連載
» 2014年10月28日 07時00分 UPDATE

事務ごよみ:内定者へのフォローや冬期賞与の準備、労働時間の適正管理を――11月の事務ごよみ【人事・労務】

「採用内定者へのフォロー」「年末商戦への人手の確保」「労働時間の適正管理」など、人事・労務部門が11月中に処理しておきたいトピックをまとめました。

[企業実務]

月刊誌「企業実務」とは

Photo

企業実務」は、経理・総務・人事部門の抱える課題を解決する月刊誌。仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けします。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”として事務部門の業務を全面的にバックアップ。定期購読はこちら

 本記事は企業実務のコンテンツ「事務ごよみ」から一部抜粋・編集して掲載しています。


Photo

冬季賞与の支給準備

 11月も半ばになると、冬季賞与に関する情報が各種媒体で発表され、地域や業界ごとの相場も見えてきます。必要な資料をそろえ、支給原資の検討や各人の考課・査定を始めましょう。

採用内定者のフォローアップと次年度の採用準備

 採用内定者は、入社までにさまざまな不安や迷いを抱くものです。特に内定の時期が早いと、それに応じて内定から入社までの期間も長くなりますから、これから辞退者を出さないためにも、きめ細かなフォローが必要です。

 内定者懇談会の開催や自社資料の送付など、内定者へのフォローを積極的に行いましょう。また、来春新卒者の選考が終われば、次年度の採用計画を立てることになります。

 経営・人事計画に沿って採用人員を検討し、告知を行う媒体の選定、入社案内の作成、募集スケジュールの調整などを進めます。

年末商戦に向けた人手の確保

 年末商戦で製造や販売、配送などに臨時のパートタイマー・アルバイトが欠かせない企業は、要員計画を立てて募集をかけます。

 最近は雇用状況が改善しており、パート・アルバイトにも人手不足の傾向が現れていますから、早めに確保・補充を済ませるようにします。

労働時間の適正管理

 厚生労働省は毎年、「勤労感謝の日」がある11月に労働時間適正化・過重労働解消などをテーマにしたキャンペーンを行っています。過重労働による健康障害の防止、賃金不払残業(いわゆるサービス残業)の解消について、使用者団体・労働組合への協力要請、リーフレットの配布など、全国的に周知・啓発活動を実施するほか、長時間労働等に関する情報を受け付ける窓口を設置するなどして、監督指導などにも力を入れています。

 ここ数年は、サービス残業への是正勧告などの影響もあってか、週の労働時間が60時間以上の労働者は減少傾向にあるものの、依然として高い水準で推移し、いまだ長時間労働の実態が見られるのが現状です。

 また、脳・心臓疾患にかかる労災支給決定件数は減少に転じましたが、過重労働による健康障害も多く、割増賃金の不払いなど労働基準法違反も後を絶ちません。いま一度、自社の労働時間管理について確認するとともに、問題があれば適正化を図りましょう。

 特に、繁忙期は不注意などから事故が発生する可能性も高まります。人手不足で過重労働になっている部署はないかなど、労務管理の状況を再確認しておくことが大切です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ