ニュース
» 2014年12月18日 14時00分 UPDATE

クラウド請求書のMakeLeaps、弥生の自動取込・仕訳機能に対応

会計ソフトの弥生が進めているデータ連携基盤「YAYOI SMART CONNECT」に、クラウド請求書サービスのMakeLeapsが加わる。請求書サービスでは2社目。

[Business Media 誠]

 請求書や納品書を作成できるクラウドサービス「MakeLeaps」が、弥生の会計ソフトと連携するための「YAYOI SMART CONNECT」に12月24日から加わる。

 これにより、MakeLeapsの請求書データを、クラウド会計ソフト「やよいの青色申告オンライン」「やよいの白色申告オンライン」側で売掛金データとして自動的に取り込み、仕訳できるようになる。請求書データはクライアント名や発行日などでソートして一括で送信できるので、一定期間の仕訳業務が一度で完了する。

 MakeLeapsでは、「手作業に比べ格段にミスや抜け漏れなどの確率が下がり、年末調整や確定申告などにおける会計業務の効率化につながる」とコメントしている。

MakeLeaps

 なお、YAYOI SMART CONNETはすでにクラウド請求書サービスの「Misoca」と連携済み。また、弥生は、YAYOI SMART CONNETによる自動取込、自動仕訳機能をパッケージソフト「弥生会計 15」「やよいの青色申告 15」にも採用すると予告している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -