インタビュー
» 2015年08月05日 06時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(葬儀公演):「追加料金」を発生しないようにしたら、葬儀社が大きくなった (1/6)

「葬儀費用ってよく分からない。騙されているのでは」と不安を感じたことがある人もいるのでは。不明瞭な会計を止めて、追加料金一切不要のプランを打ち出すことで、業績を伸ばしてきた会社がある。大阪府に本社を置く「ユニクエスト・オンライン」だ。

[土肥義則,ITmedia]

 火葬料金、お棺、骨壺、搬送――。葬儀費用って、一体どのくらいかかるのだろうか。ちょっと調べてみると、「葬儀費用は20万円」などと打ち出している葬儀社がたくさんある。「なーんだ、意外と安いなあ」と感じられた人も多いかもしれないが、実はカラクリがある。必要なサービスやモノがオプション扱いになっていて、実際に見積もってもらうと「あれも」「これも」「それも」といった感じで加算され、合計100万円を超えることも珍しくない。少し古いデータになるが、2010年の葬儀の平均単価は125万円だ。

 そんな不明瞭な会計を止めて、追加料金一切不要のプランを打ち出すことで、業績を伸ばしてきた会社がある。大阪府に本社を置く「ユニクエスト・オンライン」だ。

 同社が扱うプランは4つだけ。最も安いのは、儀式をせず火葬のみを行う「小さな火葬式」で価格は18万8000円。最も高いのは、一般的な葬儀を行う「100名までのお葬式」で価格は63万8000円(いずれも税込、割引価格)。「一番高いプランを売って儲(もう)けているんでしょ」と思われたかもしれないが、このプランを利用しているのは全体の2〜3%ほど。ほとんどの人が20万〜50万円ほどで葬儀を行っているのだ。

 ユニクエスト・オンラインが葬儀を手掛けたのは、2009年のこと。以降、年間の件数をみると、右肩上がりで伸びていて、2014年は1万5500件。ちなみに、大手A社の場合、1万件ほどなので、同社の急成長ぶりがうかがえる。強引なセールストークで件数を伸ばしてきたのかと思いきや「当社には法人向けの営業担当者はいるのですが、個人向けにはいません。そもそも葬儀の現場に足を運ばないので、お客さんと顔を合わせることもございません」とのこと。

 個人向けの営業がいないのに業績が伸びた? 葬儀の現場へ行かないのに葬儀社? いろいろな疑問が増えてきたので、同社で取締役をされている八田知巳(はった・ともみ)さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

yd_suiyou1.jpg 不透明な価格を透明にしたユニクエスト・オンライン(写真はイメージです)
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -