連載
» 2015年03月30日 05時00分 UPDATE

仕事効率アップのカギはかたづけにあり:片づけが上手な人の財布は美しい

財布は所有者の片づけ習慣の縮図です。財布がパンパンにふくれている人は、デスク周りや部屋の中も同じ状態であることが多いのです。片づけられないという人は、まずは財布の中身の整理整頓から取り組んでみましょう。

[企業実務]

月刊誌「企業実務」とは

Photo

企業実務」は、経理・総務・人事部門の抱える課題を解決する月刊誌。仕事を進める上で必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、分かりやすく、タイムリーにお届けします。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”として事務部門の業務を全面的にバックアップ。定期購読はこちら

 本記事は、企業実務のコンテンツ「仕事効率アップのカギは片付けにあり」から一部抜粋・編集して掲載しています。


Photo マンガ:青木秀一

 「片づける時間がない!」という人が、最初に取り組んだほうがよい出発点をご存じですか? それは財布の中身の整理整頓。財布がパンパンに膨れ上がっている人は、デスク周りや部屋の中も同じ状態であることが非常に多いのです。財布は所有者の片づけ習慣の縮図といえます。

 財布をスッキリさせたい場合の対処法は、「リセット」と「習慣化」の片づけになります。

 リセットとは、財布の中身をすべて出し分別して必要なものだけに減らし、モノの定位置を再設定する片づけです。

 カード類は「過去1カ月間で使ったものと使わなかったもの」という基準で分別し、基準に該当するカードは「一軍」として財布に戻します。それ以外は、名刺サイズのカードケースなどに別途収納する(二軍)か、自宅に待機させる(三軍)か、処分(戦力外)します。

 さらにキレイな財布を維持する習慣化のために、以前この連載で取り上げた「真逆の行動」を設定します。例えば、「帰宅後に財布からレシートを出して捨てる」などです。21日後に習慣化できたら、次の真逆の行動に挑戦します。「財布の整理→家計簿への記録」もよいでしょう。

 また普段から、レシートを受け取るタイミングで内容を確認し、不要ならすぐ捨てるという「元を絶つ行動」をとれば、財布はより整理整頓できるはずです。

 普段何気なくしている無意識の行動の「真逆」をすることで、新たな習慣を身につける――。財布の片づけが、いつしか仕事や生活を大きく変えるキッカケになると思います。


 この連載は今回で最終回です。これまでなかなか片づけができなかった人も、まずは財布から始めてみませんか?

著者プロフィール:小松 易(こまつやすし)

Photo

日本初の片付け士。「“片付け”を通じて人生を変える」をコンセプトに、経営者や企業向けのコンサルティングや研修を行っている。著書にベストセラー『たった1分で人生が変わる片付けの習慣』(中経出版)ほか。スッキリ・ラボ


マンガ著者プロフィール:青木秀一(あおきしゅういち)

マンガ・プロダクション アウチ!代表。マンガ冊子、マンガパンフレット、マンガチラシなど紙・Web問わず広告・宣伝のためのマンガ企画・制作を行なっている。マンガプロダクション アウチ!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -