ニュース
» 2012年03月23日 18時30分 UPDATE

花粉症デビューを防ぐ! 編集部厳選の最新予防グッズ4選 (1/2)

花粉症ではないけれど、何となく鼻がむずかゆくなったり、目がしばしばしたりする。そんな花粉症予備軍の人にお薦めの対策グッズを紹介します。

[Business Media 誠]
shk_kahun00.jpg 昨年と比較した花粉症の症状(ウェザーニューズの発表資料より)

 毎年この時期になると悩ましいのが花粉症。ウェザーニュースが全国3万708人を対象に行った調査によると、2012年の飛散量予測は例年の3割程度であるにもかかわらず、既に昨シーズンと同程度以上の症状を感じている人が半数以上いることが分かりました。

 ご存じの人も多いと思いますが、花粉症は生まれつき発症するものではありません。吸ってしまった花粉への抗体作用が体内に蓄積することで、アレルギー反応を起こします。つまり、昨年平気だったとしても、今年突然、花粉症になったりするのです。

 そこで今回は、そうした花粉症デビューを防ぐのに役立つ予防グッズをご紹介。花粉症ではないけど、何となく鼻がむずかゆくなったり、目がしばしばしたりする予備軍の人にお薦めです。

 なお、お薦めグッズは、3月22日に生放送した番組『ビジネステレビ誠(リンク先でアーカイブを視聴できます)』の中でも紹介しています。使用感なども評価していますので、ぜひそちらも併せてご覧ください。

shk_kahun01.jpg 軽症な人向けの花粉症予防グッズ

独自の三層構造フィルターで花粉をブロック「ユニ・チャーム 超立体マスク」

shk_kahun01b.jpg やわらか素材で長時間使用しても負担はありません

 花粉症対策としてまず思い付くのがマスクの着用です。今回編集部がお薦めするユニ・チャームの「超立体マスク かぜ・花粉用」は、独自の三層構造フィルターとすきまを作らない全面フィット構造で、花粉の侵入をしっかりブロックします。

 フィルターは通気性を高めた素材なので、呼吸も楽々。さらに口元を立体空間にすることで、保湿効果も高める作用もあります。のどにもやさしく、女性は口紅うつりの心配もありません。超立体マスクシリーズは、薬局の店員さんなどに聞いても評価が高く、ロングセラー商品となっているそうです。

商品名 実売価格 発売元
超立体マスク かぜ・花粉用 ふつうサイズ 398円(通常498円のセール価格) ユニ・チャーム

鼻に直接マスク「バイオインターナショナルピットストッパー」

 花粉症対策はしたいけど、マスクを付けるのはなあ……。そんな人にお薦めなのが最近流行の鼻マスクです。鼻マスクには、鼻の周りに塗るジェルタイプと、鼻の穴に直接入れるスポンジタイプの大きく2種類があります。ここで紹介する「バイオインターナショナルピットストッパー」は、後者タイプのもの。きちんと装着すればあまり目立ちませんが、装着前の見た目は少々インパクトがある商品です。


  バイオインターナショナルピットストッパー

 スポンジ形状のフィルターで花粉を除去するほか、花粉による鼻水症状を抑える効果があります。編集部で数人装着してみての感想は「確かに効果がありそうだけど、初めはゴツゴツした装着感があり、鼻呼吸に慣れるまで時間がかかる(思わず口で呼吸してしまう)。鼻腔が刺激されて鼻水が出そうになるので、既に花粉症の人にはお薦めできない」でした。使い始めは難もありそうですが、花粉の入り口である鼻を直接防ぐという点で効果が期待できそうです。


  装着した様子

商品名 実売価格 発売元
ピットストッパーレギュラーサイズ(3個入) 525円 バイオインターナショナル
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ