した。音声コマンドで何ができるのか。(2021/9/25)

ベンダー各社はハイブリッドワーク支援を掲げるが……
TeamsやZoomの「参加者が職場と自宅にいるとWeb会議しにくい」問題は解決するか?
主要なWeb会議ベンダーは機能強化により、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」の実現を支援しようとしている。各社の努力は報われるのか。現場の声からは厳しい現実が見えてきた。(2021/9/24)

特選プレミアムコンテンツガイド
Web会議前には“禅の呼吸”を コロナ疲れ解消策30選
新型コロナウイルス感染症の災禍において、重要な課題となりつつあるのがストレス対策だ。テレワークが長期化する中、深刻化するストレスにどう対処すべきか。すぐに取り組めるストレス軽減策を紹介する。(2021/9/23)

パーソナルWeb会議デバイス、どう選ぶか
“不快なZoom”“嫌なTeams”をなくす「パーソナルWeb会議デバイス」の選び方
Web会議デバイスを会議室にだけ導入するのは、テレワーカーのニーズを無視している。検討すべきは、個別の従業員が扱う「パーソナルWeb会議デバイス」の導入だ。どのような点を評価して選ぶべきなのか。(2021/9/21)

音響メーカーのズーム、Web会議ツール「Zoom」の国内販売代理店を提訴 窓口に「Zoom」の問い合わせ殺到などで業務に支障
社名の誤認に基づく株価の乱高下などもあったとのこと。(2021/9/18)

音楽機器のズーム社、商標権侵害でWeb会議「Zoom」提供のNECグループ会社を提訴 「和解金での解決を排除」
音楽用電子機器を販売するズームが、Web会議システム「Zoom」が商標権を侵害しているとして、日本でZoomを提供するNECネッツエスアイを提訴した。損害賠償は請求せず「和解金などでの解決を排除する姿勢」を見せている。(2021/9/17)

アイ・オー、Web会議システムなどに向くWindows 10 IoT Enterprise搭載ミニデスクトップPC
アイ・オー・データ機器は、Windows 10 IoT Enterpriseを標準搭載したミニデスクトップPC「MPC-LVZ3P」を発表した。(2021/9/15)

ICT:
スマートグラスと「Teams」を組み合わせた遠隔臨場システムを構築、竹中工務店+NSW
竹中工務店は日本システムウエア(NSW)と共同で、産業用スマートグラス「RealWear(HMT-1)」とMicrosoftのビデオ会議システム「Microsoft Teams」を組み合わせた遠隔臨場システムを構築した。両社は引き続き、RealWearとMicrosoft Teamsを活用した現場作業のデジタル化を推進し、熟練者の若手技術者支援や建設現場の安全巡回点検などに適用していく。(2021/9/14)

Web会議におけるファイル共有に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/9/13)

新しいオフィスと働き方を探る【中編】
金融業が脱・オンプレミステレビ会議からの「クラウドWeb会議」移行を決めた訳
金融サービス企業のJPMorgan Chaseは、オンプレミスのテレビ会議システムからクラウドサービスのWeb会議ツールへと移行した。その背景には何があったのか。同社幹部に決断の理由を聞く。(2021/9/13)

カメラやマイクはOFFにするべき?:
Web会議と対面会議はどっちが安心? 「変な顔の画面でフリーズした」との声も
仕事でWeb会議システムを使用している人は、対面会議とWeb会議、どちらが“安心”だと感じているのだろうか。ソニー損害が20〜69歳の男女500人を対象に調査を実施した。(2021/9/9)

明るさ調節可:
キングジム、PCに取り付けて顔を照らす「Web会議用スクエアライト」発売 “画面映り”ニーズに対応
キングジムは、パソコンに取り付けてWeb会議中の顔を照らすことができる「Web会議用スクエアライト」を10月5日より発売。コロナ禍で浸透したWeb会議での顔映りを良くしたいという声に答えた。(2021/9/8)

新幹線「のぞみ」でWeb会議が可能に テレワーク環境を整備、10月から
JR東海が、東海道・山陽新幹線(東京〜博多間)「のぞみ」の一部車両にテレワーク環境を整備。Web会議なども可能な車両として、2021年10月から2022年3月末まで運行する。(2021/8/26)

高性能のVDIでWindows 11に対応
Windows 10/11向けVDI見直しの最適解を探る コスパ最大化の秘訣
「CPU負荷を理由にWeb会議中のVDIユーザーがビデオをオフにする」といった問題が頻繁に起きている。今後の「Windows 11」導入や利用者の拡大を想定しつつ、この問題を解消するVDIの最適解を考える。(2021/8/30)

Web会議の録画データの扱い方ガイド【中編】
Zoomなどの「Web会議」の録画データへのアクセスは誰に許可すべきか?
Web会議の録画データのセキュリティ確保は、企業にとって重要な課題だ。許可されたエンドユーザーが正しく録画データを扱い、セキュリティを確保するために必要な3つの対策を解説する。(2021/8/25)

「バーチャル背景」をビジネスに役立てる【後編】
ZoomじゃないWeb会議ツールでも「バーチャル背景」を使う方法
標準機能としてバーチャル背景が使えないWeb会議ツールもある。ベンダーごとの機能差を補ったり、さらに高度な機能を追加したりするには、サードパーティーツールを組み合わせる選択肢がある。(2021/8/24)

ユーザーにできる対策は:
Zoomで複数国規模の障害発生 短時間で復旧も広範囲に影響
2021年8月23日午後5時ごろ、ZoomのWeb会議機能であるZoom Meetingsに障害が発生した。日本を含む世界の各国で「Zoomの会議につながらない」と訴えるユーザーのSNS投稿が相次いだ。障害は公式に報告されてから30分余りで解決したが、広範囲に影響を与える形となった。(2021/8/23)

製品動向:
アダル、非対面でもリアルに近い3D空間設計プレゼンと自動見積
アダルが、同社開発のプレゼンテーションシステム「EPOCH2(エポック2)」を活用した空間設計の提案サービスを開始。EPOCH2は3Dを用い、ビデオ会議をしながら、家具の配置をリアルに近い感覚で確認、検討でき、見積を自動で算出する。(2021/8/20)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第4回】
「対面会議」ではなくあえて「Web会議」を選ぶべき4つの用途
Web会議ツールは実地での会議と違い、どこからでも会議に参加できるメリットがある。Web会議ツールを生かせる4つの用途を説明する。(2021/8/18)

Web会議の録画データの扱い方ガイド【前編】
Zoomなどの「Web会議」を安全に録画したいなら“これ”を決めるべし
テレワークの定着に伴い、企業はWeb会議の録画データを活用するようになった。録画データの安全な保管方法を検討する前に、どのような方針で管理するのかを決める必要がある。何を決めればよいのか。(2021/8/18)

Web会議の録画データの扱い方ガイド【後編】
ZoomなどのWeb会議の「文字起こし」にセキュリティ対策が必要な理由
企業がWeb会議を録画する際、セキュリティを確保する必要があるのは、Web会議の映像そのものだけではないという。どういうことなのか。守るべきものとは。(2021/9/1)

「バーチャル背景」をビジネスに役立てる【前編】
Zoomの「バーチャル背景」だけじゃない、仕事で使えるWeb会議カスタマイズ機能
Web会議ツールのカスタマイズ機能は「バーチャル背景」だけではない。主要なカスタマイズ機能と、それらをビジネスに役立てる可能性を探る。(2021/8/17)

「Web会議疲れ」の解決策【前編】
Zoomも「Web会議疲れ」を問題視 “あの機能”がストレス軽減に役立つ?
ベンダー各社が「Web会議疲れ」の対策に力を入れている。会議予定が過密になるのを防ぐ機能や、Web会議に起因する疎外感やプレッシャーを軽減する機能を併用することで、ストレス軽減に役立つ可能性がある。(2021/8/11)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第3回】
Web会議ツールを「プレゼン」「オンライン講義」のしやすさで選ぶポイントとは
組織がプレゼンテーションやオンライン講義にWeb会議ツールを使う際、どのような視点で選定すればよいのか。失敗しない選定のポイントを紹介する。(2021/8/10)

Web会議の録画、便利で適切な使い方【後編】
Zoomなどの「Web会議」の録画データを正しく扱う方法
Web会議を録画することで、企業はさまざまなメリットを得ることができる。ただし録画データの適切な保持が不可欠だ。どのように保持すればよいのか。(2021/8/5)

医療機関の事例に学ぶ
無線LANで変える「従業員の働き方」と「顧客体験」 その具体策は?
働く場所の多様化やWeb会議ツールの利用拡大などの要因から、無線LANの増設やセキュリティ対策は急務となっている。COVID-19でITの利用状況が大きく変化した医療機関の事例を基に、無線LAN構築やセキュリティ強化のポイントを考察する。(2021/8/5)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第2回】
Web会議ツールをコラボレーション視点で選ぶ 「Teams」などのUC製品が有利?
ニーズに適したWeb会議ツールを選ぶには、使用する目的を明確にした上で選定を進める必要がある。「コラボレーション」に適したWeb会議ツールの選び方を説明する。(2021/8/3)

コロナ禍で設計の最前線はどう変わったか:
PR:隈研吾が魅了された「北海道東川町」、建築設計事務所がサテライトオフィスを開設する理由
新型コロナ感染症の拡大から1年半が過ぎ、急速に普及したリモートワークや非対面での働き方が日常の風景に溶け込んできている。現場を第一とする建築の現場でも、Web会議ツールをはじめ、クラウドでのデータ共有や工事現場と遠隔地をつなぐネットワークなど、著しく進化するテクノロジーを取り入れることで業務効率化とともに柔軟な働き方が可能になりつつある。ワークスタイルが多様化することでもたらされるのは、固定された職場からの解放だろう。建築家・隈研吾氏は、ニューノーマル時代の要請に適合する“新たなオフィスの在り方”を提唱しており、その具現化の一例として、国内有数の家具産地として知られる北海道上川郡東川町に、自身が主宰する設計事務所の新拠点を開設する構想を抱いている。(2021/8/2)

2560×1080ピクセル/75Hzの34型ウルトラワイド液晶「34WP550-B」でビデオ会議や日々の作業が快適に
在宅ワークでの生産性向上手段として、デュアルディスプレイの導入が注目を集めている。その効果をさらに高める手段の1つが、ウルトラワイドディスプレイだ。LGの「34WP550-B」を試した。(2021/7/30)

Web会議の録画、便利で適切な使い方【中編】
Zoomなどの「Web会議」を録画してはいけない倫理的理由と法的理由
Web会議の需要が高まる中、「Web会議の録画」を課題視する企業もある。記録の面で便利な録画だが、幾つかの理由で録画を避けなければならない場合もある。どのような理由か。(2021/7/30)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第1回】
「Zoom」などの「Web会議」ツールの選び方 コミュニケーションに適した条件は
Web会議を実施する主な目的に「コミュニケーション」「コラボレーション」「プレゼンテーション」がある。中でもコミュニケーションに適したWeb会議ツールは、どのような観点で選べばよいのか。(2021/7/26)

Neatframe、Poly、Logitechなどが専用カメラを販売
「Zoom Rooms」の注目機能「Smart Gallery」とは? テレビ会議の盲点「会議室で隣同士の人を分割表示できない」問題を解消
1人の会議参加者を1つの枠に表示する――。テレワークで当たり前になったこの画面レイアウトを、会議室内の参加者に適用しようとすると途端に難しくなる。この見逃しがちな課題に対処しようとしているのがZoomだ。(2021/7/22)

「Web会議疲れ」を解消するための3ステップ【後編】
「Web会議疲れ」を引き起こす“駄目なWeb会議”とは?
Web会議が続くことで生じるストレスに対して、企業が支援すべきことは「Web会議を減らす」ことではなく「Web会議に由来する疲労を最小限にする」ことだ。その方法を探る。(2021/7/22)

エレコム、ビデオ会議にも向くスタンドマイクなど4製品
エレコムは、オンライン会議などに適したマイク製品計4モデルの販売を開始する。(2021/7/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。