ニュース
» 2014年05月13日 18時56分 UPDATE

こんなのあり!?:タッチペン以外の機能が役立ちそうな「タッチペン」3種 キングジムから

画面を拭いたり、充電ケーブルに早変わりしたり、ブルブル震えたり……。タッチペンとして使わなくなっても損しない“付加価値つきタッチペン”がお目見えした。

[Business Media 誠]
キングジム「タッチペン」シリーズ 新発売の「クリーニングクロス付タッチペン」「USBケーブル付タッチペン&ボールペン」「ぶるぶる機能付タッチペン&ボールペン」

 買ったはいいけど、そのうち何となく使わなくなってしまう……。そんな事態が起こりがちなタッチペンに、“使わなくなっても損しない付加価値”がついた製品が登場した。

 お目見えしたのは「クリーニングクロス付タッチペン」、「USBケーブル付タッチペン&ボールペン」そして「ぶるぶる機能付タッチペン&ボールペン」の3種。販売するのは、個性派文具でおなじみのキングジムだ。

画面はいつもピッカピカ

クリーニングクロス付タッチペン クリーニングクロス付タッチペン。クリーニングクロス内蔵でいつでも液晶画面をきれいにできる

 クリーニングクロス付タッチペンは、いつでもどこでもタブレットの画面をぴかぴかにできる一品。ペンの側面につまみが付いており、引っ張ると85×79ミリサイズのクリーニングクロスが現れ、それを使って液晶画面をきれいにできる。クロスは巻き取り式で、ペン上部を回せば再度収納できるようになっている。

タッチペンで端末を充電?

USBケーブル付タッチペン&ボールペン USBケーブル付タッチペン&ボールペン。ケーブル内蔵・ボールペン内蔵で、話のネタにもなりそうだ

 充電ケーブルに早変わりするのがUSBケーブル付タッチペン&ボールペン。ペンの両端を外せば、内蔵のUSB-Micro USBケーブルが現れて、スマホやタブレットなどの充電に使える。また、タッチペン部分を回せば、ペン先からボールペンが登場。“一石三鳥”のオトク感がうれしい。

心地よい刺激をどうぞ

ぶるぶる機能付タッチペン&ボールペン 自由な発想で使いたいぶるぶる機能付タッチペン&ボールペン。「いきなり隣の人の手に押し当てて驚かせる」といった使い方もあり? ブルブルさせるには単5形乾電池が必要

 ペン上部の突起部分を押すと(何のためだかさっぱり分からないが分からないが)ブルブルと振動するのがぶるぶる機能付タッチペン&ボールペン。手や肩のツボを刺激すれば、疲れを癒せるかもしれない。こちらも振動部を外すとボールペンになるという“一石三鳥”のオトク製品だ。

 タッチペン&ボールペンシリーズのボールペン部分はインキカラーが黒、太さ1ミリの油性インクを使用しており、替芯もオプションで用意されているので長く使える。

 価格はクリーニングクロス付タッチペンが1000円、USBケーブル付タッチペン&ボールペンとぶるぶる機能付タッチペン&ボールペンが各1500円、替芯が100円(各税抜)。発売日は6月13日。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -